会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ライブ・エンタテインメントに関わる専門知識からコンサートプロモーターの歴史まで。明日の仕事に役立つ「STUDY」をお届けします!

風営法「ダンス規制」が音楽文化に与える影響

ここ数年、風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)による「営業目的のダンスの規制」が強まり、各地でクラブの摘発も続いています。この規制はプロモーターの業務や音楽産業にどう影響するのでしょうか。

風営法とは?

風営法は、1948年に制定された「風俗営業等取締法」を元に、時代の変化にともない30回以上の改正を経て今に至ります。制定当時、この取締法はダンスホールやキャバレー、カフェなどでの犯罪(売春・賭博など)を防ぐ名目がありました。その後、1982年に女子中学生2名が、新宿のディスコで知り合った男性に殺傷された事件をきっかけに、風営法が大幅に改正されて取り締まりが厳格化。現在の風営法では、フロアで客を踊らせるクラブなどの営業には都道府県公安委員会の許可が必要のうえ、午前0~1時までしか営業ができません。
それでも警察はクラブの深夜営業はグレーゾーンと見なし、長年黙認してきました。

今起きていること

2010年末より、大阪や京都で10軒以上のクラブが無許可営業容疑で摘発。2011年以降は福岡や神奈川、東京でもクラブの摘発や立ち入り捜査が相次いでいます。
風営法のダンス規制は警察の「ダンスの解釈」に依りますが、その基準は極めて曖昧です。ダンス教室では「男女間の享楽的な雰囲気が過度に渡る可能性」があるとして男女のペアダンスを規制する一方、クラブなど飲食も含む営業形態では、あらゆるダンスが規制の対象とされています(バーやライブハウスの営業における「ダンス」には明確な規制がありませんが、その根拠もはっきりしていません)。
規制の対象となるダンスの解釈が曖昧な現状では、一方的な解釈による公演の規制や取り締まりも不可能ではありません。(例:プロモーターがクラブを借りてコンサートを開催した場合に「規制対象のダンスを客にさせている」と判断されるなど)
いまやクラブにとどまらず、サルサバーやダンス教室まで規制は広がっています。今後ライブハウスなどにその影響が及ぶ可能性もありますし、クラブの摘発が続いた大阪ではクラブの閉店が相次ぎ、地域経済にもマイナスの影響が出ています。

音楽文化とクラブ

クラブ発の文化という観点で言えば、近年の欧米や韓国のポップスのトレンドとして、シーンの盛り上げに大きく貢献しているEDM(Electronic Dance Music)のムーブメントはクラブから生まれたものです。これからも多くのクリエイターやDJ、音楽ジャンルがクラブカルチャーから登場するでしょう。
ダンスの自由とクラブカルチャーを守るため、風営法の規制対象から「ダンス」を削除するための「Let’s DANCE署名推進委員会」も立ち上がり、11万筆以上の署名を集めています。今後もさらなる議論の活発化と共に、音楽業界からのアクションが続いていくはずです。

参考文献:朝日新聞(2012年5月16日号、5月30日号、9月3日号、10月11日号、2013年1月7日号、1月16日号)/日本経済新聞(2011年7月28日号・夕刊、2012年10月1日号・夕刊)/Let’s DANCE署名推進委員会ホームページ http://www.letsdance.jp/

MORE STUDY

風営法の「ダンス規制」をさらに学びたい人は…

書籍名:踊ってはいけない国、日本 風営法問題と過剰規制される社会

出 版:河出書房新社


書籍名:なぜダンスは規制されるのか? 知らないとあぶない風営法のはなし[電子書籍版]

出 版:行政書士呉国際法務事務所



関連記事

[WINTER.2017 VOL.32] navi STUDY フェスにおけるダンス系アクトの可能性とEDM最新事情

[AUTUMN.2016 VOL.31] navi STUDY 20周年を迎えたフジロックの進化、各地の新傾向フェス

[SUMMER.2016 VOL.30] navi STUDY 「何でもあり」のニコニコ超会議に10~20代が集まる理由

[SPRING.2016 VOL.29] navi STUDY ライブを意識した作曲術、「アニソンとライブ」の関係性

[WINTER.2016 VOL.28] navi STUDY セキュリティを巡る議論、事件の経済的影響、パリ市民の活力と支援の広がり

[AUTUMN.2015 VOL.27] navi STUDY 相次ぐ会場の改修・閉鎖とオープン 2016年「以降」会場不足問題を一覧表でまとめ

[SUMMER.2015 VOL.26] navi STUDY プロモーター自らが発信する、フェスをテーマにしたWEBマガジン

[SPRING.2015 VOL.25] navi STUDY 昭和音楽大学 平成26年度ACPC寄附講座「音楽産業概論Ⅱ」

[WINTER.2015 VOL.24] navi STUDY 「11thTIMM」レポート

[AUTUMN.2014 VOL.23] navi STUDY エグジビション ジャパン社主催「第1回 ライブ&イベント産業展」

[SPRING.2014 VOL.22] navi STUDY 平成25年度ACPC定時社員総会報告

[WINTER.2014 VOL.21] navi STUDY PAチーム、SPC peak performance主導の「東北ライブハウス大作戦」

[AUTUMN.2013 VOL.20] navi STUDY 「10thTIMM ショーケースライブ」レポート

[SUMMER.2013 VOL.19] navi STUDY 6月14、15日 韓国・チャムシル総合運動場 アジア版Ultra Music Festival「Ultra Korea」レポート

[SPRING.2013 VOL.18] navi STUDY New Orleans Jazz&Heritage Festival現地レポート

[WINTER.2013 VOL.16] navi STUDY ACPCセミナー2012 グレッグ・パーロフ氏 講演会ダイジェスト

同じカテゴリーの記事

[WINTER.2017 VOL.32] TALKING BLUES

[WINTER.2017 VOL.32] MUST BOOK

[WINTER.2017 VOL.32] navi STUDY

[AUTUMN.2016 VOL.31] 世界が動き、私たちも動く

[AUTUMN.2016 VOL.31] 60年代ポップ少年

[AUTUMN.2016 VOL.31] 20周年を迎えたフジロックの進化、各地の新傾向フェス

[SUMMER.2016 VOL.30] 同い年の天才

[SUMMER.2016 VOL.30] コンサートという文化装置 交響曲とオペラのヨーロッパ近代

[SUMMER.2016 VOL.30] 「何でもあり」のニコニコ超会議に10~20代が集まる理由

[SPRING.2016 VOL.29] TALKING BLUES

もっと見る▶