会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ライブ・エンタテインメント業界人必読!
コンサートプロモーターが今、読むべき本を毎号紹介します。

書籍名:コンサートという文化装置 交響曲とオペラのヨーロッパ近代

著 者:宮本直美

出 版:岩波書店


歴史の中にヒントはある

コンサートプロモーターの歴史は、いつから始まったのだろうか? 本書に記された以下の一文によれば、コンサートプロモーターにあたる仕事は、18世紀のイタリアにおいてすでに存在していた。

「イタリアでは(十八世紀から)十九世紀前半まで、劇場が公演を主催するのではなく、インプレサリオと呼ばれる興行師が現在でいえばプロデューサーのような役割を果たして公演を組織した」

これはオペラの公演について書かれた記述である。現在、クラシックのコンサートといえばオーケストラによる交響曲の演奏が一般的だが、楽器演奏(器楽)がコンサートの中心になったのは19世紀後半。それ以前はオペラを始めとする声楽の地位が圧倒的に高く、器楽はあくまで「声」「言葉」の伴奏に過ぎなかった。本書は声楽から器楽へとコンサートのフォーマットが移っていった過程をヨーロッパ全域において検証した本だが、その過程の中に現在のライブ・ビジネスにつながる諸問題がすべて出揃っていることに驚かされる。公演を構成するコンテンツが観客に受け入れられるポイント、劇場運営のノウハウ、音楽周辺のメディアが果たす役割など、ライブ・エンタテインメントに携わる人間にとって必要なヒントを、コンサート文化の歴史を学びながら見つけ出すことができるだろう。全プロモーター、必読。


関連記事

[SPRING.2017 VOL.33] MUST BOOK BRUTUS 2017年4月15日号

[WINTER.2017 VOL.32] MUST BOOK 誰が音楽をタダにした? 巨大産業をぶっ潰した男たち

[AUTUMN.2016 VOL.31] MUST BOOK 60年代ポップ少年

[SPRING.2016 VOL.29] MUST BOOK 新・マスメディア時代のポピュラー音楽を読み解く

[WINTER.2016 VOL.28] MUST BOOK 新・観光立国論

[AUTUMN.2015 VOL.27] MUST BOOK ルポ風営法改正 踊れる国のつくりかた

[SUMMER.2015 VOL.26] MUST BOOK 台湾の歓び

[SPRING.2015 VOL.25] MUST BOOK ニューヨーク アウトドアコンサートの楽しみ

[WINTER.2015 VOL.24] MUST BOOK 江戸の幽明 —東京境界めぐり

[AUTUMN.2014 VOL.23] MUST BOOK 英国一家、日本を食べる

[SPRING.2014 VOL.22] MUST BOOK 大韓ロック探訪記

[WINTER.2014 VOL.21] MUST BOOK ジュリスト 2月号

[AUTUMN.2013 VOL.20] MUST BOOK THE SHOOT MUST GO ON 写真家鋤田正義自らを語る

[SUMMER.2013 VOL.19] MUST BOOK 想像ラジオ

[SPRING.2013 VOL.18] MUST BOOK ラジオのこちら側で

[WINTER.2013 VOL.16] MUST BOOK メインストリーム 文化とメディアの世界戦争

同じカテゴリーの記事

[SPRING.2017 VOL.33] TALKING BLUES

[SPRING.2017 VOL.33] MUST BOOK

[SPRING.2017 VOL.33] navi STUDY

[SPRING.2017 VOL.33] スタートした「障害者差別解消法」 同法が狙う「差別の解消」とは?

[SPRING.2017 VOL.33] チケット高額転売問題 対策が進むイギリスの現状

[WINTER.2017 VOL.32] TALKING BLUES

[WINTER.2017 VOL.32] MUST BOOK

[WINTER.2017 VOL.32] navi STUDY

[AUTUMN.2016 VOL.31] 世界が動き、私たちも動く

[AUTUMN.2016 VOL.31] 60年代ポップ少年

もっと見る▶