会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ACPCからのご報告、音楽業界のビジネス・ニュースをお伝えする情報アリーナ

ACPCの正会員社として、新たにトラスト企画クリエートが加盟しました。同社はこれまで賛助会員社としてACPCにご協力をいただいていた、北海道を拠点とするコンサート・プロモーターです。このたびの正会員加盟に合わせて、改めて同社をご紹介するため、企画営業部・伊東竜也さんにアンケートにお応えいただきました。

御社の沿革を教えてください。

現在代表者の乾優が1984年に創業し、主にコンサートなどのステージイベントの提供を行なっていました。92年に法人化、97年に現在の商号へ変更しました。この頃より主催コンサートの比重が高くなり、現在に至っています。現在ではコンサートの主催を主として、コンサート・ディナーショーの企画提供も行なっております。

手掛けている公演には、どのようなものがありますか

五木ひろし、天童よしみ、吉幾三、島津亜矢など演歌のコンサートを中心としていますが、海外アーティストの他、演劇・ファミリーコンサート等、様々なジャンルを手掛けています。

現在のコンサート市場をどうご覧になっていますか。

演歌系の公演が多いので、やはり客層は50代以上になるのですが、その世代でも演歌を聞かない方が多かったりします。演歌しか聞かないというお客様も、高齢になっていらっしゃいますので、会場まで足を運ぶのが大変との声を聞くことも多く、チケット販売が難しい時代だと感じています。

ACPCに加入した理由、ACPCに求めることを教えてください。

アンケートに応えてくださったトラスト企画クリエートの企画営業部・伊東竜也さん

音楽業界の状況を把握したいということと、著作権使用料の面でもJASRACさんと団体協定を結ばれているとのことで加入いたしました。音楽業界が今後どのような方向に向かって行くか、情報を共有できればと思います。


関連記事

[SUMMER.2015 VOL.26] 新規加盟社紹介

[WINTER.2015 VOL.24] 新規加盟社紹介

[AUTUMN.2014 VOL.23] 新規入会社紹介

[SPRING.2013 VOL.17] 新加盟社のご紹介

[SUMMER.2012 VOL.15] 新加盟社紹介

[WINTER.2010 VOL.9] ニュース・プロモーション正会員社としてACPC新加盟

[SPRING.2010 VOL.6] 新加盟社紹介

同じカテゴリーの記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] チケット高額転売の法規制検討と民法改正の影響

[AUTUMN.2017 VOL.35] 全国会員社で行われている障害者対応の現状②

[SUMMER.2017 VOL.34] 改正民法、消費者に不利な契約は無効の恐れも

[SUMMER.2017 VOL.34] 全国会員社で行われている障害者対応の現状

[SPRING.2017 VOL.33] 新規加盟社紹介

[SPRING.2017 VOL.33] 関岡裕史新任理事(キョードー大阪)、 就任のコメント

[SPRING.2017 VOL.33] コンサートでの迷惑行為に業務妨害の容疑

[SPRING.2017 VOL.33] 会場不足でライブ市場規模が2.7%マイナスに

[SPRING.2017 VOL.33] 全国の会員社で不足するアルバイト

[WINTER.2017 VOL.32] 新規加盟社紹介

もっと見る▶