会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

産業構造の大きな転換で近づいた音楽とスポーツのビジネスモデル

撮影: 宇都宮輝

「東京オリンピック・パラリンピックのレガシーは、音楽で支える部分も多くなってきています」(平田)「今だからこそ、僕らも同じ思いをスポーツ界と共有できると思います」(中西)

本誌VOL.21のACPC団体設立25周年を記念した鼎談企画で、永田友純さん(2001年から2008年まで会長、現・監事)が、88年の設立から2年の早さで社団法人化を果たした経緯を振り返り、「何より当時の通産省の課長補佐だった平田竹男さんのお陰です」と語っています。平田さんは当時、Jリーグの発足やW杯の招致にも深く関わっており、退官後は日本サッカー協会の専務理事に。以降も様々な立場で日本のスポーツ界の発展に寄与されてきましたが、2013年からは内閣官房参与、内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局長に就任。2020年に向けた準備や運営に関する施策を推進するだけではなく、2020年以降も見据えて、次世代に誇れるレガシーの創出に取り組む文化プログラムを「beyond2020プログラム」として認証し、ロゴマーク(左の写真のバックに写っているロゴ)を付与するプロジェクトも行っています。レガシーという言葉に代表される会場問題は、まさにACPCとも共通のテーマ。ACPCは来年で団体設立30周年を迎えますが、このタイミングだからこそ見えてきたスポーツとライブ・エンタテインメントの未来を中西健夫ACPC会長と語り合っていただきました。

ACPC設立時の「産業」としてのコンサート

中西:平田さんとACPCの歴史は設立までさかのぼります。通産省(現・経済産業省)にいらした時に、ACPCの社団法人化にも深く関わっていただきました。

平田:何か戦前の話のような気がしますね(笑)。80年代の終わりにACPCの皆さんと初めてお会いをして、社団法人化が90年ですか……僕が91年のJリーグの設立を目指していた頃でしたね。当時は貿易摩擦が激しくて、日本でものをつくって輸出するという体系がなかなか難しくなってきた時代で、輸出を前提とした製造業から、国内向けのサービス産業へと向かう流れが生まれつつあったんです。当時の通産省の政策には「ゆとりと豊かさ」というテーマもありましたので、サービス産業の中でも音楽コンテンツやスポーツビジネスなど、やわらかいジャンルの業種も視野に入ったのだと思います。まあ、当時は「コンテンツ」という言葉はなかったですし、スポーツをビジネスに結びつけると怒られた時代でした。

中西:スポーツは教育の枠組の中にありましたからね。

平田:まさにそうでした(笑)。また、消費税の導入(89年)についても、サービス産業はどのように位置づけるか議論がありました。当時は通産省にサービス産業を担当する課はなかったんですが、とにかく日本のサービス産業をどうしていくべきかということで、担当者として送り込まれたのが僕だったんです。

中西:我々の業界側からすると、まだ産業として成熟はしていない段階でしたが、成長の過程にはあったというか、状況が良くなってきたという実感はあった時代だと思います。とはいえ、サンデーフォークプロモーションの井上さん( 故・井上隆司さん/ 9 1 年から9 4 年までACPC理事長)をはじめ、社団法人化を進めた中心メンバーは、省庁の方と対峙するのはほとんど初体験だったわけですよ。行政や政治の世界からは遠いところで仕事をしてきたわけですから。

平田:憶えているのは、井上さんが「この業界の人間と会ってくれる役所の方は、本当に平田さんが初めてなんです」とおっしゃって……当時は正直、本当かなあと思っていました。

中西:いや、本当だと思います(笑)。

平田:それと井上さんと最初に会った時に、「死んだ父親が喜んでくれる」とおっしゃったんです。お父様は検察の方だったそうですが、自分がコンサートの道に進むのを反対されたと。それが「役所の方に相手にされるようになって、父親は絶対に喜んでくれていると思う」という話をされていましたね。

中西:僕らにとって井上さんはとても大きな存在でした。あまりにも早くお亡くなりになって、本当に残念でなりません。

平田:当時に比べて、ライブ・エンタテインメントはスーパー・メジャーになりましたよね。昔はCDを売ることが第一で、次に放送があって、その次にライブという順番だったような気がします。ライブは儲からなくていいんだと皆さんがおっしゃっていましたし。

中西:CDを売るためのプロモーション・ツールでしたね。

平田:今はライブで利益を上げる、ここが勝負なんだという感じに変わったと思います。楽曲をインターネットなどで紹介することは、むしろライブの宣伝ツールになり、産業構造が大きく変わったんですよ。これはもうコンサートプロモーターこそが、聴衆と音楽をつなぐ存在になったということだと思います。

中西:一方で現在はかなりボーダレスになってきていて、プロモーターもプロダクション業務を手がけていますし、制作会社としての側面もあります。さらにいえば音楽以外のエンタテインメントも手がけている。プロモーターだけではなく、レコード会社もプロダクションも「総合エンタテインメント企業」の形を目指し始めている。ですから、混沌とした状態ともいえるんです。


関連記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.20 湯川れい子 音楽評論家・作詞家

[SPRING.2017 VOL.33] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.18 栗花落 光(株式会社FM802 代表取締役社長)

[WINTER.2017 VOL.32] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.17 川淵三郎(一般社団法人 日本トップリーグ連携機構代表理事 会長)

[AUTUMN.2016 VOL.31] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.16 松田誠(一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会代表理事/株式会社ネルケプランニング代表取締役会長)

[SUMMER.2016 VOL.30] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.15 斉藤正明(一般社団法人日本レコード協会会長/株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント代表取締役社長)

[SPRING.2016 VOL.29] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.14 楠本修二郎(カフェ・カンパニー株式会社 代表取締役社長)

[WINTER.2016 VOL.28] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.13 門池三則(一般社団法人日本音楽制作者連盟理事長/株式会社バッド・ミュージック代表取締役社長)

[AUTUMN.2015 VOL.27] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.12 岸谷 香(シンガー・ソングライター/元プリンセス プリンセス ヴォーカル)

[SUMMER.2015 VOL.26] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.11 朝妻一郎(一般社団法人日本音楽出版社協会顧問/株式会社フジパシフィックミュージック代表取締役会長)

[SPRING.2015 VOL.25] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.10 相馬信之(一般社団法人日本音楽制作者連盟理事/株式会社アミューズ常務取締役/株式会社A-Sketch代表取締役社長/株式会社TOKYO FANTASY代表取締役社長)

[WINTER.2015 VOL.24] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.09 堀 義貴(一般社団法人日本音楽事業者協会会長/株式会社ホリプロ代表取締役社長)

[AUTUMN.2014 VOL.23] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.08 加藤友康(カトープレジャーグループ代表取締役兼CEO)

[SPRING.2014 VOL.22] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.07 亀田誠治(音楽プロデューサー/ベーシスト)

[WINTER.2014 VOL.21] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.06 大石征裕(日本音楽制作者連盟 理事長)

[AUTUMN.2013 VOL.20] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.05 為末 大(元プロ陸上選手)

[SUMMER.2013 VOL.19] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.04 紫舟(書家)

[SPRING.2013 VOL.18] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.03 加藤裕一(株式会社レコチョク 代表執行役社長)

[SPRING.2013 VOL.17] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.02 中西大介(日本プロサッカーリーグ理事)

[WINTER.2013 VOL.16] 中西健夫ACPC会長連載対談 vol.01 ゲスト 尾木徹(日本音楽事業者協会 会長)

同じカテゴリーの記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.20 湯川れい子 音楽評論家・作詞家

[SUMMER.2017 VOL.34] 音制連・ACPC共同企画/特別鼎談 チケット高額転売問題、立法化へ向けた第一歩

[SPRING.2017 VOL.33] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.18 栗花落 光(株式会社FM802 代表取締役社長)

[WINTER.2017 VOL.32] チケット高額転売問題の「根本」と「最新」

[WINTER.2017 VOL.32] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.17 川淵三郎(一般社団法人 日本トップリーグ連携機構代表理事 会長)

[AUTUMN.2016 VOL.31] チケット不正売買〜業界が起こしたアクションと今後の選択肢

[AUTUMN.2016 VOL.31] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.16 松田誠(一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会代表理事/株式会社ネルケプランニング代表取締役会長)

[SUMMER.2016 VOL.30] ライブハウス コミッション設立の目的そして、その先に広がる夜間市場

[SUMMER.2016 VOL.30] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.15 斉藤正明(一般社団法人日本レコード協会会長/株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント代表取締役社長)

[SPRING.2016 VOL.29] 平成27年度 ACPC人材育成研修会開催報告 2月1日 熱海シーサイドスパ&リゾート

もっと見る▶