会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

昨年4月1日の「障害者差別解消法」施行により、〈障害者に対する不当な差別的取り扱い〉が禁止され、〈負担が重すぎない範囲での合理的配慮〉が努力義務と定められました。これはACPC人材育成研修会でも重要なテーマとなり、前号では同法施行の背景とその狙いをレポート。今号では障害者対応の実情を把握するため、ACPC正会員にアンケートをお願いし、21社よりご回答をいただきました。結果、障害者の方々にライブ・エンタテインメントを楽しんでいただけるように、会員社の皆様が細かな配慮をしている一方で、多様化するご要望や、公演ごと・会場ごとに異なる条件下での対応に苦慮されている状況が改めて明らかになりました。


同じカテゴリーの記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] チケット高額転売の法規制検討と民法改正の影響

[AUTUMN.2017 VOL.35] 全国会員社で行われている障害者対応の現状②

[SUMMER.2017 VOL.34] 改正民法、消費者に不利な契約は無効の恐れも

[SPRING.2017 VOL.33] 新規加盟社紹介

[SPRING.2017 VOL.33] 関岡裕史新任理事(キョードー大阪)、 就任のコメント

[SPRING.2017 VOL.33] コンサートでの迷惑行為に業務妨害の容疑

[SPRING.2017 VOL.33] 会場不足でライブ市場規模が2.7%マイナスに

[SPRING.2017 VOL.33] 全国の会員社で不足するアルバイト

[WINTER.2017 VOL.32] 新規加盟社紹介

[AUTUMN.2016 VOL.31] 新規加盟社紹介

もっと見る▶