会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

2020年を前に

山下:それともう1つは、東京オリンピック・パラリンピックです。例えば、もし転売サイトで開会式のチケットが正規の価格の20倍で売られているようなことがあったら、どうでしょうか。高額転売の問題が日本国民だけではなく、世界中からオリンピック・パラリンピックを見に来られるお客様に影響を与えることになってしまう。オリンピック・パラリンピックでダフ屋が儲けるようなことがあってはいけないんです。それだけで東京での開催は失敗だと評価されてしまうと思います。

中西:高額転売は今や音楽業界だけの問題ではありません。スポーツや演劇、ミュージカルなども含めて、人気のあるコンテンツはすべて転売の対象になっています。


同じカテゴリーの記事

[AUTUMN.2019 VOL.43] 新日本プロレス、業績「V字回復」の秘密

[AUTUMN.2019 VOL.43] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 26 村井満(日本プロサッカーリーグ理事長/Jリーグチェアマン)高木美香(経済産業省コンテンツ産業課長)

[SUMMER.2019 VOL.42] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 25 野村達矢(一般社団法人 日本音楽制作者連盟理事長/株式会社ヒップランドミュージックコーポレーション代表取締役社長)

[SPRING.2019 VOL.41] チケット不正転売禁止法」が成立した日本の現状を世界のライブ関係者が出席した「ILMC31」でプレゼンテーション

[SPRING.2019 VOL.41] ライブ・エンタテインメントの明日を拓く会

[SPRING.2019 VOL.41] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 24 石破茂(自由民主党衆議院議員/ライブ・エンタテインメント議員連盟会長)

[WINTER.2019 VOL.40] 超党派議連で法案成立の報告会開催
多くの議員が「法律の実効性が重要」と発言

[WINTER.2019 VOL.40] 平成30年度 ACPC人材育成研修会開催報告

[WINTER.2019 VOL.40] A.C.P.C. 30th ANNIVERSARY PARTY

[WINTER.2019 VOL.40] 東條岳弁護士がレクチャー/「チケット高額転売規制法」の活かし方、広め方

もっと見る▶