会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

特定興行入場券を理解し、周知することが大事

―そういった状況を理解した上で、特定興行入場券に指定するには、どんなことが必要なのでしょうか。

東條:「チケット販売時に同意のない転売を禁止する旨が明示されていること」については、これまでのほとんどのチケット販売でもクリアしているでしょう。また、座席が指定されているチケットについては、これまで購入者の氏名や連絡先を取得することは珍しくありませんでしたから、これもクリアするのは難しくはないでしょう。難しいのが、座席が指定されていない、例えばフェスのブロックだけが指定されたチケットや、スタンディングのライブハウスで整理番号だけが書かれたチケットです。これらのチケットは、入場資格者を特定し、その氏名や連絡先を取得しないと特定興行入場券にはならないんです。最近は、一部の超人気公演では入場資格者を全て特定するという販売方法も取られていますが、まだまだ割合としては多くないと思います。
このようなお話をすると、ユーザーにとっても事業者にとっても、やや面倒くさいなと思われる部分もあるかもしれません。しかし、この法律は刑罰をともなうものですから、そのチケットが特定興行入場券に当たるかどうか、主催者側がはっきりと分かる形で券面に記し、ユーザーの皆さんにも充分周知することが必要になると思います。そして、何より大事なのは、この法律が施行される目的はあくまでも興行の振興であって、ユーザーの選択の自由を制限するためのものではないということです。事業者にとって、課せられる義務が大きく増えるわけではありませんし、刑罰をもって転売を禁止することを希望しない場合は、特定興行入場券にしなくてもいいわけです。まずはユーザーが安心してチケットを買える環境をつくることが第一だと思います。

法がフェアトレードを後押し

―世界的に見て、今回の法律と類似するものは存在するのでしょうか。

東條:海外の法律を見ますと、オリンピックのチケットに関しては、2012年のロンドンくらいから法律による転売の規制が行われるようになりました。今では、冬季・夏季を問わず、開催国で転売規制の法律ができています。ですから、今回のようなチケットの転売を規制する法律は世界で初めてではありません。しかし、オリンピック以外のチケットに関しても広く規制をかけ、販売価格を超える金額での譲渡を制限する法律は、私が知る限りでは類を見ないと思います。
そういう意味では、適正価格でユーザー同士がチケットを譲渡できるような二次的なプラットフォームの整備も求められるわけで、今回の法律にも事業者は「興行主の同意を得て興行入場券を譲渡することができる機会の提供」に努めるよう明記されています。業界団体が、いわゆるフェアトレードの公式チケット譲渡サイトをつくる例は、イギリスを中心にいくつかありますが、それを法律が後押しすることはきわめて珍しいですね。

啓蒙はまさにこれから

―最後に「チケット高額転売規制法」を事業者側がうまく活かしていくためには何が必要か、改めて伺わせてください。

東條:法案が成立した直後の超党派議連総会で、議員の先生方もおっしゃっていましたけれど、「仏つくって魂入れず」にしてはいけないと思います。法律が施行されたからといって、すぐに一般に周知されて、違法行為が次々に摘発されるわけではありませんので、事業者側が法律の内容を文字面だけではなく肌感覚で理解して、広くユーザーに理解してもらうことが大事です。
映画館で流れる「映画泥棒」キャンペーンの音楽版ではないですけれど、「法律に違反して譲渡されるチケットとはどんなものか」といった、注意を喚起するキャンペーンも必要ですし、業界内部向けのパンフレットや、分かりやすいQ&Aなども用意すべきだと思います。皆さんが法律に対する理解を深め、同時にユーザーにも法律を知ってもらう活動についてはまさにこれからです。今後は、この法律を踏まえた売り方がスタンダードになるのですから、通常のお仕事とは別のトラックで取り組んでいただきたいですね。


関連記事

[SPRING.2020 VOL.45] ACPCが進めている新型コロナウイルス対策

[SPRING.2020 VOL.45] 3つのディスカッションから見えてきた、スポーツとエンタテインメントの接点

[SPRING.2020 VOL.45] 自然災害対策 会員社アンケート結果報告② 見えてきた大きな影響、導き出された今後の行動計画

[WINTER.2019 VOL.44] 自然災害対策 会員社アンケート結果報告 2019年、大きかったライブ・エンタテインメントへの影響

[AUTUMN.2019 VOL.43] 障害者のライブ・コンサート参加に関するアンケート 代表的な「困りごと」と必要な情報

[AUTUMN.2019 VOL.43] 新日本プロレス、業績「V字回復」の秘密

[SUMMER.2019 VOL.42] 事故が起きてしまった際のリスク低減もめざして

[SUMMER.2019 VOL.42] 「チケット適正流通協議会」も始動

[SPRING.2019 VOL.41] チケット不正転売禁止法」が成立した日本の現状を世界のライブ関係者が出席した「ILMC31」でプレゼンテーション

[SPRING.2019 VOL.41] ライブ・エンタテインメントの明日を拓く会

[WINTER.2019 VOL.40] 超党派議連で法案成立の報告会開催
多くの議員が「法律の実効性が重要」と発言

[WINTER.2019 VOL.40] A.C.P.C. 30th ANNIVERSARY PARTY

[WINTER.2019 VOL.40] 座談会/2018年12月8日、「チケット高額転売規制法」成立。

[SUMMER.2018 VOL.38] コンサートプロモーターが日々実感している「使いやすい会場」「使いにくい会場」

[SUMMER.2018 VOL.38] チケット高額転売問題、法案提出へ 超党派の国会議員が参加し総会を開催

[SUMMER.2018 VOL.38] 「大阪北部地震」「平成30年7月豪雨」 相次ぐ災害と現地コンサートプロモーターの対応

[SPRING.2018 VOL.37] お客様への対応、会場運営のクオリティに直結するライブ・エンタテインメントの現場の労働力不足

[SPRING.2018 VOL.37] #高額転売NOを伝えていくために

[WINTER.2018 VOL.36] Sapporo Creative Convention「No Maps」 開催の目的とプロモーターの役割

[SPRING.2017 VOL.33] REPORT チケット高額転売問題 対策が進むイギリスの現状

同じカテゴリーの記事

[SPRING.2020 VOL.45] 3つのディスカッションから見えてきた、スポーツとエンタテインメントの接点

[SPRING.2020 VOL.45] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 28 大宮エリー(作家/画家)

[WINTER.2019 VOL.44] イギリスに学ぶ「ライブ・エンタテインメントへのアクセシビリティ向上」

[WINTER.2019 VOL.44] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 27 髙田旭人(株式会社ジャパネットホールディングス代表取締役社長 兼 CEO)

[AUTUMN.2019 VOL.43] 新日本プロレス、業績「V字回復」の秘密

[AUTUMN.2019 VOL.43] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 26 村井満(日本プロサッカーリーグ理事長/Jリーグチェアマン)高木美香(経済産業省コンテンツ産業課長)

[SUMMER.2019 VOL.42] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 25 野村達矢(一般社団法人 日本音楽制作者連盟理事長/株式会社ヒップランドミュージックコーポレーション代表取締役社長)

[SPRING.2019 VOL.41] チケット不正転売禁止法」が成立した日本の現状を世界のライブ関係者が出席した「ILMC31」でプレゼンテーション

[SPRING.2019 VOL.41] ライブ・エンタテインメントの明日を拓く会

[SPRING.2019 VOL.41] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 24 石破茂(自由民主党衆議院議員/ライブ・エンタテインメント議員連盟会長)

もっと見る▶