会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

「夜間市場」と新たなプロモーター像

齋藤貴弘弁護士がレクチャー

齋藤貴弘弁護士

今年6月17日、風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)改正法が参院本会議で可決・成立しました。1948年に制定され、長きにわたってダンス営業を規制してきた旧風営法の改正は、ダンスミュージックの関係者や愛好者、アーティストにとって念願でしたが、可決された法案が実際にどのように運用されるか、不透明な部分も残されています。そこで、反対運動を推進した「レッツダンス署名推進委員会」に参加した後、個人としてロビー活動や警視庁への説明に従事している齋藤貴弘弁護士(齋藤法律事務所)に、風営法改正のライブ・エンタテインメントへの影響などをレクチャーしていただきました。齋藤弁護士はネットラジオの企画やDJ、バンド活動の経験があり、レクチャーは風営法改正後のライブ業界、コンサートプロモーターの役割まで広がりました。


同じカテゴリーの記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.20 湯川れい子 音楽評論家・作詞家

[SUMMER.2017 VOL.34] 音制連・ACPC共同企画/特別鼎談 チケット高額転売問題、立法化へ向けた第一歩

[SUMMER.2017 VOL.34] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.19 平田竹男 内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局長

[SPRING.2017 VOL.33] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.18 栗花落 光(株式会社FM802 代表取締役社長)

[WINTER.2017 VOL.32] チケット高額転売問題の「根本」と「最新」

[WINTER.2017 VOL.32] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.17 川淵三郎(一般社団法人 日本トップリーグ連携機構代表理事 会長)

[AUTUMN.2016 VOL.31] チケット不正売買〜業界が起こしたアクションと今後の選択肢

[AUTUMN.2016 VOL.31] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.16 松田誠(一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会代表理事/株式会社ネルケプランニング代表取締役会長)

[SUMMER.2016 VOL.30] ライブハウス コミッション設立の目的そして、その先に広がる夜間市場

[SUMMER.2016 VOL.30] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.15 斉藤正明(一般社団法人日本レコード協会会長/株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント代表取締役社長)

もっと見る▶