会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

意見広告への反響

-まずは「チケトレ」オープンに至る経緯からお聞かせください。

中西:意見広告によって、チケット高額転売問題は色々なメディアでも取り上げられるようになり、日頃ライブ・エンタテインメントを楽しんでくださっている方々からも幅広い意見が寄せられるようになりました。それらの声を、是非も含めて受け止めた上で、やはりどうしても現状を見過ごすことはできない、我々自身も変わっていかなければいけないことが明確になってきて、まだまだ完璧ではありませんが、「チケトレ」のスタートにつながったと思います。

野村:この問題に取り組むにあたって、3つのテーマを掲げました。1つは啓発活動。チケットの高額転売によって、アーティストやライブの主催者、エンタテインメントに携わっている人々みんなが本当に大きなダメージを受けているんだと知ってもらう活動です。高額で転売されているチケットは買ってほしくないし、もちろん出品もしてほしくない。それを徹底的に知ってもらうことが大事でしたが、これは意見広告によって、かなり浸透させることができたと思います。

-確かに啓発活動として大きな成果を得られたと思います。

野村:次はやむを得ない理由で 会場に足を運べなくなった方々への対策。公式のリセールの環境はなかったわけですが、購入いただいた方がそのチケットを無駄にしないように、どなたかに譲れるプラットフォームは必要だったわけです。これについては公式の「チケトレ」の運用がスタートしたことで、対策の第一歩が踏み出せたと思います。
最後のテーマは、チケットの高額転売を取り締まる法律がないことですが、現在まさにこのような形で立法化へ向けた動きを国会議員の先生方に働きかけているところです。


同じカテゴリーの記事

[AUTUMN.2019 VOL.43] 新日本プロレス、業績「V字回復」の秘密

[AUTUMN.2019 VOL.43] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 26 村井満(日本プロサッカーリーグ理事長/Jリーグチェアマン)高木美香(経済産業省コンテンツ産業課長)

[SUMMER.2019 VOL.42] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 25 野村達矢(一般社団法人 日本音楽制作者連盟理事長/株式会社ヒップランドミュージックコーポレーション代表取締役社長)

[SPRING.2019 VOL.41] チケット不正転売禁止法」が成立した日本の現状を世界のライブ関係者が出席した「ILMC31」でプレゼンテーション

[SPRING.2019 VOL.41] ライブ・エンタテインメントの明日を拓く会

[SPRING.2019 VOL.41] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 24 石破茂(自由民主党衆議院議員/ライブ・エンタテインメント議員連盟会長)

[WINTER.2019 VOL.40] 超党派議連で法案成立の報告会開催
多くの議員が「法律の実効性が重要」と発言

[WINTER.2019 VOL.40] 平成30年度 ACPC人材育成研修会開催報告

[WINTER.2019 VOL.40] A.C.P.C. 30th ANNIVERSARY PARTY

[WINTER.2019 VOL.40] 東條岳弁護士がレクチャー/「チケット高額転売規制法」の活かし方、広め方

もっと見る▶