会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

長崎スタジアムシティプロジェクトのスタジアムづくり、街づくり

撮影:宇都宮輝

「スポーツから生まれる感動とビジネス的な成功は両立できます」(髙田)
「スタジアムやアリーナについての新しい発想をぜひ貫いてください」(中西)

通信販売事業で全国的にも知名度が高いジャパネットホールディングスが、創業の地であり、現在も本社を置く長崎にスタジアムを建設する構想が発表されました。同社は2017年にサッカーJ2のV・ファーレン長崎をグループ会社化。建設予定のスタジアムはクラブの本拠地になりますが、特筆すべきは建設予定地である長崎・幸町工場跡地に誕生するのがスタジアムだけではなく、アリーナ、ホテル、オフィス、商業施設なども併設した「長崎スタジアムシティ」であるという点です。同社はこのプロジェクトを中心にスポーツ・地域創生事業を担うグループ会社、リージョナルクリエーション長崎を2019年6月に設立しており、通信販売事業と並ぶ柱にするべくプロジェクトの成功を目指しています。中西健夫ACPC会長は、これまでの連載対談でも「これからのスタジアムづくりは、スタジアム建設だけでなく、街づくりも視野に入れるのが理想」という旨の発言をしていますが、長崎で動き出した一大事業はコンサートプロモーターにとっても理想のプロジェクトになる可能性を秘めています。ジャパネットホールディングスの髙田旭人代表取締役社長 兼 CEOをゲストにお招きし、詳しくプロジェクトの構想を伺いました。

スポーツの感動 ビジネスの成功

中西:僕はもともと、長崎という街に魅力を感じていたんです。今年のJ2のサッカーの開幕戦も、応援している横浜FCとV・ファーレン長崎の試合を、長崎開催という理由で観に行きました。残念ながら我がチームは負けましたが(笑)。そんな中で、いよいよ地元を盛り上げるための大きなプロジェクトに着手されるということで、髙田さんとも初めてお会いすることになって。

髙田:2019年6月のことでしたね。V・ファーレン長崎の試合があった時にお越しくださって、そのあとお食事もさせていただきました。以降、中西さんには本当に色々と相談に乗っていただいています。

中西:我々ACPCは全国に会員社がありまして、常に全国規模で物事を考えていく必要があるのですが、その一方で、会員社の売上全体の50%以上を関東圏だけで占めているという現実もあります。そうなるとアーティストにとっては首都圏を回っていれば利益が出ることになり、さらに関東圏ではアリーナの建設が進み環境も整ってくる。つまり、現実的には今後も首都圏中心にならざるを得ない流れがあるのですが、このままでいいのか?という根本的な問題を考えなくてはいけないのも事実です。

髙田:地方も含め、新しくつくられるスタジアムやアリーナ施設はどうあるべきか、音楽業界の皆さんは問題意識をお持ちで、スポーツ業界も同様です。それがECSAの設立につながったのだと思いますが、私達のような地方に拠点を持つ企業も、地域創生の観点から同じ問題意識を持っています。皆が同じ方向に向きはじめた今、共通の解決策が生まれるんじゃないかと予感していて、そういう仮説の上で中西さんともお話をすると、やはり同じ方向に進んでいることが実感できて、自分達のプロジェクトへの取り組みもよりスピードが上がる感覚があります。

中西:業界を越えた共通の問題意識がある一方で、感覚的な違いもやはりあります。スポーツの世界は体育教育に根ざした考え方がベースにあって、ショービジネス的な発想が出てくると嫌がる方も多いですよね。そこをなんとか変えていきたいと思っています。

髙田:確かにスポーツの世界では、経済的な合理性に照らし合わせることをネガティブに捉えがちで、変化を望まない傾向がありますね。スポーツから企業が収益を上げることに否定的な文化があるのは残念です。収益を得ることで持続性が出てきますし、地域の良さもきちんと伝えられて、地元に人を呼び込むことにもつながるわけですから、そこは変えていきたいと思っています。

中西:すごくよく分かります。企業として当たり前の姿勢のはずが、どこか悪みたいに思われてしまいますよね。理想を掲げるのはいいけれど、結局のところ、じゃあ誰が出資するんだという話になってしまいます。

髙田:私は、スポーツから生まれる感動とビジネス的な成功は絶対に両立できると信じています。自分達が正しいと思うことを追求するために、自治体にお金を出していただくわけにはいかないので、今回のプロジェクトは私達がリスクをとって出資することからスタートしたんです。

中西:パナソニックスタジアム吹田は企業がベースとなり、地域から寄付を募って建設されましたが、今回の長崎のような形は民間でも初めてだと思います。

髙田:今回のプロジェクトは「長崎スタジアムシティプロジェクト」と呼んでいますが、スタジアムを中心とした周辺の部分では、インフラ整備を含めて自治体といい形で情報共有をさせていただいていますし、それこそ中西さんをはじめ素晴らしい皆さんに応援していただいているので、責任の重さも感じています。


関連記事

[SPRING.2020 VOL.45] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 28 大宮エリー(作家/画家)

[AUTUMN.2019 VOL.43] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 26 村井満(日本プロサッカーリーグ理事長/Jリーグチェアマン)高木美香(経済産業省コンテンツ産業課長)

[SUMMER.2019 VOL.42] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 25 野村達矢(一般社団法人 日本音楽制作者連盟理事長/株式会社ヒップランドミュージックコーポレーション代表取締役社長)

[SPRING.2019 VOL.41] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 24 石破茂(自由民主党衆議院議員/ライブ・エンタテインメント議員連盟会長)

[AUTUMN.2018 VOL.39] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 23 後藤 豊(フォーライフミュージックエンタテイメント代表取締役社長)

[SUMMER.2018 VOL.38] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 22 梅澤高明(A.T. カーニー 日本法人会長)

[WINTER.2018 VOL.36] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 21 桑波田景信(一般社団法人日本音楽出版社協会会長)

[AUTUMN.2017 VOL.35] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.20 湯川れい子 音楽評論家・作詞家

[SUMMER.2017 VOL.34] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.19 平田竹男 内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局長

[SPRING.2017 VOL.33] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.18 栗花落 光(株式会社FM802 代表取締役社長)

[WINTER.2017 VOL.32] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.17 川淵三郎(一般社団法人 日本トップリーグ連携機構代表理事 会長)

[AUTUMN.2016 VOL.31] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.16 松田誠(一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会代表理事/株式会社ネルケプランニング代表取締役会長)

[SUMMER.2016 VOL.30] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.15 斉藤正明(一般社団法人日本レコード協会会長/株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント代表取締役社長)

[SPRING.2016 VOL.29] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.14 楠本修二郎(カフェ・カンパニー株式会社 代表取締役社長)

[WINTER.2016 VOL.28] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.13 門池三則(一般社団法人日本音楽制作者連盟理事長/株式会社バッド・ミュージック代表取締役社長)

[AUTUMN.2015 VOL.27] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.12 岸谷 香(シンガー・ソングライター/元プリンセス プリンセス ヴォーカル)

[SUMMER.2015 VOL.26] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.11 朝妻一郎(一般社団法人日本音楽出版社協会顧問/株式会社フジパシフィックミュージック代表取締役会長)

[SPRING.2015 VOL.25] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.10 相馬信之(一般社団法人日本音楽制作者連盟理事/株式会社アミューズ常務取締役/株式会社A-Sketch代表取締役社長/株式会社TOKYO FANTASY代表取締役社長)

[WINTER.2015 VOL.24] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.09 堀 義貴(一般社団法人日本音楽事業者協会会長/株式会社ホリプロ代表取締役社長)

[AUTUMN.2014 VOL.23] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.08 加藤友康(カトープレジャーグループ代表取締役兼CEO)

[SPRING.2014 VOL.22] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.07 亀田誠治(音楽プロデューサー/ベーシスト)

[WINTER.2014 VOL.21] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.06 大石征裕(日本音楽制作者連盟 理事長)

[AUTUMN.2013 VOL.20] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.05 為末 大(元プロ陸上選手)

[SUMMER.2013 VOL.19] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.04 紫舟(書家)

[SPRING.2013 VOL.18] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.03 加藤裕一(株式会社レコチョク 代表執行役社長)

[SPRING.2013 VOL.17] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.02 中西大介(日本プロサッカーリーグ理事)

[WINTER.2013 VOL.16] 中西健夫ACPC会長連載対談 vol.01 ゲスト 尾木徹(日本音楽事業者協会 会長)

同じカテゴリーの記事

[SPRING.2020 VOL.45] 3つのディスカッションから見えてきた、スポーツとエンタテインメントの接点

[SPRING.2020 VOL.45] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 28 大宮エリー(作家/画家)

[WINTER.2019 VOL.44] イギリスに学ぶ「ライブ・エンタテインメントへのアクセシビリティ向上」

[AUTUMN.2019 VOL.43] 新日本プロレス、業績「V字回復」の秘密

[AUTUMN.2019 VOL.43] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 26 村井満(日本プロサッカーリーグ理事長/Jリーグチェアマン)高木美香(経済産業省コンテンツ産業課長)

[SUMMER.2019 VOL.42] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 25 野村達矢(一般社団法人 日本音楽制作者連盟理事長/株式会社ヒップランドミュージックコーポレーション代表取締役社長)

[SPRING.2019 VOL.41] チケット不正転売禁止法」が成立した日本の現状を世界のライブ関係者が出席した「ILMC31」でプレゼンテーション

[SPRING.2019 VOL.41] ライブ・エンタテインメントの明日を拓く会

[SPRING.2019 VOL.41] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 24 石破茂(自由民主党衆議院議員/ライブ・エンタテインメント議員連盟会長)

[WINTER.2019 VOL.40] 超党派議連で法案成立の報告会開催
多くの議員が「法律の実効性が重要」と発言

もっと見る▶