会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

音楽ビジネスの多様化とともに広がる講義テーマ

ACPCが公益目的事業の一環として実施している、教育機関での寄附講座。東京工科大学、宮城大学、昭和音楽大学で開講した2015年度の講義内容をご報告します。

東京工科大学メディア学部での「メディア特別講義II ライブ・エンタテインメント論」は9年目を迎え、エンタテインメント産業の拡大の表れともいえそうな、多岐にわたる分野の講師陣に登壇をいただきました。講義はそれぞれのジャンルにおける最新のトピックに留まらず、「ライブ」というテーマを軸として、各分野におけるライブ・エンタテインメントとの接点、活用方法などもご教示いただきました。本年度は新たに映画プロデューサーや、アーティストのKUREI勇輝さんにもご参加をいただいた他、ロサンゼルスと講義会場をSkypeでつなぎ、現地よりリアルタイムで講義を展開するという、従来になかった試みも行いました。

宮城大学の「ライブ・エンタテインメント ビジネス論」は2年目に入りました。事業構想学部を中心に行われている同講義はプロモーターを中心に、ライブに特化した講師ラインナップ。また、ライブ運営の現場を知るために、仙台市内の複数の公演会場を巡るバスツアーを企画したり、アーティストによるラジオの公開収録をワークショップと位置付けるなど、実際に現場の空気に触れる機会をカリキュラムに盛り込んでいます。

昭和音楽大学の「音楽産業概論II」は5年目の開講にして、現在の形式では最終年度。音大ゆえのコース編成に合わせた、クラシックやミュージカル分野の講義も行う一方、Webや放送などのメディア、音楽マーケティングといったカテゴリーでも講師を招聘し、様々な角度から音楽ビジネスを捉えられる講座を目指しました。嘉門達夫さんのギターと歌を交えての講義「パロディーソングと著作権」も大盛況。昭和音大で行われた講義の中には、次号掲載予定のテーマとリンクする内容のものもありましたので、そちらで改めてレポートします。

また、一般社団法人日本音楽出版社協会、公益社団法人日本芸能実演家団体協議会・実演家著作隣接権センターとの共同寄附講座として、立命館大学および大学コンソーシアム京都を対象に「エンタテインメント・ビジネス産業論」も開催。中西健夫ACPC会長がゲスト講師(6月12日)として参加させていただきました。


関連記事

[WINTER.2015 VOL.24] 東京工科大学寄附講座は8年目が終了

[WINTER.2015 VOL.24] ACPC寄附講座、新たに宮城大学でもスタート

[AUTUMN.2014 VOL.23] ACPC寄附講座、新たに宮城大学でもスタート

[SPRING.2013 VOL.17] 東京工科大学メディア学部の学生がコンサート制作の現場実習

[WINTER.2012 VOL.13] 東京工科大学寄附講座、2011年度の全講義が修了

[AUTUMN.2011 VOL.12] 今秋、2大学でACPCによる講座が開講

[SPRING.2011 VOL.10] 東京工科大学ACPC寄附講座

[WINTER.2010 VOL.9] 4年目を迎えた東京工科大学寄附講座9月28日より開講中

[SUMMER.2010 VOL.7] 「大学コンソーシアム京都」寄附講座が開講

[SPRING.2010 VOL.6] 進化した3年目 ACPC寄附講座

[AUTUMN.2009 VOL.4] 寄附講座、開講

[SPRING.2008 VOL.0] 寄附講座「ライブ・エンタテインメント論」

同じカテゴリーの記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.20 湯川れい子 音楽評論家・作詞家

[SUMMER.2017 VOL.34] 音制連・ACPC共同企画/特別鼎談 チケット高額転売問題、立法化へ向けた第一歩

[SUMMER.2017 VOL.34] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.19 平田竹男 内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局長

[SPRING.2017 VOL.33] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.18 栗花落 光(株式会社FM802 代表取締役社長)

[WINTER.2017 VOL.32] チケット高額転売問題の「根本」と「最新」

[WINTER.2017 VOL.32] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.17 川淵三郎(一般社団法人 日本トップリーグ連携機構代表理事 会長)

[AUTUMN.2016 VOL.31] チケット不正売買〜業界が起こしたアクションと今後の選択肢

[AUTUMN.2016 VOL.31] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.16 松田誠(一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会代表理事/株式会社ネルケプランニング代表取締役会長)

[SUMMER.2016 VOL.30] ライブハウス コミッション設立の目的そして、その先に広がる夜間市場

[SUMMER.2016 VOL.30] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.15 斉藤正明(一般社団法人日本レコード協会会長/株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント代表取締役社長)

もっと見る▶