会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

「夜間市場」と新たなプロモーター像

齋藤貴弘弁護士がレクチャー

齋藤貴弘弁護士

今年6月17日、風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)改正法が参院本会議で可決・成立しました。1948年に制定され、長きにわたってダンス営業を規制してきた旧風営法の改正は、ダンスミュージックの関係者や愛好者、アーティストにとって念願でしたが、可決された法案が実際にどのように運用されるか、不透明な部分も残されています。そこで、反対運動を推進した「レッツダンス署名推進委員会」に参加した後、個人としてロビー活動や警視庁への説明に従事している齋藤貴弘弁護士(齋藤法律事務所)に、風営法改正のライブ・エンタテインメントへの影響などをレクチャーしていただきました。齋藤弁護士はネットラジオの企画やDJ、バンド活動の経験があり、レクチャーは風営法改正後のライブ業界、コンサートプロモーターの役割まで広がりました。


同じカテゴリーの記事

[SUMMER.2018 VOL.38] コンサートプロモーターが日々実感している「使いやすい会場」「使いにくい会場」

[SUMMER.2018 VOL.38] チケット高額転売問題、法案提出へ 超党派の国会議員が参加し総会を開催

[SUMMER.2018 VOL.38] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 22 梅澤高明(A.T. カーニー 日本法人会長)

[SPRING.2018 VOL.37] お客様への対応、会場運営のクオリティに直結するライブ・エンタテインメントの現場の労働力不足

[SPRING.2018 VOL.37] #高額転売NOを伝えていくために

[WINTER.2018 VOL.36] Sapporo Creative Convention「No Maps」 開催の目的とプロモーターの役割

[WINTER.2018 VOL.36] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 21 桑波田景信(一般社団法人日本音楽出版社協会会長)

[AUTUMN.2017 VOL.35] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.20 湯川れい子 音楽評論家・作詞家

[SUMMER.2017 VOL.34] 音制連・ACPC共同企画/特別鼎談 チケット高額転売問題、立法化へ向けた第一歩

[SUMMER.2017 VOL.34] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.19 平田竹男 内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局長

もっと見る▶