会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ライブ・エンタテインメント業界人必読!
コンサートプロモーターが今、読むべき本を毎号紹介します。

書籍名:60年代ポップ少年

著 者:亀和田武

出 版:小学館


「個人史」にある真実

作家・亀和田武氏が1960年代に触れた音楽(歌謡曲、ポップス、ロック、ジャズ)、SFを中心とした文学、漫画、映画を自伝的エッセイに織り込んで綴った一冊。60年代の10年間は氏にとって、小学6年生~中学・高校~予備校での2年間の浪人~大学入学の時期にあたる。まさに多感な季節に学生運動に身を投じながら、享受し続けたポップ・カルチャーの個人史といえるだろう。「個人史」であることが本書のポイントで、音楽であれば、ビートルズの登場を「ビートルズによって、私が偏愛していたメロウで切ない洋楽やその日本語バージョン(注:漣健児の訳詞で坂本九、弘田三枝子、飯田久彦らが歌った和製ポップス)が世の中から消えてしまった衝撃」と記す。

全体論的なポピュラー史であれば、ビートルズの登場はすべて肯定的に描かれるのが常だが、リアルタイムでこのように感じた若者がいたのだ。ビートルズこそが自分の好きな音楽を消し去ってしまったのだと。音楽の受け止め方は人それぞれであり、例えば先日ノーベル文学賞を受賞したボブ・ディランの歌詞を、60年代の日本の若者達は実際のところどのように受け止めたのだろうか。スタンダードな「正史」より、ある種ひねくれた「個人史」のほうに真実は横たわっているのかもしれない。


関連記事

[WINTER.2017 VOL.32] MUST BOOK 誰が音楽をタダにした? 巨大産業をぶっ潰した男たち

[SUMMER.2016 VOL.30] MUST BOOK コンサートという文化装置 交響曲とオペラのヨーロッパ近代

[SPRING.2016 VOL.29] MUST BOOK 新・マスメディア時代のポピュラー音楽を読み解く

[WINTER.2016 VOL.28] MUST BOOK 新・観光立国論

[AUTUMN.2015 VOL.27] MUST BOOK ルポ風営法改正 踊れる国のつくりかた

[SUMMER.2015 VOL.26] MUST BOOK 台湾の歓び

[SPRING.2015 VOL.25] MUST BOOK ニューヨーク アウトドアコンサートの楽しみ

[WINTER.2015 VOL.24] MUST BOOK 江戸の幽明 —東京境界めぐり

[AUTUMN.2014 VOL.23] MUST BOOK 英国一家、日本を食べる

[SPRING.2014 VOL.22] MUST BOOK 大韓ロック探訪記

[WINTER.2014 VOL.21] MUST BOOK ジュリスト 2月号

[AUTUMN.2013 VOL.20] MUST BOOK THE SHOOT MUST GO ON 写真家鋤田正義自らを語る

[SUMMER.2013 VOL.19] MUST BOOK 想像ラジオ

[SPRING.2013 VOL.18] MUST BOOK ラジオのこちら側で

[WINTER.2013 VOL.16] MUST BOOK メインストリーム 文化とメディアの世界戦争

同じカテゴリーの記事

[WINTER.2017 VOL.32] TALKING BLUES

[WINTER.2017 VOL.32] MUST BOOK

[WINTER.2017 VOL.32] navi STUDY

[AUTUMN.2016 VOL.31] 世界が動き、私たちも動く

[AUTUMN.2016 VOL.31] 20周年を迎えたフジロックの進化、各地の新傾向フェス

[SUMMER.2016 VOL.30] 同い年の天才

[SUMMER.2016 VOL.30] コンサートという文化装置 交響曲とオペラのヨーロッパ近代

[SUMMER.2016 VOL.30] 「何でもあり」のニコニコ超会議に10~20代が集まる理由

[SPRING.2016 VOL.29] TALKING BLUES

[SPRING.2016 VOL.29] MUST BOOK

もっと見る▶