会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

音楽と髭達

新潟県・国営越後丘陵公園 野外特設ステージ

後藤新治

(キョードー北陸)

東日本大震災の影響を含め、開催・運営についての例年との違い

例年通り、順調に開催させていただきました。1つ取り組みとして、これまではステージの左右にそれぞれ設置していたスクリーンを、ステージ中央のひとつに集約しました。これは節電にもつながる試みだったと思います(なお、「音楽と髭達」で必要な電力の供給には、発電機を使用しています)。

会場に集まった観客の様子や動員面での例年との違い

震災の影響がどれほどあったかはわかりませんが、8月上旬には新潟での豪雨もありました。そのような状況でも参加してくださったお客様は、心からイベントに賛同し、楽しんでくださっていると感じました。アーティストの音楽から元気をもらおう、という前向きな目的意識も感じられました。

出演アーティストのモチベーション、MCの内容、セットリストにおける変化

やはり、様々なことがあった年だからこそ、アーティストの想いの強い内容となりました。ライブの本番で、突然アーティスト同士のコラボレーションが行なわれたのはその表われでしょうし、お客様にとっても良いサプライズになったのではないでしょうか。


関連記事

[SUMMER.2013 VOL.19] 「Slow Music Slow Live」「TREASURE05X」10周年を迎えた二つの「個性派フェス」

[WINTER.2012 VOL.13] 年初対談特集 ライブ・エンタテインメント2011-2012

[AUTUMN.2011 VOL.12] ARABAKI ROCK FEST.11 レポート 8月27・28日 宮城県・エコキャンプみちのく

[AUTUMN.2011 VOL.12] フェス白書2011 フェスの存在意義、ライブの力

[AUTUMN.2011 VOL.12] 「ライブ復興」へ着実な歩み

[SUMMER.2011 VOL.11] 「中止」ではなく「延期」・ARABAKI ROCK FEST.11

[AUTUMN.2010 VOL.8] フェス白書2010 これまでの10年、これからの10年

[AUTUMN.2009 VOL.4] フェス白書09 10年目のターニングポイント

[SUMMER.2008 VOL.1] フェス白書08

同じカテゴリーの記事

[SPRING.2020 VOL.45] 3つのディスカッションから見えてきた、スポーツとエンタテインメントの接点

[SPRING.2020 VOL.45] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 28 大宮エリー(作家/画家)

[WINTER.2019 VOL.44] イギリスに学ぶ「ライブ・エンタテインメントへのアクセシビリティ向上」

[WINTER.2019 VOL.44] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 27 髙田旭人(株式会社ジャパネットホールディングス代表取締役社長 兼 CEO)

[AUTUMN.2019 VOL.43] 新日本プロレス、業績「V字回復」の秘密

[AUTUMN.2019 VOL.43] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 26 村井満(日本プロサッカーリーグ理事長/Jリーグチェアマン)高木美香(経済産業省コンテンツ産業課長)

[SUMMER.2019 VOL.42] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 25 野村達矢(一般社団法人 日本音楽制作者連盟理事長/株式会社ヒップランドミュージックコーポレーション代表取締役社長)

[SPRING.2019 VOL.41] チケット不正転売禁止法」が成立した日本の現状を世界のライブ関係者が出席した「ILMC31」でプレゼンテーション

[SPRING.2019 VOL.41] ライブ・エンタテインメントの明日を拓く会

[SPRING.2019 VOL.41] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 24 石破茂(自由民主党衆議院議員/ライブ・エンタテインメント議員連盟会長)

もっと見る▶