会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ライブ・エンタテインメントに関わる専門知識からコンサートプロモーターの歴史まで。明日の仕事に役立つ「STUDY」をお届けします!

「第6回ライブ・エンターテイメントEXPO」のセミナーで、スポーツ×ライブの新機構「ECSA」設立がアナウンス

日本最大規模のライブ・エンタテインメント産業の展示会「第6回ライブ・エンターテイメントEXPO」が2月27日から3月1日の3日間、幕張メッセにて開催されました。「イベント総合EXPO」「地方創生EXPO」「スポーツビジネス産業展」も同時開催される中、27日にはACPCライブ・エンタテインメント ラボの長井延裕客員研究員の司会進行のもと、「スポーツとライブ・エンタテインメントが生むシナジー」をテーマに、日本トップリーグ連携機構の田口禎則理事・事務局長、ACPCの田山順一理事が登壇したセミナーが行われました。このセミナーの開催は、両団体共同による一般社団法人Entertainment Committee for STADIUM・ARENA(ECSA/エクサ)の設立をアナウンスすることを主な目的とし、「ECSAは何を目指して、今後どんな活動していくのか」を中心に語られました。

▲壇上で発言するACPCの田山順一理事

まずはスポーツ界とライブ・エンタテインメント側が、お互いを必要とした理由を「スポーツ界にはまだまだ競技間、プロとアマチュア間の壁が存在していて、どのアリーナを借りるかなど競技団体同士の情報交換がほとんどない状態です。エンタメの世界の方々は、一度の興行に力を結集させ、マーチャンダイジングを含めて最大限の価値を生み出すことを考えていらっしゃるので、勉強になる点が多いです」(田口理事)、「プロスポーツでは毎週のように試合が行われ、多くの観客が集まっています。習慣性、継続性という意味では、逆にコンサートプロモーターがスポーツ界に学ぶべき点はたくさんあります。それと日本トップリーグ連携機構もACPCも全国組織ですので、両者が力を合わせる意義は大きいと思います」(田山理事)と説明。

▲会場で配られたECSA設立を伝えるパンフレット

その上でECSAの目指す活動が「競技をする側ではなく、あくまで来場してくださる観客の皆さんの目線で使いやすく、その地域ならではの楽しみが提供できるアリーナが、我々も計画段階から協力させていただいて、全国に誕生すれば理想的ですね。例えば女性用のトイレが必要なだけあるかなど、細かい点をチェックするだけでも、だいぶ印象は変わってくるんじゃないでしょうか」(田口理事)、「既存のスポーツ施設は、コンサートでの使用を想定して建設されていない場合が多いんです。機材の搬入や電源の配備を考慮するだけでもコストが大きく違ってきます。そういった設備の問題以外でも、私達が交通手段や地域性を踏まえた意見を最初から出せれば、この場所にアリーナをつくること自体が良いことなのかどうか、どうすれば利用者が増えるのか、様々な可能性を探れると思います」(田山理事)と語られ、スポーツとライブが共存し、観客の皆さんが満足できるアリーナ/スタジアムを全国に増やしていくためのヴィジョンが示されました。


関連記事

[SUMMER.2019 VOL.42] navi STUDY 展示会や出版物で表現された「プロモーターの歴史」

[WINTER.2019 VOL.40] navi STUDY チケットの高額転売問題を文化芸術推進フォーラムでアピール

[SUMMER.2018 VOL.38] navi STUDY Coachella Valley Music and Arts Festival 2018視察報告

[SPRING.2018 VOL.37] navi STUDY 第5回 ライブ・エンターテイメントEXPO」基調講演採録

[WINTER.2018 VOL.36] navi STUDY ライブ・エンタテインメント議員連盟総会で法案の骨子を承認

[AUTUMN.2017 VOL.35] navi STUDY チケット定価再販サイトでネットダフ屋対策が進むアメリカ

[SUMMER.2017 VOL.34] navi STUDY 筑波大学、文科省、宇宙航空研究開発機構、ベンチャー企業などが協力

[SPRING.2017 VOL.33] navi STUDY 世界的に増えつつあるアーティストの展示イベント

[WINTER.2017 VOL.32] navi STUDY フェスにおけるダンス系アクトの可能性とEDM最新事情

[AUTUMN.2016 VOL.31] navi STUDY 20周年を迎えたフジロックの進化、各地の新傾向フェス

[SUMMER.2016 VOL.30] navi STUDY 「何でもあり」のニコニコ超会議に10~20代が集まる理由

[SPRING.2016 VOL.29] navi STUDY ライブを意識した作曲術、「アニソンとライブ」の関係性

[WINTER.2016 VOL.28] navi STUDY セキュリティを巡る議論、事件の経済的影響、パリ市民の活力と支援の広がり

[AUTUMN.2015 VOL.27] navi STUDY 相次ぐ会場の改修・閉鎖とオープン 2016年「以降」会場不足問題を一覧表でまとめ

[SUMMER.2015 VOL.26] navi STUDY プロモーター自らが発信する、フェスをテーマにしたWEBマガジン

[SPRING.2015 VOL.25] navi STUDY 昭和音楽大学 平成26年度ACPC寄附講座「音楽産業概論Ⅱ」

[WINTER.2015 VOL.24] navi STUDY 「11thTIMM」レポート

[AUTUMN.2014 VOL.23] navi STUDY エグジビション ジャパン社主催「第1回 ライブ&イベント産業展」

[SPRING.2014 VOL.22] navi STUDY 平成25年度ACPC定時社員総会報告

[WINTER.2014 VOL.21] navi STUDY PAチーム、SPC peak performance主導の「東北ライブハウス大作戦」

[AUTUMN.2013 VOL.20] navi STUDY 「10thTIMM ショーケースライブ」レポート

[SUMMER.2013 VOL.19] navi STUDY 6月14、15日 韓国・チャムシル総合運動場 アジア版Ultra Music Festival「Ultra Korea」レポート

[SPRING.2013 VOL.18] navi STUDY New Orleans Jazz&Heritage Festival現地レポート

[SPRING.2013 VOL.17] navi STUDY 風営法「ダンス規制」が音楽文化に与える影響

[WINTER.2013 VOL.16] navi STUDY ACPCセミナー2012 グレッグ・パーロフ氏 講演会ダイジェスト

同じカテゴリーの記事

[SUMMER.2019 VOL.42] 蒸し暑い大阪で

[SUMMER.2019 VOL.42] チケット不正転売禁止法がよくわかるQ&A

[SUMMER.2019 VOL.42] 展示会や出版物で表現された「プロモーターの歴史」

[SPRING.2019 VOL.41] 新元号、新顧客

[SPRING.2019 VOL.41] 聴かずに死ねるか!

[WINTER.2019 VOL.40] Forever Young

[WINTER.2019 VOL.40] 40th Anniversary Magazine HOT STUFF HISTORY

[WINTER.2019 VOL.40] チケットの高額転売問題を文化芸術推進フォーラムでアピール

[SUMMER.2018 VOL.38] ほぼ震源地の自宅にて

[SUMMER.2018 VOL.38] 100人が語るフジロック伝説

もっと見る▶