会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

アンケートから読み取れる実情

昨年のACPC人材育成研修会でも重要なテーマとして採り上げられ、講演やディスカッションを通してその対策が急務であることが改めて明らかになった「アルバイト不足問題」。このたびACPCではその実情を把握するため、正会員社を対象にアンケートを実施し、25社より回答をいただきました。回答社の80%がアルバイト不足を感じており、問題の深刻さが窺えます。このテーマは今後も継続して調査・対策に取り組んでいきます。

「アルバイト不足」に対する全体の回答数

常に不足している…15社
時期によっては不足する…5社
不足は感じない…4社
その他(他社に依頼している)…1社

回答社の80%が「アルバイトが常に不足している」「時期によって不足する」と回答


同じカテゴリーの記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] チケット高額転売の法規制検討と民法改正の影響

[AUTUMN.2017 VOL.35] 全国会員社で行われている障害者対応の現状②

[SUMMER.2017 VOL.34] 改正民法、消費者に不利な契約は無効の恐れも

[SUMMER.2017 VOL.34] 全国会員社で行われている障害者対応の現状

[SPRING.2017 VOL.33] 新規加盟社紹介

[SPRING.2017 VOL.33] 関岡裕史新任理事(キョードー大阪)、 就任のコメント

[SPRING.2017 VOL.33] コンサートでの迷惑行為に業務妨害の容疑

[SPRING.2017 VOL.33] 会場不足でライブ市場規模が2.7%マイナスに

[WINTER.2017 VOL.32] 新規加盟社紹介

[AUTUMN.2016 VOL.31] 新規加盟社紹介

もっと見る▶