会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

クラス・メディアだからできる番組 ローカル・メディアだからできるイベント

撮影:宇都宮輝

「ターゲットの年齢層が違うFM COCOLOとFM802、その棲み分けがより重要になってきています」(栗花落)
「ラジオが棲み分けをしているとするなら、コンサートの運営も2ウェイ、3ウェイで考える必要があります」(中西)

1960年代から大阪で独特の音楽シーンが発展してきた背景には、常に「ラジオとイベント」という両輪がありました。ラジオ大阪を経て、FM802の開局に参加し、数々の音楽番組と「JAM JAMスーパーロックフェスティバル」「ミート・ザ・ワールド・ビート」などのイベントに携わってきたFM802代表取締役社長の栗花落 光さんは、まさに関西音楽シーンのキーパーソンであり、エリアを越えて業界関係者やアーティスト達から信頼され続けています。2 0 1 2 年より運営を開始したFMCOCOLOを含め、ラジオを「ローカル・メディア」「クラス・メディア」と位置づける栗花落さんと中西健夫ACPC会長が、ラジオ局とコンサートプロモーターに共通する課題を語り合いました。

公開放送、深夜放送 ラジオとリスナーの絆

中西:栗花落さんと初めてお会いしたのは、学生時代でした。大学4年生の頃にバンドをやっておりまして、OBC(ラジオ大阪)で演奏したりしていたんですけれど……後に当時のことをお話ししたら、栗花落さんは全く憶えていませんでした(笑)。

栗花落:当時はオーディション番組がいくつかあって、ラジオ大阪はニッポン放送のネットワーク局でしたから、「ライオン・フォーク・ビレッジ」の関西、四国、中国地区のオーディションをやっていて、僕が担当していた頃のお話だと思うんです。でも、当時のことをバンドのメンバーだった方々に「憶えていますか?」と言われて、申し訳ないことに憶えていないことが多いんですよ(笑)。

中西:憶えていなくて当然ですよ、40年近く前のことですから(笑)。僕らは京都のバンドでしたが、KBS京都というラジオ局のプロデューサーの方が、いたく我々のバンドを気に入ってくださって、番組に半レギュラーのようなペースで出演していたんです。それだけではなく「あそこにピザの店ができたから、演奏してこいよ」とか、営業の仕事もたくさん回してくれて、お陰で食いつなげたようなものでした。

栗花落:KBS京都がまだ近畿放送だった頃ですね。
当時は関西のラジオ局にも、バンドが出演できるオーディション番組や公開放送、公開録音がたくさんありました。各地のラジオ局を通じて、様々なアーティストがデビューしていったんです。若い才能をピックアップする力がラジオ局にはありましたし、特に深夜放送はサブカルチャーを生み出す場になっていたと思います。関西で言えば、その象徴がザ・フォーク・クルセダーズの「帰って来たヨッパライ」でした(ラジオ関西でオンエアされたことをきっかけに、1967年から68年にかけて大ヒット)。

中西:今だったら音楽ファン同士がSNSでつながっていますよね。僕らが大学生だった時代は、それぞれが地元のラジオ局とつながっていたんです。ラジオは聴く側からすれば、自分に向けて放送されていると思えるというか、マン・トゥ・マンだと感じることができるメディアじゃないですか。だから真剣に聴くし、音楽も深く解釈しようとするんですよ。特に公開放送、ライブでアーティストがうたっているのを聴くときは、歌詞の言葉ひとつでも聴き逃したくないと思ってラジオに向かっていたような気がするんです。昔はエアチェックもできなかったですからね。YouTubeで動画を観る感覚とは全然違っていたでしょう。

栗花落:そうですね。

中西:その瞬間しかないんですよ。だから聴く側の緊張感が違いました。


関連記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.20 湯川れい子 音楽評論家・作詞家

[SUMMER.2017 VOL.34] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.19 平田竹男 内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局長

[WINTER.2017 VOL.32] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.17 川淵三郎(一般社団法人 日本トップリーグ連携機構代表理事 会長)

[AUTUMN.2016 VOL.31] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.16 松田誠(一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会代表理事/株式会社ネルケプランニング代表取締役会長)

[SUMMER.2016 VOL.30] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.15 斉藤正明(一般社団法人日本レコード協会会長/株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント代表取締役社長)

[SPRING.2016 VOL.29] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.14 楠本修二郎(カフェ・カンパニー株式会社 代表取締役社長)

[WINTER.2016 VOL.28] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.13 門池三則(一般社団法人日本音楽制作者連盟理事長/株式会社バッド・ミュージック代表取締役社長)

[AUTUMN.2015 VOL.27] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.12 岸谷 香(シンガー・ソングライター/元プリンセス プリンセス ヴォーカル)

[SUMMER.2015 VOL.26] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.11 朝妻一郎(一般社団法人日本音楽出版社協会顧問/株式会社フジパシフィックミュージック代表取締役会長)

[SPRING.2015 VOL.25] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.10 相馬信之(一般社団法人日本音楽制作者連盟理事/株式会社アミューズ常務取締役/株式会社A-Sketch代表取締役社長/株式会社TOKYO FANTASY代表取締役社長)

[WINTER.2015 VOL.24] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.09 堀 義貴(一般社団法人日本音楽事業者協会会長/株式会社ホリプロ代表取締役社長)

[AUTUMN.2014 VOL.23] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.08 加藤友康(カトープレジャーグループ代表取締役兼CEO)

[SPRING.2014 VOL.22] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.07 亀田誠治(音楽プロデューサー/ベーシスト)

[WINTER.2014 VOL.21] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.06 大石征裕(日本音楽制作者連盟 理事長)

[AUTUMN.2013 VOL.20] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.05 為末 大(元プロ陸上選手)

[SUMMER.2013 VOL.19] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.04 紫舟(書家)

[SPRING.2013 VOL.18] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.03 加藤裕一(株式会社レコチョク 代表執行役社長)

[SPRING.2013 VOL.17] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.02 中西大介(日本プロサッカーリーグ理事)

[WINTER.2013 VOL.16] 中西健夫ACPC会長連載対談 vol.01 ゲスト 尾木徹(日本音楽事業者協会 会長)

同じカテゴリーの記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.20 湯川れい子 音楽評論家・作詞家

[SUMMER.2017 VOL.34] 音制連・ACPC共同企画/特別鼎談 チケット高額転売問題、立法化へ向けた第一歩

[SUMMER.2017 VOL.34] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.19 平田竹男 内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局長

[WINTER.2017 VOL.32] チケット高額転売問題の「根本」と「最新」

[WINTER.2017 VOL.32] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.17 川淵三郎(一般社団法人 日本トップリーグ連携機構代表理事 会長)

[AUTUMN.2016 VOL.31] チケット不正売買〜業界が起こしたアクションと今後の選択肢

[AUTUMN.2016 VOL.31] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.16 松田誠(一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会代表理事/株式会社ネルケプランニング代表取締役会長)

[SUMMER.2016 VOL.30] ライブハウス コミッション設立の目的そして、その先に広がる夜間市場

[SUMMER.2016 VOL.30] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.15 斉藤正明(一般社団法人日本レコード協会会長/株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント代表取締役社長)

[SPRING.2016 VOL.29] 平成27年度 ACPC人材育成研修会開催報告 2月1日 熱海シーサイドスパ&リゾート

もっと見る▶