会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

撮影:小松陽祐

4つの賛同団体(日本音楽制作者連盟、日本音楽事業者協会、ACPC、コンピュータ・チケッティング協議会)、アーティスト、フェスなどの音楽イベントの連名による意見広告( 昨年8月掲載)の効果もあり、広く一般に認知されたチケット高額転売問題。今年4月21日には、この問題をテーマにしたライブ・エンタテインメント議員連盟(以下、議連)の記者会見も行われ、6月1日には、公式チケットトレードリセール「チケトレ」のサイトが正式オープン。次はいよいよ法整備へ̶̶。議連の事務局長を務める山下議員、音制連の野村理事、ACPCの中西会長がこれまでの経緯と立法化へ向けた展望を語り合いました。


同じカテゴリーの記事

[SPRING.2018 VOL.37] お客様への対応、会場運営のクオリティに直結するライブ・エンタテインメントの現場の労働力不足

[SPRING.2018 VOL.37] #高額転売NOを伝えていくために

[WINTER.2018 VOL.36] Sapporo Creative Convention「No Maps」 開催の目的とプロモーターの役割

[WINTER.2018 VOL.36] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 21 桑波田景信(一般社団法人日本音楽出版社協会会長)

[AUTUMN.2017 VOL.35] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.20 湯川れい子 音楽評論家・作詞家

[SUMMER.2017 VOL.34] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.19 平田竹男 内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局長

[SPRING.2017 VOL.33] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.18 栗花落 光(株式会社FM802 代表取締役社長)

[WINTER.2017 VOL.32] チケット高額転売問題の「根本」と「最新」

[WINTER.2017 VOL.32] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.17 川淵三郎(一般社団法人 日本トップリーグ連携機構代表理事 会長)

[AUTUMN.2016 VOL.31] チケット不正売買〜業界が起こしたアクションと今後の選択肢

もっと見る▶