会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

リスクを背負う意識

山崎:僕が若い社員に伝えたいのは、とにかくリスクを背負って仕事をして欲しいということです。やはりプロモーターはリスクを背負って仕事をしない限り、成長もしないんですよ。たとえサラリーマンでも、自分の存在を賭けたプロジェクトをガンガンやってみて、それでダメなら責任を取るという気持ちは必要なんです。キョードー東京でいえば、それが創業者のスピリットを継ぐことだし、リスクを背負わないと、仕事もつまらないじゃないですか。

宮垣:自分達に興行の責任がないと、会場で少しでも多く座席を作ろう、一枚でも多くチケットを売ろうという意識がなくなってくるんですよ。それと何かトラブルが起きた時も、知恵が出なくなってくる。たとえ数枚チケットの売上が伸びただけでも、その積み重ねで得たお金で、コンサートに関わる皆がご飯を食べているんです。そういう意識が、スタッフ全体との信頼関係につながってくると思います。

山崎:それは根本的に、興行の責任を持つのはプロダクションだという意識があるからですよね。

宮垣:構造的に各地域のイベンターはリスクを負わないし、最近はもともと負う必要もなくなっていますからね。興行の主体は、東京のプロダクションなり制作会社で、委託してくれるのは東京の同業者。そうなると自分で考えようとしなくなるんです。だから優秀な人材は、プロダクションが考えることを100%遂行できる社員ということになる。

山崎:現場のプロモーターにヘタに考える能力があって、意見をいうと、うるさいヤツだと思われるでしょう。これが難しい(笑)。でも、やはり「プロモーターはプロデューサーである」という気持ちを持って欲しいと思います。60歳を過ぎるとこういうこともいえますが、若いスタッフにはなかなか難しいんでしょうね。


関連記事

[AUTUMN.2018 VOL.39] 歴代ACPC会長が語る団体の歴史
コンサートプロモーターの「原点」とライブ・エンタテインメントの「転換点」

[WINTER.2014 VOL.21] 25周年特別企画/歴代会長鼎談・前編 設立の本来の意味、「闘いの日々」の意義

同じカテゴリーの記事

[SPRING.2020 VOL.45] 3つのディスカッションから見えてきた、スポーツとエンタテインメントの接点

[SPRING.2020 VOL.45] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 28 大宮エリー(作家/画家)

[WINTER.2019 VOL.44] イギリスに学ぶ「ライブ・エンタテインメントへのアクセシビリティ向上」

[WINTER.2019 VOL.44] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 27 髙田旭人(株式会社ジャパネットホールディングス代表取締役社長 兼 CEO)

[AUTUMN.2019 VOL.43] 新日本プロレス、業績「V字回復」の秘密

[AUTUMN.2019 VOL.43] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 26 村井満(日本プロサッカーリーグ理事長/Jリーグチェアマン)高木美香(経済産業省コンテンツ産業課長)

[SUMMER.2019 VOL.42] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 25 野村達矢(一般社団法人 日本音楽制作者連盟理事長/株式会社ヒップランドミュージックコーポレーション代表取締役社長)

[SPRING.2019 VOL.41] チケット不正転売禁止法」が成立した日本の現状を世界のライブ関係者が出席した「ILMC31」でプレゼンテーション

[SPRING.2019 VOL.41] ライブ・エンタテインメントの明日を拓く会

[SPRING.2019 VOL.41] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 24 石破茂(自由民主党衆議院議員/ライブ・エンタテインメント議員連盟会長)

もっと見る▶