会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

日本と海外のフェス事情を比較してみると、様々なロック・フェスが開催されている点は変わりありませんが、世界的なブームといえるEDM(Electronic Dance Music)を中心としたフェスはまだ国内では少ないといえるでしょう。今年はUltra Music Festival の日本版、ULTRA JAPANが開催され、今後の可能性を感じさせましたが、そもそもロック・フェスとはどんな違いがあるのでしょうか。TomorrowWorld 2014の現地レポートを通じて、その「違いと共通点」を考えてみました。
レポート・撮影:ACPC事務局

TomorrowWorld2014 とは?

9月25~28日(25日はキャンプサイト利用者のみ対象のプレ・イベント)、ジョージア州・アトランタ郊外のチャタフーチーヒルズにて開催された、野外EDMフェス。TomorrowWorldはベルギー発の世界的なEDMフェス、Tomorrowlandのアメリカ版として2013年にスタート。オランダに本社を置くID&T社がプロデュースし、アメリカのSFX Entertainmentが運営を手がけているようです。
 北米の大規模なEDMフェスは、すでにマイアミのUltra Music Festival、ラスヴェガス・ニューヨークなどで開催されるElectric Daisy Carinivalがあり、TomorrowWorldは新進フェスですが、初回で14万人、今回は75か国より16万人が参加と、すでに大きな動員数があります。


同じカテゴリーの記事

[SUMMER.2018 VOL.38] コンサートプロモーターが日々実感している「使いやすい会場」「使いにくい会場」

[SUMMER.2018 VOL.38] チケット高額転売問題、法案提出へ 超党派の国会議員が参加し総会を開催

[SUMMER.2018 VOL.38] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 22 梅澤高明(A.T. カーニー 日本法人会長)

[SPRING.2018 VOL.37] お客様への対応、会場運営のクオリティに直結するライブ・エンタテインメントの現場の労働力不足

[SPRING.2018 VOL.37] #高額転売NOを伝えていくために

[WINTER.2018 VOL.36] Sapporo Creative Convention「No Maps」 開催の目的とプロモーターの役割

[WINTER.2018 VOL.36] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 21 桑波田景信(一般社団法人日本音楽出版社協会会長)

[AUTUMN.2017 VOL.35] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.20 湯川れい子 音楽評論家・作詞家

[SUMMER.2017 VOL.34] 音制連・ACPC共同企画/特別鼎談 チケット高額転売問題、立法化へ向けた第一歩

[SUMMER.2017 VOL.34] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.19 平田竹男 内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局長

もっと見る▶