会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ライブ・エンタテインメント業界人必読!
コンサートプロモーターが今、読むべき本を毎号紹介します。

書籍名:ビートルズを呼んだ男

著 者:野地秩嘉

出 版:小学館文庫


二度目の文庫化の滋味

コンサートプロモーターの自伝・評伝が出版されることは少ないが、名著も存在する。例えば野地秩嘉『ヤァ!ヤァ!ヤァ!ビートルズがやって来た― 伝説の呼び屋・永島達司の生涯』(幻冬舎)、内野二朗『夢のワルツ―音楽プロモーターが綴る“戦後秘史”50年』(講談社)、ロバート・グリーンフィールド他『ビル・グレアムロックを創った男』(大栄出版)。そのうち最初に挙げた一冊が改題の上、版元を変えて二度目の文庫化を果たした。

ACPC会員社であるキョードー東京の創業者・永島達司さんの生涯を追った本であり、一度は目を通した方も多いと思われるので、今回の文庫化で新たに加わった原稿を紹介する。「二〇十七年」と題された一文には、2013年に行われたポール・マッカートニーの来日公演(東京ドーム)の楽屋へ、著者がポールを訪ねるシーンがある。永島さん亡き後、著者を楽屋に案内するのはキョードー東京の山崎芳人社長。著者が実際にポールと対面するまでの、バックステージでの短時間の描写をプロモーターが読めば、ドキドキするようなリアリティを感じ取れるだろう。また、永島さんの没後約20年を経た2017年にも、ポールが変わらぬ姿で来日公演を行っている事実からは、永島さんが紡いできた物語は未だ終わっていないことも伝わってくる。滋味深い一冊だ。


関連記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] MUST BOOK 私説 大阪テレビコメディ史 花登筺と芦屋雁之助

[SPRING.2017 VOL.33] MUST BOOK BRUTUS 2017年4月15日号

[WINTER.2017 VOL.32] MUST BOOK 誰が音楽をタダにした? 巨大産業をぶっ潰した男たち

[AUTUMN.2016 VOL.31] MUST BOOK 60年代ポップ少年

[SUMMER.2016 VOL.30] MUST BOOK コンサートという文化装置 交響曲とオペラのヨーロッパ近代

[SPRING.2016 VOL.29] MUST BOOK 新・マスメディア時代のポピュラー音楽を読み解く

[WINTER.2016 VOL.28] MUST BOOK 新・観光立国論

[AUTUMN.2015 VOL.27] MUST BOOK ルポ風営法改正 踊れる国のつくりかた

[SUMMER.2015 VOL.26] MUST BOOK 台湾の歓び

[SPRING.2015 VOL.25] MUST BOOK ニューヨーク アウトドアコンサートの楽しみ

[WINTER.2015 VOL.24] MUST BOOK 江戸の幽明 —東京境界めぐり

[AUTUMN.2014 VOL.23] MUST BOOK 英国一家、日本を食べる

[SPRING.2014 VOL.22] MUST BOOK 大韓ロック探訪記

[WINTER.2014 VOL.21] MUST BOOK ジュリスト 2月号

[AUTUMN.2013 VOL.20] MUST BOOK THE SHOOT MUST GO ON 写真家鋤田正義自らを語る

[SUMMER.2013 VOL.19] MUST BOOK 想像ラジオ

[SPRING.2013 VOL.18] MUST BOOK ラジオのこちら側で

[WINTER.2013 VOL.16] MUST BOOK メインストリーム 文化とメディアの世界戦争

同じカテゴリーの記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] TALKING BLUES

[AUTUMN.2017 VOL.35] 私説 大阪テレビコメディ史 花登筺と芦屋雁之助

[AUTUMN.2017 VOL.35] チケット定価再販サイトでネットダフ屋対策が進むアメリカ

[AUTUMN.2017 VOL.35] この地域 この問題 ISSUES IN THE AREA.

[SUMMER.2017 VOL.34] TALKING BLUES

[SUMMER.2017 VOL.34] navi STUDY

[SUMMER.2017 VOL.34] 公式チケットトレードリセールサービス 「チケトレ」が6月1日に正式オープン

[SPRING.2017 VOL.33] TALKING BLUES

[SPRING.2017 VOL.33] MUST BOOK

[SPRING.2017 VOL.33] navi STUDY

もっと見る▶