会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ライブ・エンタテインメント業界人必読!
コンサートプロモーターが今、読むべき本を毎号紹介します。

書籍名:BRUTUS 2017年4月15日号

出 版:マガジンハウス


一般誌の音楽特集

音楽誌の数は、CDの売上が右肩上がりだった1990年代より間違いなく減っているが、「SWITCH」「pen」「BRUTUS」など一般誌が音楽特集を組む機会は減っていないように思える。これは一体どういうことだろう?

雑誌は新譜の紹介を中心にミュージシャンをレコメンドし、レコード会社はその新譜の広告を打つことで雑誌をサポートする。音楽誌のベースとなっていた、このビジネスモデルが時代的な役割を終えつつあることは確かだが、音楽自体の魅力が失われたわけではない。だからこそ一般誌による音楽特集は続いているのだろう。

「BRUTUS」4月15日号の特集は「はじまりの音楽」。33人のミュージシャン、学者、作家などが、音楽と出会う入り口になるキーワードを挙げている。後藤正文は「喪失」と題して、今はなきレコーディング・スタジオで録音されたアルバムを紹介し、スチャダラパーは「レジ前」というキーワードで「コンビニのレジ前に置いている商品を、つい買ってしまう感覚で選んだ1 0曲」を挙げる。そう記しただけでも、どんな音楽との出会いが待っているのか楽しみになる。

今号の中西会長対談では、FM802の栗花落 光さんが「音楽との出会いをつくるのがラジオの役割」と語っているが、雑誌にもまだ同様の力が残っていそうだ。


関連記事

[WINTER.2017 VOL.32] MUST BOOK 誰が音楽をタダにした? 巨大産業をぶっ潰した男たち

[AUTUMN.2016 VOL.31] MUST BOOK 60年代ポップ少年

[SUMMER.2016 VOL.30] MUST BOOK コンサートという文化装置 交響曲とオペラのヨーロッパ近代

[SPRING.2016 VOL.29] MUST BOOK 新・マスメディア時代のポピュラー音楽を読み解く

[WINTER.2016 VOL.28] MUST BOOK 新・観光立国論

[AUTUMN.2015 VOL.27] MUST BOOK ルポ風営法改正 踊れる国のつくりかた

[SUMMER.2015 VOL.26] MUST BOOK 台湾の歓び

[SPRING.2015 VOL.25] MUST BOOK ニューヨーク アウトドアコンサートの楽しみ

[WINTER.2015 VOL.24] MUST BOOK 江戸の幽明 —東京境界めぐり

[AUTUMN.2014 VOL.23] MUST BOOK 英国一家、日本を食べる

[SPRING.2014 VOL.22] MUST BOOK 大韓ロック探訪記

[WINTER.2014 VOL.21] MUST BOOK ジュリスト 2月号

[AUTUMN.2013 VOL.20] MUST BOOK THE SHOOT MUST GO ON 写真家鋤田正義自らを語る

[SUMMER.2013 VOL.19] MUST BOOK 想像ラジオ

[SPRING.2013 VOL.18] MUST BOOK ラジオのこちら側で

[WINTER.2013 VOL.16] MUST BOOK メインストリーム 文化とメディアの世界戦争

同じカテゴリーの記事

[SPRING.2017 VOL.33] TALKING BLUES

[SPRING.2017 VOL.33] navi STUDY

[SPRING.2017 VOL.33] スタートした「障害者差別解消法」 同法が狙う「差別の解消」とは?

[SPRING.2017 VOL.33] チケット高額転売問題 対策が進むイギリスの現状

[WINTER.2017 VOL.32] TALKING BLUES

[WINTER.2017 VOL.32] MUST BOOK

[WINTER.2017 VOL.32] navi STUDY

[AUTUMN.2016 VOL.31] 世界が動き、私たちも動く

[AUTUMN.2016 VOL.31] 60年代ポップ少年

[AUTUMN.2016 VOL.31] 20周年を迎えたフジロックの進化、各地の新傾向フェス

もっと見る▶