会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ライブハウスとライブハウス 人と人をつなげる情報

中西:僕もある程度の年齢になって、歴史に興味を持ち始めたのですが、日比谷公園の歴史を調べると驚きますよね。

湯川:素晴らしい歴史を持っているにもかかわらず、もったいないと思える面もあるんです。例えばニューヨークだったらセントラル・パーク、ロンドンだったらハイド・パークがあるじゃないですか。そういう意味で東京は日比谷公園なんですけど、ホームレスの方の救済や労働組合の集会ばかり有名になってしまって、それはそれで大事なことだとは理解していますが、音楽が聞こえてこないんです。東京から音楽を発信していくのなら、もっと日比谷公園が中心になってもいいんじゃないかと思いますね。

中西:普段は野音や公会堂周辺しか通らないですが、公園の裏側とかを歩くと発見が多いですよね。公園全体をうまく利用していく方法はまだまだありそうです。

湯川:そうなんですよ。実は私が日比谷公園の記念事業に関わって知ったのは、大切な記録が残されていないということだったんです。戦後に進駐軍がまだ残っていた時代に、松本楼の近くに日比谷インというナイトクラブがあったんですね。当初、一般の日本人は入れない場所だったんですが、米軍が使わなくなってからジャズクラブになった。2階に赤い絨毯の階段を上がっていくとフロアがあって、そこでピアニストの三保敬太郎さんや世良譲さんが素晴らしいライブをやっていらして、私の大好きな想い出の場所でした。でも誰もご存知なくて、そんな記録さえもちゃんと残されてないのが残念なんです。日本ではロックの時代になってからのライブハウスの記録ですら、ほとんど残ってないですから。

中西:おっしゃる通りです。

湯川:世界中の音楽業界が同じ問題を抱えていると思いますが、CDが売れない時代に入って、ライブが大きな力を持ってきたにもかかわらず、うまくリスナーに情報が届いていないというか。
 フェスが盛んになったことに加えて、EDMが人気を呼んだことで、あちこちで1万人以上が集まるイベントが開かれているわけですよね。そういった「自分が好きな音楽を他にも聴いている人がこんなにいるんだ」と実感できる場がある一方で、小さなライブハウスもたくさんある。だとするならばライブハウス同士の横のつながりが生まれて、情報がもっと伝わりやすくなると、ご当地アイドルも含めて地方で活躍しているアーティストを育てていけるんじゃないかと思うんです。CDを売っていくことでは、もうアーティストは育てられなくなっているので、これからはまさにプロモーターの方々の力が重要になってくるはずです。

中西:ライブハウスコミッション(本誌VOL.30にて紹介)が立ち上がったことで、第一歩を踏み出すことにはなったと思いますが、湯川先生がおっしゃったような、リスナーを含めた横のネットワークを構築するにはまだ時間がかかるでしょうね。

湯川:今はSNSの時代ですから、地方のライブハウスとライブハウス、人と人をもっとうまくつなぐことができると思います。どこかのサイトを開けば、全国のライブハウスにつながって、自分が好きなバンドなりシンガーが、いつ、どこに出演しているかがすぐに分かるような。

中西:それに加えて、各地のライブハウスの歴史なども分かると、より面白くなるかもしれません。新幹線の車内誌の京都特集で、磔磔や拾得の歴史に触れた記事があって、興味深く読みました。僕も京都にいた当時、二つのライブハウスにはよく行っていたこともあって。歴史が積み重なって、今のライブハウスの個性ができているんだなと伝わってきました。


関連記事

[SUMMER.2017 VOL.34] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.19 平田竹男 内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局長

[SPRING.2017 VOL.33] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.18 栗花落 光(株式会社FM802 代表取締役社長)

[WINTER.2017 VOL.32] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.17 川淵三郎(一般社団法人 日本トップリーグ連携機構代表理事 会長)

[AUTUMN.2016 VOL.31] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.16 松田誠(一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会代表理事/株式会社ネルケプランニング代表取締役会長)

[SUMMER.2016 VOL.30] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.15 斉藤正明(一般社団法人日本レコード協会会長/株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント代表取締役社長)

[SPRING.2016 VOL.29] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.14 楠本修二郎(カフェ・カンパニー株式会社 代表取締役社長)

[WINTER.2016 VOL.28] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.13 門池三則(一般社団法人日本音楽制作者連盟理事長/株式会社バッド・ミュージック代表取締役社長)

[AUTUMN.2015 VOL.27] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.12 岸谷 香(シンガー・ソングライター/元プリンセス プリンセス ヴォーカル)

[SUMMER.2015 VOL.26] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.11 朝妻一郎(一般社団法人日本音楽出版社協会顧問/株式会社フジパシフィックミュージック代表取締役会長)

[SPRING.2015 VOL.25] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.10 相馬信之(一般社団法人日本音楽制作者連盟理事/株式会社アミューズ常務取締役/株式会社A-Sketch代表取締役社長/株式会社TOKYO FANTASY代表取締役社長)

[WINTER.2015 VOL.24] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.09 堀 義貴(一般社団法人日本音楽事業者協会会長/株式会社ホリプロ代表取締役社長)

[AUTUMN.2014 VOL.23] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.08 加藤友康(カトープレジャーグループ代表取締役兼CEO)

[SPRING.2014 VOL.22] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.07 亀田誠治(音楽プロデューサー/ベーシスト)

[WINTER.2014 VOL.21] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.06 大石征裕(日本音楽制作者連盟 理事長)

[AUTUMN.2013 VOL.20] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.05 為末 大(元プロ陸上選手)

[SUMMER.2013 VOL.19] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.04 紫舟(書家)

[SPRING.2013 VOL.18] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.03 加藤裕一(株式会社レコチョク 代表執行役社長)

[SPRING.2013 VOL.17] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.02 中西大介(日本プロサッカーリーグ理事)

[WINTER.2013 VOL.16] 中西健夫ACPC会長連載対談 vol.01 ゲスト 尾木徹(日本音楽事業者協会 会長)

同じカテゴリーの記事

[SUMMER.2017 VOL.34] 音制連・ACPC共同企画/特別鼎談 チケット高額転売問題、立法化へ向けた第一歩

[SUMMER.2017 VOL.34] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.19 平田竹男 内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局長

[SPRING.2017 VOL.33] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.18 栗花落 光(株式会社FM802 代表取締役社長)

[WINTER.2017 VOL.32] チケット高額転売問題の「根本」と「最新」

[WINTER.2017 VOL.32] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.17 川淵三郎(一般社団法人 日本トップリーグ連携機構代表理事 会長)

[AUTUMN.2016 VOL.31] チケット不正売買〜業界が起こしたアクションと今後の選択肢

[AUTUMN.2016 VOL.31] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.16 松田誠(一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会代表理事/株式会社ネルケプランニング代表取締役会長)

[SUMMER.2016 VOL.30] ライブハウス コミッション設立の目的そして、その先に広がる夜間市場

[SUMMER.2016 VOL.30] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.15 斉藤正明(一般社団法人日本レコード協会会長/株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント代表取締役社長)

[SPRING.2016 VOL.29] 平成27年度 ACPC人材育成研修会開催報告 2月1日 熱海シーサイドスパ&リゾート

もっと見る▶