会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ライブ・エンタテインメントに関わる専門知識からコンサートプロモーターの歴史まで。明日の仕事に役立つ「STUDY」をお届けします!

今号の中西健夫ACPC会長連載対談では、中西会長と日本音楽制作者連盟の野村達矢理事長が「キャリア・アーティストのアーカイブ」のイベント化について語り、洋楽ではローリング・ストーンズ、デヴィッド・ボウイ、邦楽では嵐、安室奈美恵の展示会に触れています。こういった企画は「コンサートプロモーターの歴史」のイベント化でも可能だと証明した例が、昨年から今年にかけて洋楽、邦楽ともに生まれました。

洋楽では、3月8日から31日にかけて有楽町マルイ特設会場にて開催され、延べ15,500人が来場したウドー音楽事務所50周年記念展「UDO 50th Anniversary Special Exhibition 海外アーティスト招聘の軌跡」。同展は1967年の設立以降、数々の海外アーティストを招聘してきたウドー音楽事務所の50年以上に及ぶ歴史を、当時の朝日新聞の記事、貴重なポスター、チケット、写真とともに振り返る年表で案内しながら、伝説のギタリスト達から贈呈されたギター、ステージ衣装、スタッフジャンパー、ゴールドディスク、ツアーパスなどの「現物」を展示したもの。さらにはギターの試奏会(抽選で選ばれた来場者のみ)、KISSのメイク体験コーナー、トークショーといったイベントも開催。「会社の歴史がそのままエンタテインメントになる」という稀有な例になりましたが、それは展示物が来場者の「あの日、あの時」の思い出とリンクするように、構成上の配慮がされていたから実現したのだと思われます。

邦楽では、設立40周年を迎えたホットスタッフ・プロモーションがライブと出版物をうまく連動させて、自らの歩みを表現しました。予想外の、またはありそうでなかった出演アーティストの顔合わせの連続になった40周年記念ライブ「MASAKA」(昨年10月26~28日、日本武道館)のタイミングに合わせて、マガジンハウスよりムック「40th Anniversary Magazine HOT STUFF HISTORY」を刊行。今年に入って開催された片柳アリーナ(6月23日)、Zepp Tokyo(7月12、13日)での同じく記念公演では、ムック第2弾が会場限定で販売&配布されました。Charと松任谷由実の共演となった片柳アリーナでの公演では、ムックの対談ページのメイキング映像がオープニングで流され、幕が上がると対談時と同じ衣装を身に付けた2人がステージに登場。才能を認め合った同世代のミュージシャン同士ありながら、共演が少なかった2人の距離感と、そこにホットスタッフの歴史がどう関わってきたかがムックとライブで立体的に伝わる仕掛けが施されていました。

アーカイブを展示会や出版物の形で表現するには、一定のボリュームが必要になりますが、各エリアのプロモーターの中にはそれだけの歴史を持つ社が少なくありません。今後は全国各地に成功例が広がる可能性もあるはずです。

▲ウドー音楽事務所50周年記念展の会場の様子。有楽町という開催地もマッチしていました(撮影:土居政則)。
本誌40号の「MUST BOOK」でも紹介した「40th Anniversary Magazine HOT STUFF HISTORY」ムックの第2弾(マガジンハウス/写真右)


関連記事

[AUTUMN.2019 VOL.43] ライブ・エンタテインメント業界の「働き方改革」対応のために、Q&Aで学べる『労務管理ハンドブック』が発行

[SPRING.2019 VOL.41] navi STUDY 「第6回ライブ・エンターテイメントEXPO」のセミナーで、スポーツ×ライブの新機構「ECSA」設立がアナウンス

[WINTER.2019 VOL.40] navi STUDY チケットの高額転売問題を文化芸術推進フォーラムでアピール

[SUMMER.2018 VOL.38] navi STUDY Coachella Valley Music and Arts Festival 2018視察報告

[SPRING.2018 VOL.37] navi STUDY 第5回 ライブ・エンターテイメントEXPO」基調講演採録

[WINTER.2018 VOL.36] navi STUDY ライブ・エンタテインメント議員連盟総会で法案の骨子を承認

[AUTUMN.2017 VOL.35] navi STUDY チケット定価再販サイトでネットダフ屋対策が進むアメリカ

[SUMMER.2017 VOL.34] navi STUDY 筑波大学、文科省、宇宙航空研究開発機構、ベンチャー企業などが協力

[SPRING.2017 VOL.33] navi STUDY 世界的に増えつつあるアーティストの展示イベント

[WINTER.2017 VOL.32] navi STUDY フェスにおけるダンス系アクトの可能性とEDM最新事情

[AUTUMN.2016 VOL.31] navi STUDY 20周年を迎えたフジロックの進化、各地の新傾向フェス

[SUMMER.2016 VOL.30] navi STUDY 「何でもあり」のニコニコ超会議に10~20代が集まる理由

[SPRING.2016 VOL.29] navi STUDY ライブを意識した作曲術、「アニソンとライブ」の関係性

[WINTER.2016 VOL.28] navi STUDY セキュリティを巡る議論、事件の経済的影響、パリ市民の活力と支援の広がり

[AUTUMN.2015 VOL.27] navi STUDY 相次ぐ会場の改修・閉鎖とオープン 2016年「以降」会場不足問題を一覧表でまとめ

[SUMMER.2015 VOL.26] navi STUDY プロモーター自らが発信する、フェスをテーマにしたWEBマガジン

[SPRING.2015 VOL.25] navi STUDY 昭和音楽大学 平成26年度ACPC寄附講座「音楽産業概論Ⅱ」

[WINTER.2015 VOL.24] navi STUDY 「11thTIMM」レポート

[AUTUMN.2014 VOL.23] navi STUDY エグジビション ジャパン社主催「第1回 ライブ&イベント産業展」

[SPRING.2014 VOL.22] navi STUDY 平成25年度ACPC定時社員総会報告

[WINTER.2014 VOL.21] navi STUDY PAチーム、SPC peak performance主導の「東北ライブハウス大作戦」

[AUTUMN.2013 VOL.20] navi STUDY 「10thTIMM ショーケースライブ」レポート

[SUMMER.2013 VOL.19] navi STUDY 6月14、15日 韓国・チャムシル総合運動場 アジア版Ultra Music Festival「Ultra Korea」レポート

[SPRING.2013 VOL.18] navi STUDY New Orleans Jazz&Heritage Festival現地レポート

[SPRING.2013 VOL.17] navi STUDY 風営法「ダンス規制」が音楽文化に与える影響

[WINTER.2013 VOL.16] navi STUDY ACPCセミナー2012 グレッグ・パーロフ氏 講演会ダイジェスト

同じカテゴリーの記事

[AUTUMN.2019 VOL.43] この人達のおかげです

[AUTUMN.2019 VOL.43] 障害者の舞台芸術 鑑賞サービス入門

[SUMMER.2019 VOL.42] 蒸し暑い大阪で

[SUMMER.2019 VOL.42] チケット不正転売禁止法がよくわかるQ&A

[SPRING.2019 VOL.41] 新元号、新顧客

[SPRING.2019 VOL.41] 聴かずに死ねるか!

[SPRING.2019 VOL.41] スポーツ×ライブの新機構「ECSA」設立

[WINTER.2019 VOL.40] Forever Young

[WINTER.2019 VOL.40] 40th Anniversary Magazine HOT STUFF HISTORY

[WINTER.2019 VOL.40] チケットの高額転売問題を文化芸術推進フォーラムでアピール

もっと見る▶