会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ライブ・エンタテインメントに関わる専門知識からコンサートプロモーターの歴史まで。明日の仕事に役立つ「STUDY」をお届けします!

世界的に増えつつあるアーティストの展示イベント

膨大な資料とテクノロジーの活用でエンタテインメント性アップ

音楽ビジネスの多様化の表れとして、アーティスト関連の品々を展示するイベントが世界的に増えています。

ロンドンとニューヨークで巡回展示されたローリング・ストーンズの「エキシビジョニズム」は、彼らの長い歴史を写真やポスター、楽器、衣装、ミュージックビデオなどを通して描き出すもの。500点を超える膨大な資料に加えて、活動初期にメンバーが共同生活していた乱雑なアパートの一室やレコーディング・スタジオ、コンサートのバックステージをリアルなセットで再現したり、直筆のメモや作曲ノート、レーベルとの契約書といったバンドが提供した貴重な資料も多く展示されています。

また、彼らのライブ・パフォーマンスを疑似体験できるコーナーが目玉となっており、展示会とライブとの強い関連性も感じさせます。

日本でも、先日開催されたデヴィッド・ボウイ展「DAVID BOWIE is」が大きな話題を呼びました。世界9か国を巡回し、160万人以上を動員したこの展示では直筆のスケッチや楽譜、華美な衣装など300点超の資料に加え、専用のヘッドフォンで楽曲と共に展示を楽しめたり、ダイナミックな映像を用いたパフォーマンスの再現も見どころでした。

ボウイとの親交の深い坂本龍一さんがトークやピアノ演奏を披露するイベントも行われています。

他にも世界初となるキッスがテーマの「KISS EXPO 2016~地獄の博覧会~」が日本で開催されたり、2017年5月からはピンク・フロイドの展示会がロンドンで開催される予定です。

日本人アーティストの展示会も増えており、きゃりーぱみゅぱみゅやGRANRODEO、ももいろクローバーZ、でんぱ組.incといったアーティストが各地のイベントスペースやライブハウスなどで衣装展を行っています。Perfumeは衣装やステージの模型などの展示に加えて、ヘッドマウントディスプレイを用いたVR演出にも取り組むなど、テクノロジーの活用も進んでいます。

アーティスト関連の展示イベントの成功には、コアなファン層の存在や写真・映像・衣装などのアーカイブの蓄積が不可欠ですが、本人の稼働がなくても成立するうえ、来場者のグッズ購入率が比較的高いとも見られており、今後もさまざまな展示イベントの開催が見込まれます。

大回顧展「DAVID BOWIE is」。山本寛斎氏による衣装、映画『戦場のメリークリスマス』のコーナーなどボウイと日本の深いつながりを感じさせる提示も。撮影:Shintaro Yamanaka(Qsyum!) 写真右はローリング・ストーンズ「エキシビジョニズム」展の会場外に設置されたオブジェ。
参考文献:朝日新聞「ロック展 世界『ツアー』」2016年12月24日夕刊/オリジナルコンフィデンス「ニーズが高まる“アーティスト展”」2015年5月11日 


関連記事

[WINTER.2017 VOL.32] navi STUDY フェスにおけるダンス系アクトの可能性とEDM最新事情

[AUTUMN.2016 VOL.31] navi STUDY 20周年を迎えたフジロックの進化、各地の新傾向フェス

[SUMMER.2016 VOL.30] navi STUDY 「何でもあり」のニコニコ超会議に10~20代が集まる理由

[SPRING.2016 VOL.29] navi STUDY ライブを意識した作曲術、「アニソンとライブ」の関係性

[WINTER.2016 VOL.28] navi STUDY セキュリティを巡る議論、事件の経済的影響、パリ市民の活力と支援の広がり

[AUTUMN.2015 VOL.27] navi STUDY 相次ぐ会場の改修・閉鎖とオープン 2016年「以降」会場不足問題を一覧表でまとめ

[SUMMER.2015 VOL.26] navi STUDY プロモーター自らが発信する、フェスをテーマにしたWEBマガジン

[SPRING.2015 VOL.25] navi STUDY 昭和音楽大学 平成26年度ACPC寄附講座「音楽産業概論Ⅱ」

[WINTER.2015 VOL.24] navi STUDY 「11thTIMM」レポート

[AUTUMN.2014 VOL.23] navi STUDY エグジビション ジャパン社主催「第1回 ライブ&イベント産業展」

[SPRING.2014 VOL.22] navi STUDY 平成25年度ACPC定時社員総会報告

[WINTER.2014 VOL.21] navi STUDY PAチーム、SPC peak performance主導の「東北ライブハウス大作戦」

[AUTUMN.2013 VOL.20] navi STUDY 「10thTIMM ショーケースライブ」レポート

[SUMMER.2013 VOL.19] navi STUDY 6月14、15日 韓国・チャムシル総合運動場 アジア版Ultra Music Festival「Ultra Korea」レポート

[SPRING.2013 VOL.18] navi STUDY New Orleans Jazz&Heritage Festival現地レポート

[SPRING.2013 VOL.17] navi STUDY 風営法「ダンス規制」が音楽文化に与える影響

[WINTER.2013 VOL.16] navi STUDY ACPCセミナー2012 グレッグ・パーロフ氏 講演会ダイジェスト

同じカテゴリーの記事

[SPRING.2017 VOL.33] TALKING BLUES

[SPRING.2017 VOL.33] MUST BOOK

[SPRING.2017 VOL.33] スタートした「障害者差別解消法」 同法が狙う「差別の解消」とは?

[SPRING.2017 VOL.33] チケット高額転売問題 対策が進むイギリスの現状

[WINTER.2017 VOL.32] TALKING BLUES

[WINTER.2017 VOL.32] MUST BOOK

[WINTER.2017 VOL.32] navi STUDY

[AUTUMN.2016 VOL.31] 世界が動き、私たちも動く

[AUTUMN.2016 VOL.31] 60年代ポップ少年

[AUTUMN.2016 VOL.31] 20周年を迎えたフジロックの進化、各地の新傾向フェス

もっと見る▶