会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ACPCからのご報告、音楽業界のビジネス・ニュースをお伝えする情報アリーナ

ACPCが1995年2月に策定した『コンサート約款』を、下記の通り改定・改称いたしました。

新名称 : ライブ・エンタテインメント約款 協議社名 : 一般社団法人コンサートプロモーターズ協会 コンピュータチケッティング協議会(株式会社エンタテインメントプラス/コミュニティネットワーク株式会社/ぴあ株式会社/株式会社ローソンHMVエンタテイメント)

通商産業省(当時)および関係団体、消費者代表の皆様にご指導・ご意見を賜りながら策定されました旧コンサート約款は、『コンサートの開催に関わる事項や商習慣の明文化』であり、『消費者およびコンサート事業者の保護を目的とする契約約款』でした。コンサート事業者と消費者の契約関係の在り方を明示したこの約款は、法的な拘束力はありませんが、裁判等で法的な判断が行なわれる際に影響を与え得るものでした。
しかし、時代の変化と共に、流通システムの複雑化や消費者意識の変化、トラブル事例の多様化等、旧約款では対応しきれない状況を迎えています。そこで、消費者に対面する事業者の代表として「コンピュータチケッティング協議会」の全面的なご協力をいただき、約款の改定作業を行ないました。

主な変更・追加点
約款が対象とする公演を「コンサート」をはじめとするライブ・エンタテインメントに拡張
インターネット上でのチケット購入のケースを想定
ネットオークションなどでの入場券転売の規制
電子チケットの購入を想定
公演会場の客席内における携帯電話・ノートパソコンなどの使用について付記

新しい約款はACPCホームページ内「コンサートのきまり」
http://www.acpc.or.jp/activity/concert/)にてご覧いただけます。今後の皆様の事業活動において、新約款をご活用いただけましたら幸いです。
また、約款の周知を図るためにリンクバナーを作成いたしました。貴社ホームページにもご掲載いただけますようお願い申し上げます。バナーのデータはACPC事務局(03-5768-1731)までお申し付けください。
今後も約款は、時代の変化に応じて随時改定いたします。皆様のご意見・ご要望をお待ち申し上げております。


同じカテゴリーの記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] チケット高額転売の法規制検討と民法改正の影響

[AUTUMN.2017 VOL.35] 全国会員社で行われている障害者対応の現状②

[SUMMER.2017 VOL.34] 改正民法、消費者に不利な契約は無効の恐れも

[SUMMER.2017 VOL.34] 全国会員社で行われている障害者対応の現状

[SPRING.2017 VOL.33] 新規加盟社紹介

[SPRING.2017 VOL.33] 関岡裕史新任理事(キョードー大阪)、 就任のコメント

[SPRING.2017 VOL.33] コンサートでの迷惑行為に業務妨害の容疑

[SPRING.2017 VOL.33] 会場不足でライブ市場規模が2.7%マイナスに

[SPRING.2017 VOL.33] 全国の会員社で不足するアルバイト

[WINTER.2017 VOL.32] 新規加盟社紹介

もっと見る▶