会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ライブ・エンタテインメントに関わる専門知識からコンサートプロモーターの歴史まで。明日の仕事に役立つ「STUDY」をお届けします!

Coachella Valley Music and Arts Festival 2018視察報告

経済効果300億円以上。巨大フェスの地の利、日程の利

いま最も人気の高いフェスと称されるコーチェラ。2018年は4月13日(金)~15日(日)と20日(金)~22日(日)の6日間、アメリカ・カリフォルニア州のエンパイア・ポロ・クラブにて開催されました。

会場であるポロ競技場は砂漠地域に広がる芝生ゾーンで、出演者はヒップホップ~R&B、インディー・ロック、ダンス・ミュージック(EDM~テクノ~ハウス)が中心です。総動員数は約25万人で、1日あたり4万人以上が参加。駐車場・キャンプ場含む会場全体が280エーカー(東京ドーム約25個分)もの広さゆえ混雑も少なく、トイレやシャトルバス、飲食ブースの待ち時間もほぼありません。モバイルアプリを介した情報配信の便利さや、場内に多くの清掃員を配して清潔感を保つなど、来場者は快適に過ごせます。

▲会場は砂漠地域の芝生ゾーン

チケットは1週目・2週目の、それぞれ3日通し券で販売。一般入場券で429ドル、VIPパスは999ドルと高額ながら、VIPでも相当の枚数が購入されたようです。VIPゾーンは余裕のある空間配置で休憩所も多く、「多く代金を払うユーザーに、より快適な体験が提供される」という認識が主催者・来場者で共有されているようです。なお、2017年のチケットの売上額は約130億円と報道されています。

会場はLA国際空港から約230kmとアクセスは良くありませんが、広大な敷地に点在する7つのステージとアート作品群、美しい夕焼けや椰子の木々といった非日常的空間を、世界各国から来場した観客も満喫していました。

近年のコーチェラはチケットが即日完売しており、これはトレンドを掴んだラインナップだけでなく、著名人の来場による話題性やブランド化、YouTubeでのライブ配信などのプロモーションも奏功しています。競合フェスが少ない4月の開催ゆえ、ブッキングや注目度でも優位性があり、世界中の夏フェスにも影響を与えています。舞台美術・映像・照明などでは野外フェスと思えない先進的な演出にも取り組み、これは乾燥地で雨が降らないゆえ可能とも言えます。

コーチェラ開催による経済効果は300億円以上と見られ、地元のインディオ市は人口がほぼ倍増する(2000年の4.9万人から2017年は8.8万人)など、インパクトは非常に大きいです。今年から日本でも公式ツアーが始まり、日本人の参加者も増えていくでしょう。

▲広大な会場を観客はストレスなく動き回り、幻想的な風景と舞台演出を楽しむことができる


関連記事

[SPRING.2018 VOL.37] navi STUDY 第5回 ライブ・エンターテイメントEXPO」基調講演採録

[WINTER.2018 VOL.36] navi STUDY ライブ・エンタテインメント議員連盟総会で法案の骨子を承認

[AUTUMN.2017 VOL.35] navi STUDY チケット定価再販サイトでネットダフ屋対策が進むアメリカ

[SUMMER.2017 VOL.34] navi STUDY 筑波大学、文科省、宇宙航空研究開発機構、ベンチャー企業などが協力

[SPRING.2017 VOL.33] navi STUDY 世界的に増えつつあるアーティストの展示イベント

[WINTER.2017 VOL.32] navi STUDY フェスにおけるダンス系アクトの可能性とEDM最新事情

[AUTUMN.2016 VOL.31] navi STUDY 20周年を迎えたフジロックの進化、各地の新傾向フェス

[SUMMER.2016 VOL.30] navi STUDY 「何でもあり」のニコニコ超会議に10~20代が集まる理由

[SPRING.2016 VOL.29] navi STUDY ライブを意識した作曲術、「アニソンとライブ」の関係性

[WINTER.2016 VOL.28] navi STUDY セキュリティを巡る議論、事件の経済的影響、パリ市民の活力と支援の広がり

[AUTUMN.2015 VOL.27] navi STUDY 相次ぐ会場の改修・閉鎖とオープン 2016年「以降」会場不足問題を一覧表でまとめ

[SUMMER.2015 VOL.26] navi STUDY プロモーター自らが発信する、フェスをテーマにしたWEBマガジン

[SPRING.2015 VOL.25] navi STUDY 昭和音楽大学 平成26年度ACPC寄附講座「音楽産業概論Ⅱ」

[WINTER.2015 VOL.24] navi STUDY 「11thTIMM」レポート

[AUTUMN.2014 VOL.23] navi STUDY エグジビション ジャパン社主催「第1回 ライブ&イベント産業展」

[SPRING.2014 VOL.22] navi STUDY 平成25年度ACPC定時社員総会報告

[WINTER.2014 VOL.21] navi STUDY PAチーム、SPC peak performance主導の「東北ライブハウス大作戦」

[AUTUMN.2013 VOL.20] navi STUDY 「10thTIMM ショーケースライブ」レポート

[SUMMER.2013 VOL.19] navi STUDY 6月14、15日 韓国・チャムシル総合運動場 アジア版Ultra Music Festival「Ultra Korea」レポート

[SPRING.2013 VOL.18] navi STUDY New Orleans Jazz&Heritage Festival現地レポート

[SPRING.2013 VOL.17] navi STUDY 風営法「ダンス規制」が音楽文化に与える影響

[WINTER.2013 VOL.16] navi STUDY ACPCセミナー2012 グレッグ・パーロフ氏 講演会ダイジェスト

同じカテゴリーの記事

[SUMMER.2018 VOL.38] ほぼ震源地の自宅にて

[SUMMER.2018 VOL.38] 100人が語るフジロック伝説

[SPRING.2018 VOL.37] 前向きなニュース

[SPRING.2018 VOL.37] ファンダム・レボリューション SNS時代の新たな熱狂

[SPRING.2018 VOL.37] 第5回 ライブ・エンターテイメントEXPO」基調講演採録

[WINTER.2018 VOL.36] 流転の2018年?

[WINTER.2018 VOL.36] 今号の本:響く言葉

[WINTER.2018 VOL.36] ライブ・エンタテインメント議員連盟総会で法案の骨子を承認

[WINTER.2018 VOL.36] 「ORICON LIVE STUDY with ACPC」開始

[AUTUMN.2017 VOL.35] TALKING BLUES

もっと見る▶