会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

誰かの心に寄り添う 自分の潜在意識を見つめる

芸術が人の心をとらえ、必要とされる時 文化が国境を越え、受け入れられる瞬間

撮影:宇都宮輝(鋤田事務所)

「震災から1週間後、みんなの心を一つにすれば、必ずや成し遂げられるという思いで『日本一心』と書きました」

ここ数年で掲載された、コンサートを告知する広告のうち、最もインパクトがあり、人々の心に残っているものはどれでしょうか? 様々な意見があるとは思いますが、2011年7月COMPLEX東京ドーム再結成コンサートを電撃的に伝えた、4月28日の新聞広告を挙げる音楽ファンは多いはずです。そして、この広告が多くの人の気持ちをとらえた理由は、東日本大震災からの復興支援を目的としたものだったからだけではなく、紙面の中心に大きくレイアウトされた「日本一心」の書にあったことは間違いありません。
中西健夫ACPC会長の連載対談、第4回のゲストは、この作品の生みの親である書家・紫舟(ししゅう)さんです。日本の伝統的な芸術の担い手でありつつ、海外からも注目を集める紫舟さんに、中西会長との交流から、世界の中での日本文化の存在感まで、ご自身のアトリエで語っていただきました。

中西:もともと紫舟さんは、某企業の方にご紹介していただいて、その後も何度か同席する機会がありましたが、最初にお会いしたのは紫舟さんがNHKの大河ドラマ『龍馬伝』の題字を書く前でしたよね。

紫舟:『龍馬伝』が2010年でしたので、初めてお会いしたのは2009年だったと思います。中西さんは交友関係が広いので、色々なお友達をご紹介いただいたり、私の友達も紹介させていただいたり。中西さんの素敵なところは、交友関係を丸ごと大切にしてくださる大きくてあたたかなところです。例えば、私の友人がオーナーシェフをしているお店で集まった後も、そのお店をずっと使ってくださったり、私の友達がサッカー好きだと知るとチケットを用意してくださったり。みんなを気にかけ大切にしてくださるところをとても尊敬しています。

中西:それは紫舟さんの友達の選び方がいいからです。友達を社会的な地位とか、有名かどうかで選んでないことが伝わってきますから。僕は偉い人やプライドの高い人が集まる席が苦手なんですが、紫舟さんの仲間の輪には、気楽に入っていけるんですよ。でも、紫舟さん、人を紹介してくれる時、あまり詳しく説明しないですよね。どういう方かよく分からないまま、お会いするケースが多くて(笑)。

紫舟:中西さんは心療内科医のような方です。心を開いて接してくださるので、私や私の友人までもすぐに心を開いてしまいます。中西さんに相談してみよう、話を聞いてもらおうという人は、たくさんいるのではないでしょうか。

中西:僕はお酒の席で、誰かが一生懸命に語っているのを聞くのが、単に好きなだけですよ。というとお酒を飲んでばかりいるみたいになっちゃうので、真面目な話をすると、僕が紫舟さんにお会いすることによって、自分の中にも少しはあるだろうと思っている、芸術に対する感覚や感性が触発されるのがうれしいんです。作品を拝見しても、言葉の選び方や色使いまで、「ああ、なるほど」と共感できる。例えば朝日新聞に連載された『いい名』でも、使われている漢字の意味や名づけられた時の由来まで、ちゃんとその思いに寄り添って書にしていることが分かるんです。

紫舟:ご両親やご家族がそれぞれ異なる思いで名前をつけて、ご本人もそれを受けて、こんな風に生きようと自分だけの夢を持つわけですから、彼らの思いに寄り添うと、確かに書もすべて違う書体になっていきます。『いい名』だけではなく、どなたかに贈るために作品制作をする際は、お相手の情報をできるだけ集めますし、お話を聞くことに時間も費やして、その思いにできるだけ寄り添うことを心がけています。
展覧会に出す自身の作品の場合は、自分の心の深い部分、潜在意識のようなところにあるものをしっかり見つめて、自分自身の心に作品を近づけます。寄り添う対象は変わりますが、普段は感じない深い部分の思いを汲んで作品にするという意味では、制作過程は同じかもしれません。


関連記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.20 湯川れい子 音楽評論家・作詞家

[SUMMER.2017 VOL.34] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.19 平田竹男 内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局長

[SPRING.2017 VOL.33] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.18 栗花落 光(株式会社FM802 代表取締役社長)

[WINTER.2017 VOL.32] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.17 川淵三郎(一般社団法人 日本トップリーグ連携機構代表理事 会長)

[AUTUMN.2016 VOL.31] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.16 松田誠(一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会代表理事/株式会社ネルケプランニング代表取締役会長)

[SUMMER.2016 VOL.30] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.15 斉藤正明(一般社団法人日本レコード協会会長/株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント代表取締役社長)

[SPRING.2016 VOL.29] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.14 楠本修二郎(カフェ・カンパニー株式会社 代表取締役社長)

[WINTER.2016 VOL.28] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.13 門池三則(一般社団法人日本音楽制作者連盟理事長/株式会社バッド・ミュージック代表取締役社長)

[AUTUMN.2015 VOL.27] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.12 岸谷 香(シンガー・ソングライター/元プリンセス プリンセス ヴォーカル)

[SUMMER.2015 VOL.26] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.11 朝妻一郎(一般社団法人日本音楽出版社協会顧問/株式会社フジパシフィックミュージック代表取締役会長)

[SPRING.2015 VOL.25] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.10 相馬信之(一般社団法人日本音楽制作者連盟理事/株式会社アミューズ常務取締役/株式会社A-Sketch代表取締役社長/株式会社TOKYO FANTASY代表取締役社長)

[WINTER.2015 VOL.24] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.09 堀 義貴(一般社団法人日本音楽事業者協会会長/株式会社ホリプロ代表取締役社長)

[AUTUMN.2014 VOL.23] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.08 加藤友康(カトープレジャーグループ代表取締役兼CEO)

[SPRING.2014 VOL.22] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.07 亀田誠治(音楽プロデューサー/ベーシスト)

[WINTER.2014 VOL.21] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.06 大石征裕(日本音楽制作者連盟 理事長)

[AUTUMN.2013 VOL.20] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.05 為末 大(元プロ陸上選手)

[SPRING.2013 VOL.18] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.03 加藤裕一(株式会社レコチョク 代表執行役社長)

[SPRING.2013 VOL.17] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.02 中西大介(日本プロサッカーリーグ理事)

[WINTER.2013 VOL.16] 中西健夫ACPC会長連載対談 vol.01 ゲスト 尾木徹(日本音楽事業者協会 会長)

同じカテゴリーの記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.20 湯川れい子 音楽評論家・作詞家

[SUMMER.2017 VOL.34] 音制連・ACPC共同企画/特別鼎談 チケット高額転売問題、立法化へ向けた第一歩

[SUMMER.2017 VOL.34] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.19 平田竹男 内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局長

[SPRING.2017 VOL.33] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.18 栗花落 光(株式会社FM802 代表取締役社長)

[WINTER.2017 VOL.32] チケット高額転売問題の「根本」と「最新」

[WINTER.2017 VOL.32] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.17 川淵三郎(一般社団法人 日本トップリーグ連携機構代表理事 会長)

[AUTUMN.2016 VOL.31] チケット不正売買〜業界が起こしたアクションと今後の選択肢

[AUTUMN.2016 VOL.31] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.16 松田誠(一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会代表理事/株式会社ネルケプランニング代表取締役会長)

[SUMMER.2016 VOL.30] ライブハウス コミッション設立の目的そして、その先に広がる夜間市場

[SUMMER.2016 VOL.30] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.15 斉藤正明(一般社団法人日本レコード協会会長/株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント代表取締役社長)

もっと見る▶