会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ライブ・エンタテインメント業界人必読!
コンサートプロモーターが今、読むべき本を毎号紹介します。

書籍名:ニューヨーク アウトドアコンサートの楽しみ

著 者:常盤武彦

出 版:産業編集センター


アメリカの底力

アメリカの白人層にとって、カントリー・ミュージックは特別な音楽である。日本人には実感しにくいが、伝統的なカントリーは未だにアメリカのヒットチャートで根強い人気があり、テイラー・スウィフトのようにカントリーをバックボーンにした新世代のシンガーも誕生している。

一方で白人にとってのカントリーにあたる黒人音楽といえば、ご存知の通りジャズ。ジャズがアメリカ社会でどのように位置づけられているかは、今号のMUST BOOKに目を通せば、たちどころに理解できるだろう。本書は、セントラルパークなどニューヨーク市内の公園で毎夏開催される野外音楽フェスを、日本人写真家が豊富な写真でレポートした「フェスの楽しみ方」ガイド。これらのフェスは無料、または任意の寄付で楽しむことができ、市民の間で定着している。ステージで演奏される音楽は、多彩なジャンルもあるとはいえ、中心はジャズ。世界的に流行しているEDMでも、黒人音楽の現在の主流であるHIP-HOPでもない。

ポピュラー・ミュージックの流行が移り変わろうとも、アメリカ音楽の中心にしっかりと定着しているジャズとカントリー。そして、アメリカには両者を日常的に楽しめる環境がある。近年、アメリカ文化の影響力の低下がささやかれているが、この「基本構造」が健在である限り、アメリカは音楽大国であり続けるだろう。


関連記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] MUST BOOK 私説 大阪テレビコメディ史 花登筺と芦屋雁之助

[SUMMER.2017 VOL.34] MUST BOOK ビートルズを呼んだ男

[SPRING.2017 VOL.33] MUST BOOK BRUTUS 2017年4月15日号

[WINTER.2017 VOL.32] MUST BOOK 誰が音楽をタダにした? 巨大産業をぶっ潰した男たち

[AUTUMN.2016 VOL.31] MUST BOOK 60年代ポップ少年

[SUMMER.2016 VOL.30] MUST BOOK コンサートという文化装置 交響曲とオペラのヨーロッパ近代

[SPRING.2016 VOL.29] MUST BOOK 新・マスメディア時代のポピュラー音楽を読み解く

[WINTER.2016 VOL.28] MUST BOOK 新・観光立国論

[AUTUMN.2015 VOL.27] MUST BOOK ルポ風営法改正 踊れる国のつくりかた

[SUMMER.2015 VOL.26] MUST BOOK 台湾の歓び

[WINTER.2015 VOL.24] MUST BOOK 江戸の幽明 —東京境界めぐり

[AUTUMN.2014 VOL.23] MUST BOOK 英国一家、日本を食べる

[SPRING.2014 VOL.22] MUST BOOK 大韓ロック探訪記

[WINTER.2014 VOL.21] MUST BOOK ジュリスト 2月号

[AUTUMN.2013 VOL.20] MUST BOOK THE SHOOT MUST GO ON 写真家鋤田正義自らを語る

[SUMMER.2013 VOL.19] MUST BOOK 想像ラジオ

[SPRING.2013 VOL.18] MUST BOOK ラジオのこちら側で

[WINTER.2013 VOL.16] MUST BOOK メインストリーム 文化とメディアの世界戦争

同じカテゴリーの記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] TALKING BLUES

[AUTUMN.2017 VOL.35] 私説 大阪テレビコメディ史 花登筺と芦屋雁之助

[AUTUMN.2017 VOL.35] チケット定価再販サイトでネットダフ屋対策が進むアメリカ

[AUTUMN.2017 VOL.35] この地域 この問題 ISSUES IN THE AREA.

[SUMMER.2017 VOL.34] TALKING BLUES

[SUMMER.2017 VOL.34] MUST BOOK

[SUMMER.2017 VOL.34] navi STUDY

[SUMMER.2017 VOL.34] 公式チケットトレードリセールサービス 「チケトレ」が6月1日に正式オープン

[SPRING.2017 VOL.33] TALKING BLUES

[SPRING.2017 VOL.33] MUST BOOK

もっと見る▶