会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ライブに不可欠な楽曲を巡る環境が 大きく変化しつつある現在

撮影:小山昭人(FACE)

「海外で邦楽曲がどれくらい使われているか
把握するための実証実験に着手しました」(桑波田)
「演奏権使用料を支払う立場として、
僕らも海外の状況を知っておくべきです」(中西)

ライブで演奏される楽曲は、安定した創作環境があってこそ生まれるものであり、そのためには作家に対する正当なリターンが不可欠。音楽に接することが日常的になっているコンサートプロモーターにとって、楽曲の演奏権使用を申請する時以外は、こんな当たり前のことを強く意識する機会は意外と少ないのかもしれません。作家の育成・マネージメントから楽曲のプロモート、著作権・著作隣接権の管理まで手がける音楽出版にとって、楽曲はまさにビジネスの「核」。実は楽曲の制作や管理を巡る状況は、近年大きく変化しつつあります。日本音楽出版社協会会長であり、日音代表取締役社長の桑波田景信さんをお招きし、演奏権使用料改定に関する団体交渉で最前線に立つ中西健夫ACPC会長がお話を伺いました。時代に合わせた若手作家の育成スキーム、チャートインする曲の背景、海外のクリエーターとの密接な連携……「音楽出版社=著作権管理」という従来のイメージを覆す話題の数々が語られました。

音楽出版社の根幹は作家の育成、創作のサポート

中西:ACPCの会員社の若手スタッフは、音楽出版社が実際にどんな仕事をなさっているか、今ひとつピンときていないと思うんです。この対談がいい機会になればと思っていますので、その辺りのお話から始められれば。今日こうやって日音さんにお邪魔してみると、オフィスに足を踏み入れるだけで、ずいぶんと実態が分かることもあるように思いました。

桑波田:エントランスからオフィスに進んでいくと、小さなスタジオのような部屋が並んでいたと思いますが、我々はあの部屋をプリプロルームと呼んでいます。今は作家が作品を納品する際、バックトラックは完パケのレベルのものをつくっていかないと、コンペに勝ち残れないんです。だからそのためにロジックやプロトゥールスといった制作ツールを使って作業をするスペースが必要で、機材についても最先端のものに更新し続けて作家の創作環境を整備しています。
 弊社には様々な作家が所属しているんですが、2012年から、大学や専門学校を卒業した新卒の人を3年間だけ新人作曲家として契約する制度を立ち上げました。その3年間は僕達が色々な仕事も含めてバックアップします。ただし、すぐにプロにはなれないですから、その間に会社にストックするライブラリー音源を制作してもらったり、様々な形で自分のつくった音源が放送や映画で流れる感動を少しずつ味わってもらうんです。そんな中で1期生の、29歳の2人が映画やテレビドラマの劇伴(*1)の仕事をできるようになっています。

中西:インターン制というか、そんなやり方で作家を育成しているんですね。

桑波田:昔であれば作曲家になろうとすると先生の内弟子になって、住み込みでアシスタントをしたり、アンダーライターといって名前を出さずに曲を書いたりして、プロの厳しさを学んでいったわけです。時代が変わってきたとはいえ、音楽大学を出ても音楽で食べられる人が少ない状況は一緒ですので、我々がソングライターや劇伴作家志望の若者を応援したい、曲をつくるためのサポートをしたいということですね。

中西:作家の育成は音楽出版社の根幹なんですね。


関連記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.20 湯川れい子 音楽評論家・作詞家

[SUMMER.2017 VOL.34] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.19 平田竹男 内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局長

[SPRING.2017 VOL.33] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.18 栗花落 光(株式会社FM802 代表取締役社長)

[WINTER.2017 VOL.32] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.17 川淵三郎(一般社団法人 日本トップリーグ連携機構代表理事 会長)

[AUTUMN.2016 VOL.31] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.16 松田誠(一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会代表理事/株式会社ネルケプランニング代表取締役会長)

[SUMMER.2016 VOL.30] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.15 斉藤正明(一般社団法人日本レコード協会会長/株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント代表取締役社長)

[SPRING.2016 VOL.29] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.14 楠本修二郎(カフェ・カンパニー株式会社 代表取締役社長)

[WINTER.2016 VOL.28] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.13 門池三則(一般社団法人日本音楽制作者連盟理事長/株式会社バッド・ミュージック代表取締役社長)

[AUTUMN.2015 VOL.27] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.12 岸谷 香(シンガー・ソングライター/元プリンセス プリンセス ヴォーカル)

[SUMMER.2015 VOL.26] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.11 朝妻一郎(一般社団法人日本音楽出版社協会顧問/株式会社フジパシフィックミュージック代表取締役会長)

[SPRING.2015 VOL.25] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.10 相馬信之(一般社団法人日本音楽制作者連盟理事/株式会社アミューズ常務取締役/株式会社A-Sketch代表取締役社長/株式会社TOKYO FANTASY代表取締役社長)

[WINTER.2015 VOL.24] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.09 堀 義貴(一般社団法人日本音楽事業者協会会長/株式会社ホリプロ代表取締役社長)

[AUTUMN.2014 VOL.23] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.08 加藤友康(カトープレジャーグループ代表取締役兼CEO)

[SPRING.2014 VOL.22] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.07 亀田誠治(音楽プロデューサー/ベーシスト)

[WINTER.2014 VOL.21] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.06 大石征裕(日本音楽制作者連盟 理事長)

[AUTUMN.2013 VOL.20] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.05 為末 大(元プロ陸上選手)

[SUMMER.2013 VOL.19] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.04 紫舟(書家)

[SPRING.2013 VOL.18] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.03 加藤裕一(株式会社レコチョク 代表執行役社長)

[SPRING.2013 VOL.17] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.02 中西大介(日本プロサッカーリーグ理事)

[WINTER.2013 VOL.16] 中西健夫ACPC会長連載対談 vol.01 ゲスト 尾木徹(日本音楽事業者協会 会長)

同じカテゴリーの記事

[WINTER.2018 VOL.36] Sapporo Creative Convention「No Maps」 開催の目的とプロモーターの役割

[AUTUMN.2017 VOL.35] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.20 湯川れい子 音楽評論家・作詞家

[SUMMER.2017 VOL.34] 音制連・ACPC共同企画/特別鼎談 チケット高額転売問題、立法化へ向けた第一歩

[SUMMER.2017 VOL.34] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.19 平田竹男 内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局長

[SPRING.2017 VOL.33] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.18 栗花落 光(株式会社FM802 代表取締役社長)

[WINTER.2017 VOL.32] チケット高額転売問題の「根本」と「最新」

[WINTER.2017 VOL.32] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.17 川淵三郎(一般社団法人 日本トップリーグ連携機構代表理事 会長)

[AUTUMN.2016 VOL.31] チケット不正売買〜業界が起こしたアクションと今後の選択肢

[AUTUMN.2016 VOL.31] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.16 松田誠(一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会代表理事/株式会社ネルケプランニング代表取締役会長)

[SUMMER.2016 VOL.30] ライブハウス コミッション設立の目的そして、その先に広がる夜間市場

もっと見る▶