会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ライブ・エンタテインメント業界人必読!
コンサートプロモーターが今、読むべき本を毎号紹介します。

書籍名:台湾の歓び

著 者:四方田犬彦

出 版:岩波書店


台湾の文化と地域性

「JAPAN NIGHT in TAIPEI」が開催された台北では、同時期に日本の俳優・永瀬正敏の写真展が行われていた。写真家としても活動歴がある永瀬は、2014年の台湾映画『KANO』(日本では『KANO 1931海の向こうの甲子園』の邦題で今年公開/馬志翔監督)に主演。この映画の撮影中に共演者や台湾の街並を撮影し続け、写真展の開催・写真集の出版につながった。音楽だけではない。日本と台湾の間では様々な文化交流が現在進行形で行われている。

「文化交流」の記録として一読をお勧めしたいのが四方田犬彦の『台湾の歓び』。映画史と比較文学論を専門とする四方田は、2013年から14年にかけて台湾に滞在、2つの大学で客員教授を務め、その間に多くの映画人、文学者、詩人などと出会う。さらには、彼らの作品がどのようなバックグラウンドから産み落とされたのかを探るため、台北から台南までの各地を訪れ、多くの民族や言語に触れる。

本書からはっきりと伝わってくるのは、どんなジャンルの作品も歴史や風土、気候など作者の出身地の地域性と無縁ではないということだ。「文化と地域性」は、まさにコンサートプロモーターの日々の業務とも大いに関係がある。他国の文化を考えることは、自らの足下を見つめ直す良いきっかけになるだろう。


関連記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] MUST BOOK 私説 大阪テレビコメディ史 花登筺と芦屋雁之助

[SUMMER.2017 VOL.34] MUST BOOK ビートルズを呼んだ男

[SPRING.2017 VOL.33] MUST BOOK BRUTUS 2017年4月15日号

[WINTER.2017 VOL.32] MUST BOOK 誰が音楽をタダにした? 巨大産業をぶっ潰した男たち

[AUTUMN.2016 VOL.31] MUST BOOK 60年代ポップ少年

[SUMMER.2016 VOL.30] MUST BOOK コンサートという文化装置 交響曲とオペラのヨーロッパ近代

[SPRING.2016 VOL.29] MUST BOOK 新・マスメディア時代のポピュラー音楽を読み解く

[WINTER.2016 VOL.28] MUST BOOK 新・観光立国論

[AUTUMN.2015 VOL.27] MUST BOOK ルポ風営法改正 踊れる国のつくりかた

[SPRING.2015 VOL.25] MUST BOOK ニューヨーク アウトドアコンサートの楽しみ

[WINTER.2015 VOL.24] MUST BOOK 江戸の幽明 —東京境界めぐり

[AUTUMN.2014 VOL.23] MUST BOOK 英国一家、日本を食べる

[SPRING.2014 VOL.22] MUST BOOK 大韓ロック探訪記

[WINTER.2014 VOL.21] MUST BOOK ジュリスト 2月号

[AUTUMN.2013 VOL.20] MUST BOOK THE SHOOT MUST GO ON 写真家鋤田正義自らを語る

[SUMMER.2013 VOL.19] MUST BOOK 想像ラジオ

[SPRING.2013 VOL.18] MUST BOOK ラジオのこちら側で

[WINTER.2013 VOL.16] MUST BOOK メインストリーム 文化とメディアの世界戦争

同じカテゴリーの記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] TALKING BLUES

[AUTUMN.2017 VOL.35] 私説 大阪テレビコメディ史 花登筺と芦屋雁之助

[AUTUMN.2017 VOL.35] チケット定価再販サイトでネットダフ屋対策が進むアメリカ

[AUTUMN.2017 VOL.35] この地域 この問題 ISSUES IN THE AREA.

[SUMMER.2017 VOL.34] TALKING BLUES

[SUMMER.2017 VOL.34] MUST BOOK

[SUMMER.2017 VOL.34] navi STUDY

[SUMMER.2017 VOL.34] 公式チケットトレードリセールサービス 「チケトレ」が6月1日に正式オープン

[SPRING.2017 VOL.33] TALKING BLUES

[SPRING.2017 VOL.33] MUST BOOK

もっと見る▶