会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ライブからスターを生み出しヒット曲をつくる

撮影: 宇都宮輝 撮影協力: code kurkku www.yoyogi-village.jp

「アーティストを育てるには、これからはまさにプロモーターの方々の力が重要です」(湯川)「ライブからスターが生まれるとするなら、ポイントは『声』だと思うんです」(中西)

ライブは「生もの」。実際に会場で体験した人でないと、その魅力を伝えることはできません。ライブ・エンタテインメントの歴史を語るにしても、ライブ体験をどれだけ積み重ねたかによって、言葉の説得力が大きく違ってきます。ポピュラー・ミュージックに触れるチャンスがジャズ喫茶など限られた場しかなかった時代から、ライブが音楽産業の中核に位置づけられるようになった現在に至るまで、会場へと足を運び、EDMや最新のアーティストの動向もチェックし続けている湯川れい子さんに、私達が学ぶべきことは多いはず。日本の音楽史を振り返るイベントをともにつくり上げたことから、深い交流が始まったという中西健夫ACPC会長が、湯川さんをゲストにお招きし、ご意見を伺う贅沢な時間を過ごしました。

日本の音楽史を振り返る意義ともにイベントを担った実感

湯川:中西さんには色々な形でお世話になっているんですが、私が日比谷野音90周年記念事業に関わった時(実行委員会委員長に就任)に、本当に大きな役割を担っていただいたんです。記念事業の一環として行われたイベントを担当してくださって、あの時は「こんな大変なことを、わざわざしてくださるなんて……」と感動しました。

中西:最終的に日本の音楽の歴史を振り返る一大イベント(2013年4月28日「日比谷野音空想旅団 ~そこに素晴らしき音楽があった~」)になりましたが、僕も企画を出したものの、あんなに大変なことになると思っていなかったんですよ(笑)。

湯川:小林武史さんと亀田誠治さんが企画から演奏まで全面的に参加してくださって、日本のライブの歴史を、戦前の黒船から始まってJ-POPにつながる壮大な再現イベントになりましたね。観ていて信じられないようなステージでした。

中西:歴史を振り返りながら演奏していくので、MCだけでも、どういう原稿にしようか考えて……小林さんや亀田さんは、一旦集中すると、こだわりがすごいですからね。まあ、100本分くらいのライブを一気にやった感じがしました(笑)。

湯川:本当に欲も得もなく、無料奉仕なのに全力投球で……通常のお仕事でもコンサートプロモーターはあそこまでやらないですよね。

中西:まあ、そうですね(笑)。企画・立案を含めてですから、ちょっと違います。プロデューサーにならなきゃいけないし、制作費のこともありますし。でも、あのイベントは、そもそも湯川先生が「野音の90周年にふさわしいライブをやりたい」とおっしゃったところから、すべてが始まっているわけですから。

湯川:100周年に向けた記念事業も、今度は亀田誠治さんが委員長になられて、これから進行するところなんですよね。日比谷公園全体を使って、東京から音楽を発信していけたら素晴らしいですね。それも中西さんあっての話だと思うので、改めてよろしくお願いいたします(笑)。


関連記事

[SUMMER.2017 VOL.34] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.19 平田竹男 内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局長

[SPRING.2017 VOL.33] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.18 栗花落 光(株式会社FM802 代表取締役社長)

[WINTER.2017 VOL.32] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.17 川淵三郎(一般社団法人 日本トップリーグ連携機構代表理事 会長)

[AUTUMN.2016 VOL.31] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.16 松田誠(一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会代表理事/株式会社ネルケプランニング代表取締役会長)

[SUMMER.2016 VOL.30] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.15 斉藤正明(一般社団法人日本レコード協会会長/株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント代表取締役社長)

[SPRING.2016 VOL.29] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.14 楠本修二郎(カフェ・カンパニー株式会社 代表取締役社長)

[WINTER.2016 VOL.28] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.13 門池三則(一般社団法人日本音楽制作者連盟理事長/株式会社バッド・ミュージック代表取締役社長)

[AUTUMN.2015 VOL.27] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.12 岸谷 香(シンガー・ソングライター/元プリンセス プリンセス ヴォーカル)

[SUMMER.2015 VOL.26] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.11 朝妻一郎(一般社団法人日本音楽出版社協会顧問/株式会社フジパシフィックミュージック代表取締役会長)

[SPRING.2015 VOL.25] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.10 相馬信之(一般社団法人日本音楽制作者連盟理事/株式会社アミューズ常務取締役/株式会社A-Sketch代表取締役社長/株式会社TOKYO FANTASY代表取締役社長)

[WINTER.2015 VOL.24] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.09 堀 義貴(一般社団法人日本音楽事業者協会会長/株式会社ホリプロ代表取締役社長)

[AUTUMN.2014 VOL.23] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.08 加藤友康(カトープレジャーグループ代表取締役兼CEO)

[SPRING.2014 VOL.22] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.07 亀田誠治(音楽プロデューサー/ベーシスト)

[WINTER.2014 VOL.21] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.06 大石征裕(日本音楽制作者連盟 理事長)

[AUTUMN.2013 VOL.20] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.05 為末 大(元プロ陸上選手)

[SUMMER.2013 VOL.19] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.04 紫舟(書家)

[SPRING.2013 VOL.18] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.03 加藤裕一(株式会社レコチョク 代表執行役社長)

[SPRING.2013 VOL.17] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.02 中西大介(日本プロサッカーリーグ理事)

[WINTER.2013 VOL.16] 中西健夫ACPC会長連載対談 vol.01 ゲスト 尾木徹(日本音楽事業者協会 会長)

同じカテゴリーの記事

[SUMMER.2017 VOL.34] 音制連・ACPC共同企画/特別鼎談 チケット高額転売問題、立法化へ向けた第一歩

[SUMMER.2017 VOL.34] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.19 平田竹男 内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局長

[SPRING.2017 VOL.33] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.18 栗花落 光(株式会社FM802 代表取締役社長)

[WINTER.2017 VOL.32] チケット高額転売問題の「根本」と「最新」

[WINTER.2017 VOL.32] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.17 川淵三郎(一般社団法人 日本トップリーグ連携機構代表理事 会長)

[AUTUMN.2016 VOL.31] チケット不正売買〜業界が起こしたアクションと今後の選択肢

[AUTUMN.2016 VOL.31] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.16 松田誠(一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会代表理事/株式会社ネルケプランニング代表取締役会長)

[SUMMER.2016 VOL.30] ライブハウス コミッション設立の目的そして、その先に広がる夜間市場

[SUMMER.2016 VOL.30] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.15 斉藤正明(一般社団法人日本レコード協会会長/株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント代表取締役社長)

[SPRING.2016 VOL.29] 平成27年度 ACPC人材育成研修会開催報告 2月1日 熱海シーサイドスパ&リゾート

もっと見る▶