会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ライブ・エンタテインメントに関わる専門知識からコンサートプロモーターの歴史まで。明日の仕事に役立つ「STUDY」をお届けします!

エグジビション ジャパン社主催「第1回 ライブ&イベント産業展」

さらなる需要を見込んで開催。初の総合見本市

多様な出展企業から見えてきた次世代の傾向

7月9日(水)~11日(金)、東京ビッグサイトにて「第1回 ライブ&イベント産業展」が開催されました。この催しはコンサートなどのライブ・エンタテインメントおよび各種イベントの開催に必要な製品・サービスの製造や販売を行う出展社と、ライブやイベントの主催・運営に携わる来場者が一堂に会し、商談を行う総合見本市。2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催が決定し、さらにライブやイベント関連の需要が増加することが見込まれる状況で開催された、日本で初めての試みです。

初回から出展企業は225社。全国から2万人以上が来場し、活況を呈していました。来場者はプロモーターのほか、コンサート制作やPA、照明、舞台制作会社など。他にもプロダクションやレコード会社、各種メディア、企業の広報・宣伝部門、地方自治体などからも参加されていたようです。

出展社の顔触れは実に幅広いですが、会場ではいくつかの傾向が見られました。まず、映像関連の出展企業が多く、大きなブースを設けていること。ホログラム映像や高精細のLEDスクリーン、イベントでの活用が一般化してきたプロジェクション・マッピング映像なども展示されており、現在のライブやイベントにおいて視覚面での演出が注目されている傾向が窺えました。

また、スマートフォンを用いた電子チケットの販売・決済サービスが多様化していたり、これまで主だった無線と異なり赤外線で制御できるペンライト、野外公演で利用できそうな落雷制御システムなど、ライブ・エンタテインメントを運営する側にとって興味深いブースが多数ありました。

今回は中国や韓国、台湾などの海外企業も参加しており、産業展は今後ますます国際化を進めていきそうです。第2回のライブ&イベント産業展は2015年の7月8日(水)〜10日(金)、幕張メッセを会場に、規模を3倍にして開催予定とのことです。

主催のリード エグジビション ジャパン株式会社はこれまで様々な大規模見本市を運営してきた企業。出展ブースの配置も整理されており、会場・施設(アリーナやホール、多目的商業ビルなど)、キャスティング(マネージメント会社やエージェント、招聘会社)、企画・運営(ライブやイベントの企画・制作・運営会社)、演出・機材(音響、照明、特殊効果、舞台装置、大道具、映像関連企業など)、各種サービス(電子チケットの販売・決済サービス、集客ソリューション、Web制作など)、グッズ(Tシャツなどのアーティストグッズ、ペンライトの製造会社など)、ライブ配信(映像配信サービス、配信用機器の販売会社など)に区分けされていた。 ■ライブ&イベント産業展ホームページ http://www.live-event.jp/HOME/


関連記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] navi STUDY チケット定価再販サイトでネットダフ屋対策が進むアメリカ

[SUMMER.2017 VOL.34] navi STUDY 筑波大学、文科省、宇宙航空研究開発機構、ベンチャー企業などが協力

[SPRING.2017 VOL.33] navi STUDY 世界的に増えつつあるアーティストの展示イベント

[WINTER.2017 VOL.32] navi STUDY フェスにおけるダンス系アクトの可能性とEDM最新事情

[AUTUMN.2016 VOL.31] navi STUDY 20周年を迎えたフジロックの進化、各地の新傾向フェス

[SUMMER.2016 VOL.30] navi STUDY 「何でもあり」のニコニコ超会議に10~20代が集まる理由

[SPRING.2016 VOL.29] navi STUDY ライブを意識した作曲術、「アニソンとライブ」の関係性

[WINTER.2016 VOL.28] navi STUDY セキュリティを巡る議論、事件の経済的影響、パリ市民の活力と支援の広がり

[AUTUMN.2015 VOL.27] navi STUDY 相次ぐ会場の改修・閉鎖とオープン 2016年「以降」会場不足問題を一覧表でまとめ

[SUMMER.2015 VOL.26] navi STUDY プロモーター自らが発信する、フェスをテーマにしたWEBマガジン

[SPRING.2015 VOL.25] navi STUDY 昭和音楽大学 平成26年度ACPC寄附講座「音楽産業概論Ⅱ」

[WINTER.2015 VOL.24] navi STUDY 「11thTIMM」レポート

[SPRING.2014 VOL.22] navi STUDY 平成25年度ACPC定時社員総会報告

[WINTER.2014 VOL.21] navi STUDY PAチーム、SPC peak performance主導の「東北ライブハウス大作戦」

[AUTUMN.2013 VOL.20] navi STUDY 「10thTIMM ショーケースライブ」レポート

[SUMMER.2013 VOL.19] navi STUDY 6月14、15日 韓国・チャムシル総合運動場 アジア版Ultra Music Festival「Ultra Korea」レポート

[SPRING.2013 VOL.18] navi STUDY New Orleans Jazz&Heritage Festival現地レポート

[SPRING.2013 VOL.17] navi STUDY 風営法「ダンス規制」が音楽文化に与える影響

[WINTER.2013 VOL.16] navi STUDY ACPCセミナー2012 グレッグ・パーロフ氏 講演会ダイジェスト

同じカテゴリーの記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] TALKING BLUES

[AUTUMN.2017 VOL.35] 私説 大阪テレビコメディ史 花登筺と芦屋雁之助

[AUTUMN.2017 VOL.35] チケット定価再販サイトでネットダフ屋対策が進むアメリカ

[AUTUMN.2017 VOL.35] この地域 この問題 ISSUES IN THE AREA.

[SUMMER.2017 VOL.34] TALKING BLUES

[SUMMER.2017 VOL.34] MUST BOOK

[SUMMER.2017 VOL.34] navi STUDY

[SUMMER.2017 VOL.34] 公式チケットトレードリセールサービス 「チケトレ」が6月1日に正式オープン

[SPRING.2017 VOL.33] TALKING BLUES

[SPRING.2017 VOL.33] MUST BOOK

もっと見る▶