会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ACPCの専務理事であり、大阪のプロモーター・グリーンズコーポレーションの代表取締役社長、鏡孝彦による連載コラムです。

鏡孝彦ACPC専務理事
(グリーンズコーポレーション代表取締役社長)

ほぼ震源地の自宅にて

大阪北部地震、そして「平成30年7月豪雨」で亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、被災された皆様にお見舞い申し上げます。被災地域の1日も早い復興を、心からお祈り申し上げます。

ほぼ震源地の自宅で地震を体験してから3週間足らずで、この様な未曾有の事が起きるとは思いませんでした。地震の際は公共交通機関がストップし、予定された公演は延期。余震が続く中、あまり期待もしていなかったW杯日本戦を全試合見る俄か者になってました。ベルギー戦の頃から、台風7号と梅雨前線の影響が関西に。7月5日の朝には大雨警報、そして電話が朝早くから鳴りまくり、また地震か!と思って手に取ると緊急速報!で避難勧告情報!ハザードマップを確認! 外を見ると川が増水。まだ大丈夫、そして出勤。しかし7日・8日に開催予定のROKKO SUN MUSICは雨で仕込みが出来ずとの情報。夜、家に帰ると立て続けに緊急速報! 川は当然の如く朝より増水。このまま降ったら溢れるんちゃうか、と少し不安になりつつも就寝。そして6日昼、ROKKO~は残念ながら中止決定。その他の公演も夕方までには延期決定。

お客様、出演者、スタッフの安全と、公共交通機関の状況を考えれば当然の事。京都大作戦も最終的には両日中止。弊社を含め、主催者は苦渋の選択です。きっとこの悔しさをバネに、来年はより素晴らしいモノを創り上げてくれると思います。

西日本各地からは被害のニュースが多く流れてきました。本当に悲しい。事務局の鬼頭くん、5日に緊急速報が出ているのに宴会していたのは、誰だ!?


関連記事

[SPRING.2018 VOL.37] TALKING BLUES 前向きなニュース

[WINTER.2018 VOL.36] TALKING BLUES 流転の2018年?

[AUTUMN.2017 VOL.35] TALKING BLUES 聞こえる、伝える

[SUMMER.2017 VOL.34] TALKING BLUES 過渡期のキモ

[SPRING.2017 VOL.33] TALKING BLUES ラジオが私のルーツ

[WINTER.2017 VOL.32] TALKING BLUES 今年もがんばります

[AUTUMN.2016 VOL.31] TALKING BLUES 世界が動き、私たちも動く

[SUMMER.2016 VOL.30] TALKING BLUES 同い年の天才

[SPRING.2016 VOL.29] TALKING BLUES 自分で守れ

[WINTER.2016 VOL.28] TALKING BLUES Let’s Dance

[AUTUMN.2015 VOL.27] TALKING BLUES RUSH BALLで宜しく

[SUMMER.2015 VOL.26] TALKING BLUES リスペクトで宜しく

[SPRING.2015 VOL.25] TALKING BLUES 生でも宜しく

[WINTER.2015 VOL.24] TALKING BLUES 若い街と年配層の夜

[AUTUMN.2014 VOL.23] TALKING BLUES 新世代「すごいですね~」

[SPRING.2014 VOL.22] TALKING BLUES W杯と国立競技場

[WINTER.2014 VOL.21] TALKING BLUES 台湾のチケット&会場事情

[AUTUMN.2013 VOL.20] TALKING BLUES ちょっと早い2013年回顧

[SUMMER.2013 VOL.19] TALKING BLUES キープ・オン・初期衝動!

[SPRING.2013 VOL.18] TALKING BLUES “フェス”が帰ってきました

[SPRING.2013 VOL.17] TALKING BLUES ギュッと曲がってバァーと行く

[WINTER.2013 VOL.16] TALKING BLUES TALKING BLUES

同じカテゴリーの記事

[SUMMER.2018 VOL.38] 100人が語るフジロック伝説

[SUMMER.2018 VOL.38] Coachella Valley Music and Arts Festival 2018視察報告

[SPRING.2018 VOL.37] 前向きなニュース

[SPRING.2018 VOL.37] ファンダム・レボリューション SNS時代の新たな熱狂

[SPRING.2018 VOL.37] 第5回 ライブ・エンターテイメントEXPO」基調講演採録

[WINTER.2018 VOL.36] 流転の2018年?

[WINTER.2018 VOL.36] 今号の本:響く言葉

[WINTER.2018 VOL.36] ライブ・エンタテインメント議員連盟総会で法案の骨子を承認

[WINTER.2018 VOL.36] 「ORICON LIVE STUDY with ACPC」開始

[AUTUMN.2017 VOL.35] TALKING BLUES

もっと見る▶