会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ライブ・エンタテインメント業界人必読!
コンサートプロモーターが今、読むべき本を毎号紹介します。

書籍名:誰が音楽をタダにした? 巨大産業をぶっ潰した男たち

著 者:スティーヴン・ウィット著 関美和 訳

出 版:早川書房


謎解きの後に宿る決意

音楽産業の流通モデルが、リアル店舗でのレコード、CDの販売から、インターネットを介した音声ファイルの配信へと変わっていった時、ユーザーの間で「音楽はタダで手に入る」という感覚が流布したことは音楽業界にとって本当に大きな痛手だった。本書はタイトルからも分かるように、「誰が音楽をタダにした?」かを追求したノンフィクションである。違法なコピーをバラまく「音楽海賊」、mp3を発明した技術者、音楽海賊の対策チーム、大手レコード会社のCEOなど多様な人物が登場し、まるでミステリー小説のような謎解きが楽しめる。もちろん、音楽関係者は単に面白い読み物だったと本書のページを閉じるわけにはいかない。テクノロジーの進化によって誰でも簡単に音楽を流通させることが可能になり、「タダ」でも手に入れられるようになった状況を「誰のせいでもない、しょうがないことだった」とあきらめることが正しい態度なのか、改めて考えさせられるはずだ。もしかすると自分達の望まない方向に進むことを防げたのではないかと。

本誌で何度も取り上げているチケットの高額転売問題も、背景にはテクノロジーの進化がある。今度こそ「技術が進んで便利になること」によって間違った結果を生みたくない。本を読み進める楽しさとともに、後悔と決意が心に宿る一冊。


関連記事

[SPRING.2017 VOL.33] MUST BOOK BRUTUS 2017年4月15日号

[AUTUMN.2016 VOL.31] MUST BOOK 60年代ポップ少年

[SUMMER.2016 VOL.30] MUST BOOK コンサートという文化装置 交響曲とオペラのヨーロッパ近代

[SPRING.2016 VOL.29] MUST BOOK 新・マスメディア時代のポピュラー音楽を読み解く

[WINTER.2016 VOL.28] MUST BOOK 新・観光立国論

[AUTUMN.2015 VOL.27] MUST BOOK ルポ風営法改正 踊れる国のつくりかた

[SUMMER.2015 VOL.26] MUST BOOK 台湾の歓び

[SPRING.2015 VOL.25] MUST BOOK ニューヨーク アウトドアコンサートの楽しみ

[WINTER.2015 VOL.24] MUST BOOK 江戸の幽明 —東京境界めぐり

[AUTUMN.2014 VOL.23] MUST BOOK 英国一家、日本を食べる

[SPRING.2014 VOL.22] MUST BOOK 大韓ロック探訪記

[WINTER.2014 VOL.21] MUST BOOK ジュリスト 2月号

[AUTUMN.2013 VOL.20] MUST BOOK THE SHOOT MUST GO ON 写真家鋤田正義自らを語る

[SUMMER.2013 VOL.19] MUST BOOK 想像ラジオ

[SPRING.2013 VOL.18] MUST BOOK ラジオのこちら側で

[WINTER.2013 VOL.16] MUST BOOK メインストリーム 文化とメディアの世界戦争

同じカテゴリーの記事

[SPRING.2017 VOL.33] TALKING BLUES

[SPRING.2017 VOL.33] MUST BOOK

[SPRING.2017 VOL.33] navi STUDY

[SPRING.2017 VOL.33] スタートした「障害者差別解消法」 同法が狙う「差別の解消」とは?

[SPRING.2017 VOL.33] チケット高額転売問題 対策が進むイギリスの現状

[WINTER.2017 VOL.32] TALKING BLUES

[WINTER.2017 VOL.32] navi STUDY

[AUTUMN.2016 VOL.31] 世界が動き、私たちも動く

[AUTUMN.2016 VOL.31] 60年代ポップ少年

[AUTUMN.2016 VOL.31] 20周年を迎えたフジロックの進化、各地の新傾向フェス

もっと見る▶