会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

世界的ブームを象徴する多様な観客

違いと共通点 2 *観客層*

TomorrowWorldには21歳以上の観客しか入場できず、観客層の大半は20代~30代でしたが、注目すべきはアメリカ・ヨーロッパ・アジアだけでなく、オセアニア・中東・アフリカなど、あまりロック・フェスでは見かけない地域の観客も多数来場していたことです。これはEDMの全世界的なブームに加え、ダンス・ミュージックそのものがリズムを主体とするため、言語の違いを比較的乗り越えやすい音楽であることも要因と思われます。

また、ロック・フェスではミュージシャンの人種や世代、ジャンルによって観客層がはっきり分かれてしまうケースも見受けられますが、TomorrowWorldではほぼすべてのDJが30代前後の白人男性でありながらも、あらゆる人種・世代の観客が思い思いのダンスで自由に音楽を楽しんでいました。それぞれ自国の国旗を振ったり身に纏ったりしながらフェスを楽しむ観客も多く、ダンス・ミュージックが国境や人種、国籍や言語の壁を越えて支持されている現状そのものが可視化されていました。

そういった観客によるフェスの楽しみ方として、合唱の文化が挙げられます。人気曲が流れると観客が大合唱するのですが、たとえその曲がインストでも、メロディーをシンガロングすることで、会場の一体感を高めていくという楽しみ方が共有されていました。そしてステージ上のDJも合唱を煽るだけでなく、時にはニルヴァーナやオアシス、ブルース・スプリングスティーンなど、ロックの有名曲を掛けて合唱のフックにする手法も見受けられました。

多様な観客が交わり、各国の国旗が掲げられる


同じカテゴリーの記事

[SPRING.2020 VOL.45] 3つのディスカッションから見えてきた、スポーツとエンタテインメントの接点

[SPRING.2020 VOL.45] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 28 大宮エリー(作家/画家)

[WINTER.2019 VOL.44] イギリスに学ぶ「ライブ・エンタテインメントへのアクセシビリティ向上」

[WINTER.2019 VOL.44] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 27 髙田旭人(株式会社ジャパネットホールディングス代表取締役社長 兼 CEO)

[AUTUMN.2019 VOL.43] 新日本プロレス、業績「V字回復」の秘密

[AUTUMN.2019 VOL.43] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 26 村井満(日本プロサッカーリーグ理事長/Jリーグチェアマン)高木美香(経済産業省コンテンツ産業課長)

[SUMMER.2019 VOL.42] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 25 野村達矢(一般社団法人 日本音楽制作者連盟理事長/株式会社ヒップランドミュージックコーポレーション代表取締役社長)

[SPRING.2019 VOL.41] チケット不正転売禁止法」が成立した日本の現状を世界のライブ関係者が出席した「ILMC31」でプレゼンテーション

[SPRING.2019 VOL.41] ライブ・エンタテインメントの明日を拓く会

[SPRING.2019 VOL.41] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 24 石破茂(自由民主党衆議院議員/ライブ・エンタテインメント議員連盟会長)

もっと見る▶