会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

イラスト:小池アミイゴ

全国で開催されているフェス/イベントの中には、大規模型の「メガフェス」だけではなく、会場や運営方法、客層などで他との差別化を図った「個性派フェス」もあります。その代表例といえる「Slow Music Slow Live」(ホットスタッフ・プロモーション主催)、「TREASURE05X」(サンデーフォークプロモーション主催)が今年10周年を迎えました。対照的な特徴がある両フェスが、継続的な支持を得ている理由を探ります。

大人がリラックスできる上質な音楽と「和」のテイスト

「Slow Music Slow Live」(以下、SMSL)のタイトルは、伝統と自然を大切にする食文化「Slow Food」の考え方を音楽に当てはめて、上質の音楽をゆっくり楽しもうという願いを込めて付けられました。古き良き東京の風情を残す池上本門寺で開催され、大人の支持を集めている同フェスが、当初のコンセプトを守り続ける理由とは? ホットスタッフ・プロモーションのSMSL担当者、高木鉄平さんにお話を伺いました。

株式会社ホットスタッフ・プロモーション
営業制作部 石川純ルーム 高木鉄平

高木:SMSLが正式なスタートをした2004年当時(前年は台風で中止)、現在も続いている主なフェスは既に開催されていたので、後発として「とにかく他とは違うフェスを」と強く意識したそうです。具体的には、まず大人が楽しめるフェスをコンセプトにしました。弊社は本来、ロック色が強いプロモーターですが、そこから変えていこうと考えて、初回の出演者はジャズを中心としたラインアップになりました。その後、カフェ・ミュージックというジャンルを取り入れ始め、さらに最近はロック・ミュージシャンがアコースティックセットで演奏することもあります。

全体の雰囲気でいえば、池上本門寺という会場に合った、和のテイストにこだわり続けています。例えば物販で風鈴を売ったり、浴衣を着てきてくれたお客さんにはフルーツをプレゼントして、懐かしいお祭りや縁日のムードを演出しています。客席も全席指定で座って楽しめますし、「らくらくシート」という指定席では、通常のパイプ椅子ではなく、背もたれと肘掛けの付いた椅子とテーブルが用意されていますから、飲食をしながらゆっくりライブを楽しめます。飲食もカクテルがあったり、生野菜のバーニャ・カウダがあったり、少しでも上質なものを、リラックスした空間で楽しんでもらうことを心がけています。

10年続けることができた理由は、今ご説明したようなコンセプトを守り続けてきたことだと思います。SMSLは1日約2000のキャパシティですが、かなりのスペースを使う「らくらくシート」をやめれば、もっと動員を増やすこともできるんです。フードも原価がかからない、いわゆるジャンクフード的なものを出したほうが売れると思います。でも、そういった経済効率を優先させずに「Slow」に徹していることが、お客さんからも信頼していただけているのだと思います。

「Slow Music Slow Live」の会場は、夜間に一段とムードが高まる。今年は8月23、24、25日に開催。10周年ということで、らくらくシートや3日通し券の購入者に、これまでの歩みを記録した写真集が配られる。 撮影:三浦憲治


関連記事

[WINTER.2012 VOL.13] 年初対談特集 ライブ・エンタテインメント2011-2012

[AUTUMN.2011 VOL.12] ARABAKI ROCK FEST.11 レポート 8月27・28日 宮城県・エコキャンプみちのく

[AUTUMN.2011 VOL.12] 「アフター3. 11の夏フェス 主催・運営各社アンケート

[AUTUMN.2011 VOL.12] フェス白書2011 フェスの存在意義、ライブの力

[AUTUMN.2011 VOL.12] 「ライブ復興」へ着実な歩み

[SUMMER.2011 VOL.11] 「中止」ではなく「延期」・ARABAKI ROCK FEST.11

[AUTUMN.2010 VOL.8] フェス白書2010 これまでの10年、これからの10年

[AUTUMN.2009 VOL.4] フェス白書09 10年目のターニングポイント

[SUMMER.2008 VOL.1] フェス白書08

同じカテゴリーの記事

[AUTUMN.2019 VOL.43] 新日本プロレス、業績「V字回復」の秘密

[AUTUMN.2019 VOL.43] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 26 村井満(日本プロサッカーリーグ理事長/Jリーグチェアマン)高木美香(経済産業省コンテンツ産業課長)

[SUMMER.2019 VOL.42] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 25 野村達矢(一般社団法人 日本音楽制作者連盟理事長/株式会社ヒップランドミュージックコーポレーション代表取締役社長)

[SPRING.2019 VOL.41] チケット不正転売禁止法」が成立した日本の現状を世界のライブ関係者が出席した「ILMC31」でプレゼンテーション

[SPRING.2019 VOL.41] ライブ・エンタテインメントの明日を拓く会

[SPRING.2019 VOL.41] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 24 石破茂(自由民主党衆議院議員/ライブ・エンタテインメント議員連盟会長)

[WINTER.2019 VOL.40] 超党派議連で法案成立の報告会開催
多くの議員が「法律の実効性が重要」と発言

[WINTER.2019 VOL.40] 平成30年度 ACPC人材育成研修会開催報告

[WINTER.2019 VOL.40] A.C.P.C. 30th ANNIVERSARY PARTY

[WINTER.2019 VOL.40] 東條岳弁護士がレクチャー/「チケット高額転売規制法」の活かし方、広め方

もっと見る▶