会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ライブ・エンタテインメントに関わる専門知識からコンサートプロモーターの歴史まで。明日の仕事に役立つ「STUDY」をお届けします!

ライブ・エンタテインメント議員連盟総会で法案の骨子を承認

チケットの高額転売問題、加速する法規制への動き

昨年12月7日、衆議院第2議員会館・第2会議室においてライブ・エンタテインメント議員連盟の総会が行われました。ACPCからは中西健夫会長、石川篤総務委員が出席。6月に音楽業界初の公式チケットトレードリセール「チケトレ」を正式オープンするなど、ともにチケットの高額転売問題に取り組んできた日本音楽制作者連盟、日本音楽事業者協会、コンピュータ・チケッティング協議会の方々と意見を述べました。

当日は山下貴司衆議院議員の司会進行のもと開会。冒頭で議連会長の石破茂衆議院議員から「議連としてチケットの高額転売を規制する法案(仮称『特定興行入場券の転売に関する法律案』)の骨子を了承しました。一刻も早く成立させたいと思っていますので、次の通常国会に提出できるように、自民党内の手続きを進めながら、公明党さん、野党の皆さんとも相談していきたいと思います」と報告があり、立法化に向けての動きを今後、加速させていくロードマップが明らかになりました。

▲総会の冒頭で挨拶をする石破茂ライブ・エンタテインメント議員連盟会長。石破会長はこの日の総会のことを自身のブログなどでも積極的に触れていました。
撮影:小嶋秀雄

総会に続いて記者会見も行われ、アーティストを代表して武田鉄矢さん、サカナクションの山口一郎さん、そしてスポーツ界からは東京オリンピック・パラリンピック組織委員会スポーツ局長の室伏広治さんが参加。武田さんは「ダフ屋というものは昔からありましたが、私どもが若い頃はスケールもそんなに大きくなかった。今はネットを使ってかなり悪質になっています。若いアーティストはお客さんに観てほしくてコンサートをやっているのに、そのお客さんを阻むことになってしまっているので、法律で守っていただきたい」と話し、続いて山口さんが「全国ツアーでファンの方々と話す機会があったのですが、『3~4万円出してコンサートに来ました』と言っていました。ファンからすれば愛情を注いでくれているつもりだと思いますが、お金がミュージシャンに還元されていないことへの自覚がないようです。今日をきっかけに、そういった現状を知っていただければと思います」と語りました。さらに室伏さんも「多くの方にとってオリンピック・パラリンピックを観られるのは一生に一度。だからこそ公平に観られるようにしていただきたい」と発言。音楽界からも、スポーツ界からも、チケットの高額転売に対する法規制を強く望む「現場の声」が相次ぎました。

会見後の質疑応答では取材陣からの熱心な質問が続き、この問題への関心が日増しに高まっていることを感じさせました。同日に発表されたチケット転売サイト最大手のサービス停止のニュースとともに、数多くのメディアで総会の様子が報じられたことを付け加えておきます。

▲記者会見に参加した(左より)三原じゅん子参議院議員、武田鉄矢さん、石破茂議連会長、山口一郎さん、室伏広治さん、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長代行の遠藤利明衆議院議員
撮影:小嶋秀雄


関連記事

[SUMMER.2018 VOL.38] navi STUDY Coachella Valley Music and Arts Festival 2018視察報告

[SPRING.2018 VOL.37] navi STUDY 第5回 ライブ・エンターテイメントEXPO」基調講演採録

[AUTUMN.2017 VOL.35] navi STUDY チケット定価再販サイトでネットダフ屋対策が進むアメリカ

[SUMMER.2017 VOL.34] navi STUDY 筑波大学、文科省、宇宙航空研究開発機構、ベンチャー企業などが協力

[SPRING.2017 VOL.33] navi STUDY 世界的に増えつつあるアーティストの展示イベント

[WINTER.2017 VOL.32] navi STUDY フェスにおけるダンス系アクトの可能性とEDM最新事情

[AUTUMN.2016 VOL.31] navi STUDY 20周年を迎えたフジロックの進化、各地の新傾向フェス

[SUMMER.2016 VOL.30] navi STUDY 「何でもあり」のニコニコ超会議に10~20代が集まる理由

[SPRING.2016 VOL.29] navi STUDY ライブを意識した作曲術、「アニソンとライブ」の関係性

[WINTER.2016 VOL.28] navi STUDY セキュリティを巡る議論、事件の経済的影響、パリ市民の活力と支援の広がり

[AUTUMN.2015 VOL.27] navi STUDY 相次ぐ会場の改修・閉鎖とオープン 2016年「以降」会場不足問題を一覧表でまとめ

[SUMMER.2015 VOL.26] navi STUDY プロモーター自らが発信する、フェスをテーマにしたWEBマガジン

[SPRING.2015 VOL.25] navi STUDY 昭和音楽大学 平成26年度ACPC寄附講座「音楽産業概論Ⅱ」

[WINTER.2015 VOL.24] navi STUDY 「11thTIMM」レポート

[AUTUMN.2014 VOL.23] navi STUDY エグジビション ジャパン社主催「第1回 ライブ&イベント産業展」

[SPRING.2014 VOL.22] navi STUDY 平成25年度ACPC定時社員総会報告

[WINTER.2014 VOL.21] navi STUDY PAチーム、SPC peak performance主導の「東北ライブハウス大作戦」

[AUTUMN.2013 VOL.20] navi STUDY 「10thTIMM ショーケースライブ」レポート

[SUMMER.2013 VOL.19] navi STUDY 6月14、15日 韓国・チャムシル総合運動場 アジア版Ultra Music Festival「Ultra Korea」レポート

[SPRING.2013 VOL.18] navi STUDY New Orleans Jazz&Heritage Festival現地レポート

[SPRING.2013 VOL.17] navi STUDY 風営法「ダンス規制」が音楽文化に与える影響

[WINTER.2013 VOL.16] navi STUDY ACPCセミナー2012 グレッグ・パーロフ氏 講演会ダイジェスト

同じカテゴリーの記事

[SUMMER.2018 VOL.38] ほぼ震源地の自宅にて

[SUMMER.2018 VOL.38] 100人が語るフジロック伝説

[SUMMER.2018 VOL.38] Coachella Valley Music and Arts Festival 2018視察報告

[SPRING.2018 VOL.37] 前向きなニュース

[SPRING.2018 VOL.37] ファンダム・レボリューション SNS時代の新たな熱狂

[SPRING.2018 VOL.37] 第5回 ライブ・エンターテイメントEXPO」基調講演採録

[WINTER.2018 VOL.36] 流転の2018年?

[WINTER.2018 VOL.36] 今号の本:響く言葉

[WINTER.2018 VOL.36] 「ORICON LIVE STUDY with ACPC」開始

[AUTUMN.2017 VOL.35] TALKING BLUES

もっと見る▶