会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ライブ・エンタテインメントに関わる専門知識からコンサートプロモーターの歴史まで。明日の仕事に役立つ「STUDY」をお届けします!

プロモーター自らが発信する、フェスをテーマにしたWEBマガジン

クリエイティブマンが「And More!」を立ち上げた狙い

全国各地で行われている音楽フェスティバルの情報は、日々、様々なメディアを通して届けられています。オフィシャル情報がSNSや各種ニュースサイトを通して拡散し、ユーザーに届けられる流れは、ここ数年でほぼ定着したといっていいでしょう。ただし、情報の中身を見てみると、段階的に発表される出演アーティストのラインアップなど、動員に直結するものが中心にならざるを得ない面もあり、フェス全体に触れたり、多面的な切り口を提供する記事が多いとはいえません。そんな中、SUMMER SONIC、PUNKSPRING、Springroove、LOUD PARKなど数々のフェスを手がけるクリエイティブマンプロダクションが、フェスをテーマにしたWEBマガジン「And More!」を立ち上げました。自社関連以外のフェス情報も幅広く発信するサイトをスタートさせた理由、コンサートプロモーターが自らメディアを持つ意義を、同社宣伝部部長・平山善成さんに伺いました。

平山:ここ数年、弊社が関わっているフェスが増えてきまして、主催しているものから制作や運営をお手伝いしているものまで、年間10本近くになります。そうなるとオフィシャル・サイトや既存のメディアだけでは、充分な情報発信が難しくなってくるんです。例えばオフィシャル・サイトであれば決定した情報をいち早く伝えることが第一ですし、外部の音楽専門メディアですと出演アーティストのインタビューなどが中心になりますよね。もちろん、それらが大切な情報発信であることは今後も変わらないのですが、初心者を対象にファッションやフェスで役立つグッズやノウハウをレクチャーしたり、さかのぼって過去のステージを紹介する記事まで切り口を広げられれば、よりフェスを身近に感じてもらえるかも知れないし、記事からオフィシャル・サイトに誘導できるかも知れない。そのためには自社でメディアを持つ必要があると考えました。

WEBマガジンである以上は自社関連以外の国内フェスも取り扱っていきます。すでにFUJI ROCKの記事などもアップしており、大規模な総合フェスから音楽ジャンルに特徴があるフェスまでをバランス良く紹介することで、他にはないフェスに特化した音楽サイトであることをアピールしていきたいと思っています。まだスタートしたばかりで手探りなのですが、ビジネスとしてシビアにとらえればオフィシャル・サイトやSNSとの連動状況をきちんと把握しなくてはいけないでしょうし、ゆくゆくは広告媒体としての価値も高めていければと考えています。外部の制作会社に編集はお任せしているとはいえ、メディアとしての方向性は一緒に考えていますので、フェスを運営する側として積み上げてきた経験値を「And More!」でも活かしていきたいですね。

撮影:「And More!」(http://andmore-fes.com/)のトップページには、ファッションスナップ「LUNATIC FEST.を彩った女子達を激写!」、お役立ち情報「【サマソニ超攻略】早起きは三文の得!朝イチで会場入りするべき4つのメリット 東京編」などのコンテンツが並ぶ。右はお話を伺った平山善成さん


関連記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] navi STUDY チケット定価再販サイトでネットダフ屋対策が進むアメリカ

[SUMMER.2017 VOL.34] navi STUDY 筑波大学、文科省、宇宙航空研究開発機構、ベンチャー企業などが協力

[SPRING.2017 VOL.33] navi STUDY 世界的に増えつつあるアーティストの展示イベント

[WINTER.2017 VOL.32] navi STUDY フェスにおけるダンス系アクトの可能性とEDM最新事情

[AUTUMN.2016 VOL.31] navi STUDY 20周年を迎えたフジロックの進化、各地の新傾向フェス

[SUMMER.2016 VOL.30] navi STUDY 「何でもあり」のニコニコ超会議に10~20代が集まる理由

[SPRING.2016 VOL.29] navi STUDY ライブを意識した作曲術、「アニソンとライブ」の関係性

[WINTER.2016 VOL.28] navi STUDY セキュリティを巡る議論、事件の経済的影響、パリ市民の活力と支援の広がり

[AUTUMN.2015 VOL.27] navi STUDY 相次ぐ会場の改修・閉鎖とオープン 2016年「以降」会場不足問題を一覧表でまとめ

[SPRING.2015 VOL.25] navi STUDY 昭和音楽大学 平成26年度ACPC寄附講座「音楽産業概論Ⅱ」

[WINTER.2015 VOL.24] navi STUDY 「11thTIMM」レポート

[AUTUMN.2014 VOL.23] navi STUDY エグジビション ジャパン社主催「第1回 ライブ&イベント産業展」

[SPRING.2014 VOL.22] navi STUDY 平成25年度ACPC定時社員総会報告

[WINTER.2014 VOL.21] navi STUDY PAチーム、SPC peak performance主導の「東北ライブハウス大作戦」

[AUTUMN.2013 VOL.20] navi STUDY 「10thTIMM ショーケースライブ」レポート

[SUMMER.2013 VOL.19] navi STUDY 6月14、15日 韓国・チャムシル総合運動場 アジア版Ultra Music Festival「Ultra Korea」レポート

[SPRING.2013 VOL.18] navi STUDY New Orleans Jazz&Heritage Festival現地レポート

[SPRING.2013 VOL.17] navi STUDY 風営法「ダンス規制」が音楽文化に与える影響

[WINTER.2013 VOL.16] navi STUDY ACPCセミナー2012 グレッグ・パーロフ氏 講演会ダイジェスト

同じカテゴリーの記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] TALKING BLUES

[AUTUMN.2017 VOL.35] 私説 大阪テレビコメディ史 花登筺と芦屋雁之助

[AUTUMN.2017 VOL.35] チケット定価再販サイトでネットダフ屋対策が進むアメリカ

[AUTUMN.2017 VOL.35] この地域 この問題 ISSUES IN THE AREA.

[SUMMER.2017 VOL.34] TALKING BLUES

[SUMMER.2017 VOL.34] MUST BOOK

[SUMMER.2017 VOL.34] navi STUDY

[SUMMER.2017 VOL.34] 公式チケットトレードリセールサービス 「チケトレ」が6月1日に正式オープン

[SPRING.2017 VOL.33] TALKING BLUES

[SPRING.2017 VOL.33] MUST BOOK

もっと見る▶