会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ライブ・エンタテインメントに関わる専門知識からコンサートプロモーターの歴史まで。明日の仕事に役立つ「STUDY」をお届けします!

New Orleans Jazz&Heritage Festival現地レポート

4月26~28日/5月2~5日 アメリカ・ルイジアナ州

地域色を最大限に活かしつつビッグネームも登場

New Orleans Jazz&Heritage Festivalは、アメリカ・ルイジアナ州のニューオーリンズにて、1970年より開催されている野外フェスティバルです。NPO団体のNew Orleans Jazz&Heritage Festival Foundationをフェスのオーナーとして、大手プロモーターのAEGが関わっています。今年で44回目を迎える同フェスは、4月26〜28日と5月2〜5日の計7日間、500組以上の出演者が12のステージに登場する大規模なもので、今年は約42万5000人を動員しました。同フェスは毎年、約300億円の経済効果が見込まれるそうです。

ラインアップはニューオーリンズのジャズやR&Bを筆頭に、ソウル、ファンク、ロック、フォークの他、ブルースにゴスペル、ザディコ、ケイジャンといったルーツ色の濃いもの、アフロにカリビアン、ラテンなど同地の多様な民族性に基づく音楽があり、非常に幅広いです。ブラス・バンドやマルディグラ・インディアンなど、同地ならではのアクトが目を引く一方、ビリー・ジョエルやマルーン5、ジョン・メイヤーといったビッグネームも大観衆を集めていました。

一般の前売り券は1日あたり50ドル。4日通しで1200ドル以上のVIPチケットもあります。客層は男女がほぼ半々。中高年層が5〜6割で、それ以外は若者や、キッズも含むファミリー層です。みんな折り畳みの椅子を持ち込み、ゆったりと楽しんでいました。バリアフリーも進んでおり、車椅子の観客専用の通路やトイレが随所にありました。ただし、ゴミの分別はあまり徹底されているとはいえず、終演後はゴミが目立ち、クリーンな会場運営では日本が大きく進んでいるようです。

飲食ブースでは、ほとんどのメニューがアメリカ南部の郷土料理で統一されていました。また、ニューオーリンズ文化をモチーフにしたアート展や、ルイジアナの先住民族、ネイティヴ・アメリカンの文化に関する展示・パフォーマンスが行われ、地域文化の継承に非常に熱心です。

このフェスではステージの写真撮影はOKですが、音声や映像の録音・録画は禁止です。会場内には「LIVE RECORDINGS」のブースがあり、過去を含めた同フェスでの選りすぐりのライブ音源が販売されています(今年の出演アーティストは予約販売)。それらの音源はブース内のタブレット端末で試聴も可能、ネットでも販売されています。

フェス会場は、ダウンタウンからシャトルバスで15〜20分ほどの競馬場。多数のステージは円形の芝生コース上に配置。
住宅地にあるため音出しは19時まで。多くの観客は夜、中心街の飲食店やライブハウスに流れる。右は「LIVE RECORDINGS」のブース


関連記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] navi STUDY チケット定価再販サイトでネットダフ屋対策が進むアメリカ

[SUMMER.2017 VOL.34] navi STUDY 筑波大学、文科省、宇宙航空研究開発機構、ベンチャー企業などが協力

[SPRING.2017 VOL.33] navi STUDY 世界的に増えつつあるアーティストの展示イベント

[WINTER.2017 VOL.32] navi STUDY フェスにおけるダンス系アクトの可能性とEDM最新事情

[AUTUMN.2016 VOL.31] navi STUDY 20周年を迎えたフジロックの進化、各地の新傾向フェス

[SUMMER.2016 VOL.30] navi STUDY 「何でもあり」のニコニコ超会議に10~20代が集まる理由

[SPRING.2016 VOL.29] navi STUDY ライブを意識した作曲術、「アニソンとライブ」の関係性

[WINTER.2016 VOL.28] navi STUDY セキュリティを巡る議論、事件の経済的影響、パリ市民の活力と支援の広がり

[AUTUMN.2015 VOL.27] navi STUDY 相次ぐ会場の改修・閉鎖とオープン 2016年「以降」会場不足問題を一覧表でまとめ

[SUMMER.2015 VOL.26] navi STUDY プロモーター自らが発信する、フェスをテーマにしたWEBマガジン

[SPRING.2015 VOL.25] navi STUDY 昭和音楽大学 平成26年度ACPC寄附講座「音楽産業概論Ⅱ」

[WINTER.2015 VOL.24] navi STUDY 「11thTIMM」レポート

[AUTUMN.2014 VOL.23] navi STUDY エグジビション ジャパン社主催「第1回 ライブ&イベント産業展」

[SPRING.2014 VOL.22] navi STUDY 平成25年度ACPC定時社員総会報告

[WINTER.2014 VOL.21] navi STUDY PAチーム、SPC peak performance主導の「東北ライブハウス大作戦」

[AUTUMN.2013 VOL.20] navi STUDY 「10thTIMM ショーケースライブ」レポート

[SUMMER.2013 VOL.19] navi STUDY 6月14、15日 韓国・チャムシル総合運動場 アジア版Ultra Music Festival「Ultra Korea」レポート

[SPRING.2013 VOL.17] navi STUDY 風営法「ダンス規制」が音楽文化に与える影響

[WINTER.2013 VOL.16] navi STUDY ACPCセミナー2012 グレッグ・パーロフ氏 講演会ダイジェスト

同じカテゴリーの記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] TALKING BLUES

[AUTUMN.2017 VOL.35] 私説 大阪テレビコメディ史 花登筺と芦屋雁之助

[AUTUMN.2017 VOL.35] チケット定価再販サイトでネットダフ屋対策が進むアメリカ

[AUTUMN.2017 VOL.35] この地域 この問題 ISSUES IN THE AREA.

[SUMMER.2017 VOL.34] TALKING BLUES

[SUMMER.2017 VOL.34] MUST BOOK

[SUMMER.2017 VOL.34] navi STUDY

[SUMMER.2017 VOL.34] 公式チケットトレードリセールサービス 「チケトレ」が6月1日に正式オープン

[SPRING.2017 VOL.33] TALKING BLUES

[SPRING.2017 VOL.33] MUST BOOK

もっと見る▶