会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ライブ・エンタテインメント業界人必読!
コンサートプロモーターが今、読むべき本を毎号紹介します。

書籍名:大韓ロック探訪記

著 者:長谷川陽平・大石始

出 版:DU BOOKS


「ノルマ」か「情」か

韓国の音楽シーンでは、次々に新人がデビューするダンス&ヴォーカル・グループ、情感を込めた歌唱力で勝負するバラード・シンガーが主流で、ロック・バンドがヒット曲を放つのは難しい。そんな中、インディーズながらデビュー・アルバムが韓国では異例の4万枚を超えるセールスを記録した「チャン・ギハと顔たち」。同バンドのギタリスト兼プロデューサーは日本人である。

日本でバンド活動をしていた長谷川陽平氏は、韓国ロックに魅せられ、1995年に初渡韓。2005年に伝説のバンド、サヌリムの再結成に参加。2009年から前出のチャン・ギハ~に加入。本書は長谷川氏の活動歴を通して、日本で報じられることが少なかった韓国のロック事情を明らかにしている。一読すると、やはり日本のほうが恵まれた環境にあることが分かるが、どちらの国の(アマチュアを含む)ミュージシャンが幸福なのか、一概にはいえないと感じた。例えば長谷川氏が共著者であるライターの大石始氏に語ったこんな言葉。

「(韓国は)日本のライヴハウスみたいにチケットのノルマもなかった。客が入らなかったとしても「客が入らなくてごめんね」って(店側から)言ってくるんです。(中略)韓国はそういう人情で動いてるんです」

本来、韓国は経済効率優先の傾向が日本より強いはずだが、ロックは別のようだ。


関連記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] MUST BOOK 私説 大阪テレビコメディ史 花登筺と芦屋雁之助

[SUMMER.2017 VOL.34] MUST BOOK ビートルズを呼んだ男

[SPRING.2017 VOL.33] MUST BOOK BRUTUS 2017年4月15日号

[WINTER.2017 VOL.32] MUST BOOK 誰が音楽をタダにした? 巨大産業をぶっ潰した男たち

[AUTUMN.2016 VOL.31] MUST BOOK 60年代ポップ少年

[SUMMER.2016 VOL.30] MUST BOOK コンサートという文化装置 交響曲とオペラのヨーロッパ近代

[SPRING.2016 VOL.29] MUST BOOK 新・マスメディア時代のポピュラー音楽を読み解く

[WINTER.2016 VOL.28] MUST BOOK 新・観光立国論

[AUTUMN.2015 VOL.27] MUST BOOK ルポ風営法改正 踊れる国のつくりかた

[SUMMER.2015 VOL.26] MUST BOOK 台湾の歓び

[SPRING.2015 VOL.25] MUST BOOK ニューヨーク アウトドアコンサートの楽しみ

[WINTER.2015 VOL.24] MUST BOOK 江戸の幽明 —東京境界めぐり

[AUTUMN.2014 VOL.23] MUST BOOK 英国一家、日本を食べる

[WINTER.2014 VOL.21] MUST BOOK ジュリスト 2月号

[AUTUMN.2013 VOL.20] MUST BOOK THE SHOOT MUST GO ON 写真家鋤田正義自らを語る

[SUMMER.2013 VOL.19] MUST BOOK 想像ラジオ

[SPRING.2013 VOL.18] MUST BOOK ラジオのこちら側で

[WINTER.2013 VOL.16] MUST BOOK メインストリーム 文化とメディアの世界戦争

同じカテゴリーの記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] TALKING BLUES

[AUTUMN.2017 VOL.35] 私説 大阪テレビコメディ史 花登筺と芦屋雁之助

[AUTUMN.2017 VOL.35] チケット定価再販サイトでネットダフ屋対策が進むアメリカ

[AUTUMN.2017 VOL.35] この地域 この問題 ISSUES IN THE AREA.

[SUMMER.2017 VOL.34] TALKING BLUES

[SUMMER.2017 VOL.34] MUST BOOK

[SUMMER.2017 VOL.34] navi STUDY

[SUMMER.2017 VOL.34] 公式チケットトレードリセールサービス 「チケトレ」が6月1日に正式オープン

[SPRING.2017 VOL.33] TALKING BLUES

[SPRING.2017 VOL.33] MUST BOOK

もっと見る▶