会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

(写真左より)小崎滋之:株式会社ライブパワー代表取締役
田山順一:一般社団法人コンサートプロモーターズ協会 常務理事
落合 旭:株式会社シミズオクト 取締役常務執行役員
撮影:小嶋秀雄

本誌でも度々お伝えしているようにライブ会場の運営全般に携わる労働力不足が深刻になってきています。以前であれば志望者の多かった学生アルバイトが、なかなか集まらなくなってしまった背景には、どんな時流の変化があるのでしょうか。また、労働力が不足することによって、ライブの現場ではどんな弊害が起きているのでしょうか。問題が深刻化するにあたり、コンサートプロモーターと労働力の提供を担う在京のアルバイト管理会社との間で、話し合いの場が持たれるようになっていますが、本誌でも問題の解決に向けたディスカッションを行いました。

アルバイト事情の変化

アルバイトの若者達を始め、ライブ現場の労働力が不足している背景には、どんな事情があるのでしょうか。

田山:一般的に学生を中心としたアルバイト事情についていわれているのは、少子化の影響とか、大変な仕事をやろうとする若者が減っていることですよね。とはいえ、そもそもライブの現場の仕事は、時給が決して高くないのは分かった上で、音楽やエンタテインメントに興味を持っていて、ステージに関わる業務を経験したいという気持ちで参加する人達が多かったと思うんです。ライブが憧れの対象であったことに、こちらが甘えていた面もあったと思いますが、数年前から憧れだけでは人材は集まらなくなっているのが実状です。

落合:趣味の延長でアルバイトを選ぶ若者は少なくなっていると思います。無料でライブが観られそうだから、会場で働いてみたいという人はもうほとんどいないのではないでしょうか。本当に好きなアーティストのライブは、お金を出して観にいく。働くこととライブに行くことは分けて考える若い人が多いと思いますね。

小崎:興行数の増加や、開催が土日に集中していることも関係すると思います。平日の数倍の人員を土日に集めるのは、かなりハードルが高いですね。それと近年はコンビニでもカフェでも、都市部の駅の近くならどこでもたくさんのチェーン店があって、家の近所で気軽にアルバイトできる環境です。そんな中で、毎回職場が違うライブ会場での仕事に働きやすさを感じてもらえるかというと、なかなか難しいでしょう。普段は月〜金でコンビニのアルバイトをしている人に、土日のどちらか1日働くというパターンで登録してもらうなどの工夫が必要になります。


関連記事

[WINTER.2019 VOL.44] 自然災害対策 会員社アンケート結果報告 2019年、大きかったライブ・エンタテインメントへの影響

[AUTUMN.2019 VOL.43] 障害者のライブ・コンサート参加に関するアンケート 代表的な「困りごと」と必要な情報

[AUTUMN.2019 VOL.43] 新日本プロレス、業績「V字回復」の秘密

[SUMMER.2019 VOL.42] 事故が起きてしまった際のリスク低減もめざして

[SUMMER.2019 VOL.42] 「チケット適正流通協議会」も始動

[SPRING.2019 VOL.41] チケット不正転売禁止法」が成立した日本の現状を世界のライブ関係者が出席した「ILMC31」でプレゼンテーション

[SPRING.2019 VOL.41] ライブ・エンタテインメントの明日を拓く会

[WINTER.2019 VOL.40] 超党派議連で法案成立の報告会開催
多くの議員が「法律の実効性が重要」と発言

[WINTER.2019 VOL.40] A.C.P.C. 30th ANNIVERSARY PARTY

[WINTER.2019 VOL.40] 東條岳弁護士がレクチャー/「チケット高額転売規制法」の活かし方、広め方

[WINTER.2019 VOL.40] 座談会/2018年12月8日、「チケット高額転売規制法」成立。

[SUMMER.2018 VOL.38] コンサートプロモーターが日々実感している「使いやすい会場」「使いにくい会場」

[SUMMER.2018 VOL.38] チケット高額転売問題、法案提出へ 超党派の国会議員が参加し総会を開催

[SUMMER.2018 VOL.38] 「大阪北部地震」「平成30年7月豪雨」 相次ぐ災害と現地コンサートプロモーターの対応

[SPRING.2018 VOL.37] #高額転売NOを伝えていくために

[WINTER.2018 VOL.36] Sapporo Creative Convention「No Maps」 開催の目的とプロモーターの役割

[SPRING.2017 VOL.33] REPORT チケット高額転売問題 対策が進むイギリスの現状

同じカテゴリーの記事

[WINTER.2019 VOL.44] イギリスに学ぶ「ライブ・エンタテインメントへのアクセシビリティ向上」

[WINTER.2019 VOL.44] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 27 髙田旭人(株式会社ジャパネットホールディングス代表取締役社長 兼 CEO)

[AUTUMN.2019 VOL.43] 新日本プロレス、業績「V字回復」の秘密

[AUTUMN.2019 VOL.43] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 26 村井満(日本プロサッカーリーグ理事長/Jリーグチェアマン)高木美香(経済産業省コンテンツ産業課長)

[SUMMER.2019 VOL.42] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 25 野村達矢(一般社団法人 日本音楽制作者連盟理事長/株式会社ヒップランドミュージックコーポレーション代表取締役社長)

[SPRING.2019 VOL.41] チケット不正転売禁止法」が成立した日本の現状を世界のライブ関係者が出席した「ILMC31」でプレゼンテーション

[SPRING.2019 VOL.41] ライブ・エンタテインメントの明日を拓く会

[SPRING.2019 VOL.41] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 24 石破茂(自由民主党衆議院議員/ライブ・エンタテインメント議員連盟会長)

[WINTER.2019 VOL.40] 超党派議連で法案成立の報告会開催
多くの議員が「法律の実効性が重要」と発言

[WINTER.2019 VOL.40] 平成30年度 ACPC人材育成研修会開催報告

もっと見る▶