会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

世代を越えて話し合う 夜間分科会で近づいた距離

撮影:小嶋秀雄

去る2月3日に、熱海シーサイドスパ&リゾートにて平成26年度ACPC人材育成研修会が行われました。団体設立25周年の記念事業として、宮城県仙台市で開催された昨年度の人材育成研修会は「東日本大震災以降のライブ・エンタテインメント」がテーマでしたが、今回はコンサートプロモーターにとって根幹にある業務や長年の課題をじっくり考える内容。この日、会場はACPCで貸し切られており、午後の講演と理事3名によるフリーディスカッション、夕食をはさんで、出席者が各班に分かれて参加した夜間の分科会へと研修メニューは続き、まさに合宿状態。日頃は顔を合わせる機会が少ない全国加盟社のスタッフ同士が、世代の壁を越えて例年以上の濃密なコミュニケーションをとりました。

司会を務めた横山和司理事

当日の司会進行を務めたのは横山和司理事(ホットスタッフ・プロモーション)。横山理事の紹介とともに中西健夫会長(ディスクガレージ)が登壇し、開会の辞を述べました。
「昨年2014年の全国加盟社の総売り上げは約2750億円でした。この数字にはマーチャンダイジングの売上は含まれておらず、すべて含めたライブ・エンタテインメントの市場規模は約4000億円にも上ると推定されます。CDの市場規模はすでに超えており、私達が携わっているライブは、ポピュラリティがあるジャンルになったといえるでしょう。一方でジャンルが大衆化されればされるほど、新たな問題が起きるのも事実ですし、東京オリンピック・パラリンピックを前に多くの会場が改修・改装に入ってしまう、いわゆる2016年問題などもあり、市場の拡大は今後難しくなるとの見方もあります。そんな時代だからこそ、全国の仲間が集まり、徹底的に話をすることに意味があると思います。今日は皆で意見をぶつけ合って、より良いACPCを目指していきましょう」

以下に続いた講演の内容は2~4ページで紹介します。

全国加盟社から集まった参加者の皆さんは、熱心に講演に聞き入るだけではなく、登壇者に質問を投げかけることも


同じカテゴリーの記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.20 湯川れい子 音楽評論家・作詞家

[SUMMER.2017 VOL.34] 音制連・ACPC共同企画/特別鼎談 チケット高額転売問題、立法化へ向けた第一歩

[SUMMER.2017 VOL.34] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.19 平田竹男 内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局長

[SPRING.2017 VOL.33] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.18 栗花落 光(株式会社FM802 代表取締役社長)

[WINTER.2017 VOL.32] チケット高額転売問題の「根本」と「最新」

[WINTER.2017 VOL.32] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.17 川淵三郎(一般社団法人 日本トップリーグ連携機構代表理事 会長)

[AUTUMN.2016 VOL.31] チケット不正売買〜業界が起こしたアクションと今後の選択肢

[AUTUMN.2016 VOL.31] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.16 松田誠(一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会代表理事/株式会社ネルケプランニング代表取締役会長)

[SUMMER.2016 VOL.30] ライブハウス コミッション設立の目的そして、その先に広がる夜間市場

[SUMMER.2016 VOL.30] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.15 斉藤正明(一般社団法人日本レコード協会会長/株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント代表取締役社長)

もっと見る▶