会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ライブ・エンタテインメントに関わる専門知識からコンサートプロモーターの歴史まで。明日の仕事に役立つ「STUDY」をお届けします!

チケット定価再販サイトでネットダフ屋対策が進むアメリカ

アーティストの支持も高いサービスの仕組み

 フー・ファイターズ、ザ・1975、ハリー・スタイルズなど50組以上の有名アーティストや、『ハミルトン』『ハリー・ポッター』といった人気ミュージカルが、チケット販売に「Verif iedFan」を導入しています。これはアメリカ最大のチケット販売会社であるチケットマスターが5月より開始したシステムで、チケットを大量に取得するボットの規制や、ネットダフ屋の排除が狙いです。

「Verif ied Fan」の仕組みは以下の通りです。1:チケット購入を希望するユーザーは、指定期間内に「Verified Fan」に登録。2:そのユーザーがボットやネットダフ屋ではないか、自動プログラムでメールアドレスやチケット購入履歴などを審査。3:チケットの販売開始日、審査に通ったユーザーの携帯電話に「オファーコード」と「販売ページへのリンク」がテキストメッセージで届く。4:メッセージ内のコードとリンクを使ってチケット販売ページにアクセスし、制限枚数内での購入が可能。

ただし、メッセージを受け取る順番はランダムで、販売は先着順。ひとつのユーザー・アカウントからの購入は一度のみです。

アメリカでは人気チケットの6割がボットで購入されると見られていますが、ブルース・スプリングスティーンはこのシステムの導入で、チケット転売の数を以前の15%~50%まで抑えたようです。テイラー・スウィフトは「Verified Fan」導入に伴い、ファンが彼女のグッズやCDなどを購入することでチケット購入の確率が高まる仕組みを取っていますが、賛否両論です。

チケットマスターを運営するライブ・ネーション社が複数のチケット転売サイトも運営していること、公演の関係者が転売サイトにチケットを横流ししていることなどは引き続き問題視されています。

そして、アメリカでの「TwicketsUSA」の開始も発表されています。Twicketsはファン同士のチケット売買を仲介するイギリス発のサービスで、売買は定価もしくはそれ以下のみ。買い手が10%の手数料を支払う仕組みです。同サービスはアデルやエド・シーランとも正式に提携するなど、アーティストからの支持が高く、アメリカでも多くの利用が見込まれます。

参考文献:rollingstone.com「 InsideBruce Springsteen and Taylor Swift'sWar on Scalpers, Ticket Bots 」/theguardian.com「Bad blood ! IsTaylor Swift’s ‘verif ied fan’ systema way to reward followers ‒ or ripthem of f?」/billboard.com「TwicketsLaunches in North America」

「Verified Tickets by Ticketmaster 」(http://www.ticketmaster.com/verified)のサイト画面。右は「Twickets USA」(http://www.twicketsusa.com/


関連記事

[SUMMER.2018 VOL.38] navi STUDY Coachella Valley Music and Arts Festival 2018視察報告

[SPRING.2018 VOL.37] navi STUDY 第5回 ライブ・エンターテイメントEXPO」基調講演採録

[WINTER.2018 VOL.36] navi STUDY ライブ・エンタテインメント議員連盟総会で法案の骨子を承認

[SUMMER.2017 VOL.34] navi STUDY 筑波大学、文科省、宇宙航空研究開発機構、ベンチャー企業などが協力

[SPRING.2017 VOL.33] navi STUDY 世界的に増えつつあるアーティストの展示イベント

[WINTER.2017 VOL.32] navi STUDY フェスにおけるダンス系アクトの可能性とEDM最新事情

[AUTUMN.2016 VOL.31] navi STUDY 20周年を迎えたフジロックの進化、各地の新傾向フェス

[SUMMER.2016 VOL.30] navi STUDY 「何でもあり」のニコニコ超会議に10~20代が集まる理由

[SPRING.2016 VOL.29] navi STUDY ライブを意識した作曲術、「アニソンとライブ」の関係性

[WINTER.2016 VOL.28] navi STUDY セキュリティを巡る議論、事件の経済的影響、パリ市民の活力と支援の広がり

[AUTUMN.2015 VOL.27] navi STUDY 相次ぐ会場の改修・閉鎖とオープン 2016年「以降」会場不足問題を一覧表でまとめ

[SUMMER.2015 VOL.26] navi STUDY プロモーター自らが発信する、フェスをテーマにしたWEBマガジン

[SPRING.2015 VOL.25] navi STUDY 昭和音楽大学 平成26年度ACPC寄附講座「音楽産業概論Ⅱ」

[WINTER.2015 VOL.24] navi STUDY 「11thTIMM」レポート

[AUTUMN.2014 VOL.23] navi STUDY エグジビション ジャパン社主催「第1回 ライブ&イベント産業展」

[SPRING.2014 VOL.22] navi STUDY 平成25年度ACPC定時社員総会報告

[WINTER.2014 VOL.21] navi STUDY PAチーム、SPC peak performance主導の「東北ライブハウス大作戦」

[AUTUMN.2013 VOL.20] navi STUDY 「10thTIMM ショーケースライブ」レポート

[SUMMER.2013 VOL.19] navi STUDY 6月14、15日 韓国・チャムシル総合運動場 アジア版Ultra Music Festival「Ultra Korea」レポート

[SPRING.2013 VOL.18] navi STUDY New Orleans Jazz&Heritage Festival現地レポート

[SPRING.2013 VOL.17] navi STUDY 風営法「ダンス規制」が音楽文化に与える影響

[WINTER.2013 VOL.16] navi STUDY ACPCセミナー2012 グレッグ・パーロフ氏 講演会ダイジェスト

同じカテゴリーの記事

[SUMMER.2018 VOL.38] ほぼ震源地の自宅にて

[SUMMER.2018 VOL.38] 100人が語るフジロック伝説

[SUMMER.2018 VOL.38] Coachella Valley Music and Arts Festival 2018視察報告

[SPRING.2018 VOL.37] 前向きなニュース

[SPRING.2018 VOL.37] ファンダム・レボリューション SNS時代の新たな熱狂

[SPRING.2018 VOL.37] 第5回 ライブ・エンターテイメントEXPO」基調講演採録

[WINTER.2018 VOL.36] 流転の2018年?

[WINTER.2018 VOL.36] 今号の本:響く言葉

[WINTER.2018 VOL.36] ライブ・エンタテインメント議員連盟総会で法案の骨子を承認

[WINTER.2018 VOL.36] 「ORICON LIVE STUDY with ACPC」開始

もっと見る▶