会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ロックシーンを牽引する「ライブサーキット型フェス」

TREASURE05X」は、サンデーフォークプロモーションが開催していた不定期イベント「TREASURE MAP」が発展する形でスタートしました。定例化したのは2004年、当初のタイトルは「TREASURE052」。「052」とは名古屋市の市外局番を示しますが、06年に豊田スタジアムを会場に使用したことを機に、現在のタイトルに。その最大の特徴は、ライブハウスを中心に数カ所をサーキット(出演者は会場ごとに変更)した後、最終日に大会場(現在は蒲郡ラグーナビーチ)でフィナーレを迎える「ライブサーキット型フェス」であること。この形態を10年間維持してきたねらいを、同社の間瀬光太郎さんに伺いました。

株式会社サンデーフォークプロモーション
コンサート本部第3制作部 部長 間瀬光太郎

間瀬:この形態を続けているのは、少しでも多くのアーティストをステージに立たせてあげたいという、単純な思いからなんです。通常のフェスであれば出演者の数は限られていて、特に新人アーティスト中心のオープニングアクトは、狭き門になってしまうじゃないですか。「TREASURE05X」は、今年もライブハウスが4カ所5公演、通し券の対象外が3公演、蒲郡ラグーナビーチを含めて全9公演ありますから、100組弱のバンドやアーティストを紹介できます。

音楽ジャンルでいえば、ロック、ラウド、メロコア、パンクなどがメインで、会場もライブハウスが多いこともあって、観客層は若いです。最終日のラグーナビーチも近くに遊園地があったり、もともと海沿いで砂浜が広がっている場所なので、若者がグループで遊びにきやすいエリアなんです。ラグーナビーチのキャパシティは、現段階で1万1000〜2000ですが、今年初めて完売できましたので、来年以降、可能ならもう少し増やせればと思っています。

ラウド系のロックは、決して主流ではないかもしれないですが、そういう音楽を提供するフェスも突き詰めてやっていけば、カラーを確立することができると考えていました。もちろん、「TREASURE05X」の影響だけではありませんが、最近の東海地区のインディーズシーンは盛り上がってきています。もともと名古屋はロックが弱いといわれていたんですが、他にイベントも増えてきたり、個々のライブの動員も上がってきています。そういった流れを絶やさないためにも、このフェスは続けていきたいですね。

若いパワーに溢れる「TREASURE05X」の最終日、蒲郡ラグーナビーチでの公演。今年は8月31日開催。それまでの9~23日の期間に続けられるライブサーキットを含めた通し券は「TREASURE HUNTING TICKET」と名付けられている


関連記事

[WINTER.2012 VOL.13] 年初対談特集 ライブ・エンタテインメント2011-2012

[AUTUMN.2011 VOL.12] ARABAKI ROCK FEST.11 レポート 8月27・28日 宮城県・エコキャンプみちのく

[AUTUMN.2011 VOL.12] 「アフター3. 11の夏フェス 主催・運営各社アンケート

[AUTUMN.2011 VOL.12] フェス白書2011 フェスの存在意義、ライブの力

[AUTUMN.2011 VOL.12] 「ライブ復興」へ着実な歩み

[SUMMER.2011 VOL.11] 「中止」ではなく「延期」・ARABAKI ROCK FEST.11

[AUTUMN.2010 VOL.8] フェス白書2010 これまでの10年、これからの10年

[AUTUMN.2009 VOL.4] フェス白書09 10年目のターニングポイント

[SUMMER.2008 VOL.1] フェス白書08

同じカテゴリーの記事

[SPRING.2020 VOL.45] 3つのディスカッションから見えてきた、スポーツとエンタテインメントの接点

[SPRING.2020 VOL.45] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 28 大宮エリー(作家/画家)

[WINTER.2019 VOL.44] イギリスに学ぶ「ライブ・エンタテインメントへのアクセシビリティ向上」

[WINTER.2019 VOL.44] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 27 髙田旭人(株式会社ジャパネットホールディングス代表取締役社長 兼 CEO)

[AUTUMN.2019 VOL.43] 新日本プロレス、業績「V字回復」の秘密

[AUTUMN.2019 VOL.43] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 26 村井満(日本プロサッカーリーグ理事長/Jリーグチェアマン)高木美香(経済産業省コンテンツ産業課長)

[SUMMER.2019 VOL.42] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 25 野村達矢(一般社団法人 日本音楽制作者連盟理事長/株式会社ヒップランドミュージックコーポレーション代表取締役社長)

[SPRING.2019 VOL.41] チケット不正転売禁止法」が成立した日本の現状を世界のライブ関係者が出席した「ILMC31」でプレゼンテーション

[SPRING.2019 VOL.41] ライブ・エンタテインメントの明日を拓く会

[SPRING.2019 VOL.41] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 24 石破茂(自由民主党衆議院議員/ライブ・エンタテインメント議員連盟会長)

もっと見る▶