会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ACPCの専務理事であり、大阪のプロモーター・グリーンズコーポレーションの代表取締役社長、鏡孝彦による連載コラムです。

鏡孝彦ACPC専務理事
(グリーンズコーポレーション代表取締役社長)

ギュッと曲がってバァーと行く

事務局から大阪を語れと言われました。はい、私は大阪人でございます。といっても小学校は千葉県、中学・高校は奈良県という典型的な転勤族です。勿論、生まれは大阪、淀川で産湯をつかりという幼少期でした。
皆様の大阪のイメージは、ウィキペディアにあるステレオタイプな関西人像のような「合理主義・現実主義的。お笑い好きでおしゃべり。いらち(=せっかち)。派手好き。食い倒れ。東京を敵視している。いわゆる『大阪のおばちゃん』は逞しく、金銭感覚に優れ、豹柄や虎縞の服を好む」と思ってらっしゃいますよね? いや〜、その通りです。故藤本義一さんは、関西人の特徴として「おせっかい、陽気、おしゃべり、人なつっこい、せっかち、猥雑、騒がしい、公共道徳心が低い、アイデアマンが多い、権力を嫌う、一言で言えば『反・秩序』である」と語ってはったそうです。ほんまにおっしゃる通り! アンチで派手な服着て、他人の家に土足で上がり込んで、大声で喋りまくって、笑いまくって、3分位でいらちこいて、問題を解決した様な感じで帰って行く。そんなイメージでしょうか?嫌でしょう? 大阪人。でも、ほんまもんの大阪人は、誰にでも優しいし、誰にでも厳しく、裏表無く、色んな人と同じ様に付き合える。そして基本楽しい事が好き。そんな感じやと思います。

商売人の街ですから、おもてなし(裏も無いという事で)が大切ですし。街全体としては、昔の方がざらざら感があった気がします。シュッとした感じではなく、ちょっとひっかかりがあるというか。スタイリッシュになって行くのもそれはそれで良いのですが、何か大阪独自のざらざら感は、残して伝えていきたいですね。私達がプロデュースするエンタテインメントの世界でも。
そうそう大阪人は、擬音好き。「次の角をギュッと曲がってバァーとまっすぐ行ったらシュッと立っているビルがあるから、そこの5階」と言われるとほんとに着きます。理解出来ます?


関連記事

[WINTER.2017 VOL.32] TALKING BLUES 今年もがんばります

[AUTUMN.2016 VOL.31] TALKING BLUES 世界が動き、私たちも動く

[SUMMER.2016 VOL.30] TALKING BLUES 同い年の天才

[SPRING.2016 VOL.29] TALKING BLUES 自分で守れ

[WINTER.2016 VOL.28] TALKING BLUES Let’s Dance

[AUTUMN.2015 VOL.27] TALKING BLUES RUSH BALLで宜しく

[SUMMER.2015 VOL.26] TALKING BLUES リスペクトで宜しく

[SPRING.2015 VOL.25] TALKING BLUES 生でも宜しく

[WINTER.2015 VOL.24] TALKING BLUES 若い街と年配層の夜

[AUTUMN.2014 VOL.23] TALKING BLUES 新世代「すごいですね~」

[SPRING.2014 VOL.22] TALKING BLUES W杯と国立競技場

[WINTER.2014 VOL.21] TALKING BLUES 台湾のチケット&会場事情

[AUTUMN.2013 VOL.20] TALKING BLUES ちょっと早い2013年回顧

[SUMMER.2013 VOL.19] TALKING BLUES キープ・オン・初期衝動!

[SPRING.2013 VOL.18] TALKING BLUES “フェス”が帰ってきました

[WINTER.2013 VOL.16] TALKING BLUES TALKING BLUES

同じカテゴリーの記事

[WINTER.2017 VOL.32] TALKING BLUES

[WINTER.2017 VOL.32] MUST BOOK

[WINTER.2017 VOL.32] navi STUDY

[AUTUMN.2016 VOL.31] 世界が動き、私たちも動く

[AUTUMN.2016 VOL.31] 60年代ポップ少年

[AUTUMN.2016 VOL.31] 20周年を迎えたフジロックの進化、各地の新傾向フェス

[SUMMER.2016 VOL.30] 同い年の天才

[SUMMER.2016 VOL.30] コンサートという文化装置 交響曲とオペラのヨーロッパ近代

[SUMMER.2016 VOL.30] 「何でもあり」のニコニコ超会議に10~20代が集まる理由

[SPRING.2016 VOL.29] TALKING BLUES

もっと見る▶