会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

身の程を知る気概

宮垣:東京のプロダクションや制作会社から見れば、便利屋さんになっちゃっている。そのうち会社の規模も大きくなってきて、社員も増え、一般管理費は膨らんでいきますから、それを捻出するためには委託公演の本数を増やさないといけない。昔に比べれば資金繰りは楽になったといえますが、悪循環ともいえる。本当はそういった状況を、努力して変えていかなくてはいけないと思いますが、画期的なアイディアはまだ誰も考えついていないのではないでしょうか。

山崎:でも、改めて考えてみれば、プロモーターはしぶとく生き残っている会社が多いですよね(笑)。なぜ生き残れているかといえば、僕の理解では、我々はどんな形であれライブ・エンタテインメントしかやってこなかったからだと思います。バブリーな事業に手を出した企業が、立ち行かなくなってしまうことも多い中で。だからプロモーターはしぶといんですよ。

宮垣:それは身の程を知っているということでしょう(笑)。

山崎:その通り(笑)。それが我々のいいところであって、自分達の本分を守る気持ち、リスクを背負う気概を持ち続けていれば、ライブ・エンタテインメントというジャンルにどんな企業が進出してきても、絶対に負けないと思います。


関連記事

[AUTUMN.2018 VOL.39] 歴代ACPC会長が語る団体の歴史
コンサートプロモーターの「原点」とライブ・エンタテインメントの「転換点」

[WINTER.2014 VOL.21] 25周年特別企画/歴代会長鼎談・前編 設立の本来の意味、「闘いの日々」の意義

同じカテゴリーの記事

[SPRING.2020 VOL.45] 3つのディスカッションから見えてきた、スポーツとエンタテインメントの接点

[SPRING.2020 VOL.45] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 28 大宮エリー(作家/画家)

[WINTER.2019 VOL.44] イギリスに学ぶ「ライブ・エンタテインメントへのアクセシビリティ向上」

[WINTER.2019 VOL.44] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 27 髙田旭人(株式会社ジャパネットホールディングス代表取締役社長 兼 CEO)

[AUTUMN.2019 VOL.43] 新日本プロレス、業績「V字回復」の秘密

[AUTUMN.2019 VOL.43] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 26 村井満(日本プロサッカーリーグ理事長/Jリーグチェアマン)高木美香(経済産業省コンテンツ産業課長)

[SUMMER.2019 VOL.42] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 25 野村達矢(一般社団法人 日本音楽制作者連盟理事長/株式会社ヒップランドミュージックコーポレーション代表取締役社長)

[SPRING.2019 VOL.41] チケット不正転売禁止法」が成立した日本の現状を世界のライブ関係者が出席した「ILMC31」でプレゼンテーション

[SPRING.2019 VOL.41] ライブ・エンタテインメントの明日を拓く会

[SPRING.2019 VOL.41] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 24 石破茂(自由民主党衆議院議員/ライブ・エンタテインメント議員連盟会長)

もっと見る▶