会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ACPCからのご報告、音楽業界のビジネス・ニュースをお伝えする情報アリーナ

7月17日、シンガー・ソングライターのさだまさしさんが、通算4000回目のソロ公演を日本武道館で開催しました。本会ではその偉業をお祝いし、全国のプロモーターからの敬意を表するものとして、さださんおよびファンの皆様へ感謝状をお贈りしました。さださんがたゆまぬコンサート活動で多くの音楽ファンに歌を届けられたこと、そしてファンの皆様に長年その活動を支援され続けていることは、ライブ・エンタテインメント産業にとっても大きな吉事です。今後もさださんのさらなるご活躍が望まれます。

左から中西健夫ACPC会長、さだまさしさん、倉田哲伸ACPC常務理事


同じカテゴリーの記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] チケット高額転売の法規制検討と民法改正の影響

[AUTUMN.2017 VOL.35] 全国会員社で行われている障害者対応の現状②

[SUMMER.2017 VOL.34] 改正民法、消費者に不利な契約は無効の恐れも

[SUMMER.2017 VOL.34] 全国会員社で行われている障害者対応の現状

[SPRING.2017 VOL.33] 新規加盟社紹介

[SPRING.2017 VOL.33] 関岡裕史新任理事(キョードー大阪)、 就任のコメント

[SPRING.2017 VOL.33] コンサートでの迷惑行為に業務妨害の容疑

[SPRING.2017 VOL.33] 会場不足でライブ市場規模が2.7%マイナスに

[SPRING.2017 VOL.33] 全国の会員社で不足するアルバイト

[WINTER.2017 VOL.32] 新規加盟社紹介

もっと見る▶