会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

団体協定の重み

永田:先程も言いましたが、サンデーフォークの井上さんの呼びかけで始まったACPCという団体が、なぜ始まったか、どんな目的で活動しているのかを、もっと若いスタッフに理解してほしいですね。著作権使用料についてのJASRACとの団体協定も、大きな成果のひとつであって、それだけではありませんから。

山崎:JASRACに支払う演奏権使用料については、交渉が始まった当時は全国のプロモーターにとって、自分達の利益を圧迫する死活問題だったと思いますが、ビジネススキームが変わった現在、若いスタッフにとってそれ程のリアリティはないのかも知れませんね。ホールの使用料と同じように、単に経費として処理すべきものという認識に近いのではないでしょうか。値上げされるのであれば、それはそれで仕方ないじゃないか、という程度で考えている面があります。

宮垣:各地のイベンターは、特にそうでしょう。委託で公演を引き受けているのであれば、同業者を含め、東京の会社に精算書を出すだけですから。演奏権使用料はいくらでしたと。経費として計上するものの、あくまで一項目であって、大事なのは少ない金額でも自分の会社にいくら残せるかだから。一律であったり、パーセンテージだったりする委託料、または管理費用、マネージメント料をいただいて。それが日常的な仕事です。

山崎:ある意味では、リスクを背負わない、背負う必要がないという問題がそこに集約されているわけですね。


関連記事

[AUTUMN.2018 VOL.39] 歴代ACPC会長が語る団体の歴史
コンサートプロモーターの「原点」とライブ・エンタテインメントの「転換点」

[WINTER.2014 VOL.21] 25周年特別企画/歴代会長鼎談・前編 設立の本来の意味、「闘いの日々」の意義

同じカテゴリーの記事

[SPRING.2020 VOL.45] 3つのディスカッションから見えてきた、スポーツとエンタテインメントの接点

[SPRING.2020 VOL.45] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 28 大宮エリー(作家/画家)

[WINTER.2019 VOL.44] イギリスに学ぶ「ライブ・エンタテインメントへのアクセシビリティ向上」

[WINTER.2019 VOL.44] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 27 髙田旭人(株式会社ジャパネットホールディングス代表取締役社長 兼 CEO)

[AUTUMN.2019 VOL.43] 新日本プロレス、業績「V字回復」の秘密

[AUTUMN.2019 VOL.43] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 26 村井満(日本プロサッカーリーグ理事長/Jリーグチェアマン)高木美香(経済産業省コンテンツ産業課長)

[SUMMER.2019 VOL.42] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 25 野村達矢(一般社団法人 日本音楽制作者連盟理事長/株式会社ヒップランドミュージックコーポレーション代表取締役社長)

[SPRING.2019 VOL.41] チケット不正転売禁止法」が成立した日本の現状を世界のライブ関係者が出席した「ILMC31」でプレゼンテーション

[SPRING.2019 VOL.41] ライブ・エンタテインメントの明日を拓く会

[SPRING.2019 VOL.41] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 24 石破茂(自由民主党衆議院議員/ライブ・エンタテインメント議員連盟会長)

もっと見る▶