会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ACPCからのご報告、音楽業界のビジネス・ニュースをお伝えする情報アリーナ

一般社団法人コンサートプロモーターズ協会(会長:中西健夫、以下本会)と、警視庁生活安全特別捜査隊(隊長:松下徳弥)は、コンサート等の興行チケットの不正売買防止を目的とする協定を締結いたしました。

本会は平成26年の警視庁の呼び掛けを元に、警視庁と在京プロモーターを交えた不正売買対策の協議を重ね、協定の締結に至りました。

ライブ・エンタテインメントの市場が拡大する一方、チケット転売サイトやネット・オークション等が、チケットの高額転売の温床となっている現状を警視庁と本会で共有し、チケットの不正な売買行為の防止に資する情報の交換、協議、正規ルートでのチケット購入を呼び掛ける啓発活動(OTMキャンペーン)を継続し、協力体制を進めて参ります。


同じカテゴリーの記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] チケット高額転売の法規制検討と民法改正の影響

[AUTUMN.2017 VOL.35] 全国会員社で行われている障害者対応の現状②

[SUMMER.2017 VOL.34] 改正民法、消費者に不利な契約は無効の恐れも

[SUMMER.2017 VOL.34] 全国会員社で行われている障害者対応の現状

[SPRING.2017 VOL.33] 新規加盟社紹介

[SPRING.2017 VOL.33] 関岡裕史新任理事(キョードー大阪)、 就任のコメント

[SPRING.2017 VOL.33] コンサートでの迷惑行為に業務妨害の容疑

[SPRING.2017 VOL.33] 会場不足でライブ市場規模が2.7%マイナスに

[SPRING.2017 VOL.33] 全国の会員社で不足するアルバイト

[WINTER.2017 VOL.32] 新規加盟社紹介

もっと見る▶