会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ライブ・エンタテインメント業界人必読!
コンサートプロモーターが今、読むべき本を毎号紹介します。

書籍名:40th Anniversary Magazine HOT STUFF HISTORY

出 版:マガジンハウス


「らしさ」漂う記念出版

1978年に設立されたホットスタッフ・プロモーションの40周年記念出版。歴史ある会社の「記念出版」は分厚い仕様の「社史」になる例が多いが、本書はカジュアルなスタイルのムック。版元はマガジンハウス、編集を手がけたのは雑誌『POPEYE』の全盛期を支えたスタッフの一人、松木直也氏。どんなに会社が成長し、扱うライブの本数が増えても、ホットスタッフには「中目黒にある、センスのいいセレクト・ショップ」といった雰囲気が残っているが、記念出版でも「らしさ」を貫いたといえるだろう。誌面からは品も感じられるが、決して敷居が高いわけではない。それこそ同社が2004年から開催し続けているフェス「Slow LIVE」のように。

40年間で約2万2000公演を重ねたコンサートプロモーターとしての歴史は、160組のアーティストと公演記録(年表)をリンクさせたページにまとめられている。それだけでも圧巻だが、『POPEYE』の名物コラム・ページ「POP×EYE」よろしく「HOT EYE」と題された巻頭コラムでは、創業年前後の世相・風俗まで切り口を広げ、70年代文化を象徴するシーンをとらえた貴重な写真も多数掲載。この内容ならコアな音楽ファンだけではなく、広く文化全般に興味を持つ読者にも手に取ってもらえるのではないか。


関連記事

[SPRING.2019 VOL.41] MUST BOOK 聴かずに死ねるか!

[SUMMER.2018 VOL.38] MUST BOOK 100人が語るフジロック伝説

[SPRING.2018 VOL.37] MUST BOOK ファンダム・レボリューション SNS時代の新たな熱狂

[WINTER.2018 VOL.36] MUST BOOK 響く言葉

[AUTUMN.2017 VOL.35] MUST BOOK 私説 大阪テレビコメディ史 花登筺と芦屋雁之助

[SUMMER.2017 VOL.34] MUST BOOK ビートルズを呼んだ男

[SPRING.2017 VOL.33] MUST BOOK BRUTUS 2017年4月15日号

[WINTER.2017 VOL.32] MUST BOOK 誰が音楽をタダにした? 巨大産業をぶっ潰した男たち

[AUTUMN.2016 VOL.31] MUST BOOK 60年代ポップ少年

[SUMMER.2016 VOL.30] MUST BOOK コンサートという文化装置 交響曲とオペラのヨーロッパ近代

[SPRING.2016 VOL.29] MUST BOOK 新・マスメディア時代のポピュラー音楽を読み解く

[WINTER.2016 VOL.28] MUST BOOK 新・観光立国論

[AUTUMN.2015 VOL.27] MUST BOOK ルポ風営法改正 踊れる国のつくりかた

[SUMMER.2015 VOL.26] MUST BOOK 台湾の歓び

[SPRING.2015 VOL.25] MUST BOOK ニューヨーク アウトドアコンサートの楽しみ

[WINTER.2015 VOL.24] MUST BOOK 江戸の幽明 —東京境界めぐり

[AUTUMN.2014 VOL.23] MUST BOOK 英国一家、日本を食べる

[SPRING.2014 VOL.22] MUST BOOK 大韓ロック探訪記

[WINTER.2014 VOL.21] MUST BOOK ジュリスト 2月号

[AUTUMN.2013 VOL.20] MUST BOOK THE SHOOT MUST GO ON 写真家鋤田正義自らを語る

[SUMMER.2013 VOL.19] MUST BOOK 想像ラジオ

[SPRING.2013 VOL.18] MUST BOOK ラジオのこちら側で

[WINTER.2013 VOL.16] MUST BOOK メインストリーム 文化とメディアの世界戦争

同じカテゴリーの記事

[SPRING.2019 VOL.41] 新元号、新顧客

[SPRING.2019 VOL.41] 聴かずに死ねるか!

[SPRING.2019 VOL.41] スポーツ×ライブの新機構「ECSA」設立

[WINTER.2019 VOL.40] Forever Young

[WINTER.2019 VOL.40] チケットの高額転売問題を文化芸術推進フォーラムでアピール

[SUMMER.2018 VOL.38] ほぼ震源地の自宅にて

[SUMMER.2018 VOL.38] 100人が語るフジロック伝説

[SUMMER.2018 VOL.38] Coachella Valley Music and Arts Festival 2018視察報告

[SPRING.2018 VOL.37] 前向きなニュース

[SPRING.2018 VOL.37] ファンダム・レボリューション SNS時代の新たな熱狂

もっと見る▶